10分以内で読める有島武郎の短編作品

青空文庫で公開されている有島武郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編5作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜5件 / 全5件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
北海道に就いての印象 有島 武郎
10分以内
  2,891 文字
私は前後約十二年北海道で過した。
北海道に就いての印象 有島 武郎
10分以内
狩太農場の解放 有島 武郎
10分以内
  2,826 文字
それは自己の良心の満足を得る已む可らざる行為私が胆振国...
狩太農場の解放 有島 武郎
10分以内
私の父と母 有島 武郎
10分以内
  3,552 文字
私の家は代々薩摩の国に住んでいたので、父は他の血を混え...
私の父と母 有島 武郎
10分以内
小作人への告別 有島 武郎
10分以内
  3,676 文字
八月十七日私は自分の農場の小作人に集会所に集まってもら...
小作人への告別 有島 武郎
10分以内
農場開放顛末 有島 武郎
10分以内
  3,901 文字
小樽函館間の鉄道沿線の比羅夫駅の一つ手前に狩太といふの...
農場開放顛末 有島 武郎
10分以内