一房の葡萄
有島 武郎

『一房の葡萄』は有島武郎の短編作品。6,772文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  6,772 文字
人気   68,455 PV
書き出し 僕は小さい時に絵を描くことが好きでした。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む