🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める有島武郎の短編作品

青空文庫で公開されている有島武郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編5作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜5件 / 全5件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
北海道に就いての印象 有島武郎
10分以内
  2,869 文字
私は前後約十二年北海道で過した。
北海道に就いての印象 有島武郎
私は前後約十二年北海道で過した。
狩太農場の解放
(1923年)
有島武郎
10分以内
  2,832 文字
それは自己の良心の満足を得る已む可らざる行為私が胆振国狩太農場四百数十町歩を小作人の為に解放し...
狩太農場の解放 有島武郎
それは自己の良心の満足を得る已む可らざる行為私が胆振国狩太農場四百数十町歩を小作人の為に解放して数ヶ月になりますが、其儘小作人諸君の前に前記の土地を自由裁量に委ねる事は私が彼の土地を解放した精神である狩太農場民の自治共存を永久ならしめ延いて漸次附近村落を同化して行き得る如き有力なる団体たらしめる上に於て尚多少徹底しない所があるので狩太農場民の規約なるものを作り私の精神を徹底したい考へから森本博士に其規約の作製を依頼してあります。
私の父と母
(1918年)
有島武郎
10分以内
  3,559 文字
私の家は代々薩摩の国に住んでいたので、父は他の血を混えない純粋の薩摩人と言ってよい。
私の父と母 有島武郎
私の家は代々薩摩の国に住んでいたので、父は他の血を混えない純粋の薩摩人と言ってよい。
小作人への告別
(1922年)
有島武郎
10分以内
  3,652 文字
八月十七日私は自分の農場の小作人に集会所に集まってもらい、左の告別の言葉を述べた。
小作人への告別 有島武郎
八月十七日私は自分の農場の小作人に集会所に集まってもらい、左の告別の言葉を述べた。
農場開放顛末 有島武郎
10分以内
  3,881 文字
小樽函館間の鉄道沿線の比羅夫駅の一つ手前に狩太といふのがある。
農場開放顛末 有島武郎
小樽函館間の鉄道沿線の比羅夫駅の一つ手前に狩太といふのがある。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。