10分以内で読める有島武郎の短編作品

青空文庫で公開されている有島武郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編作品8篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全8件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
北海道に就いての印象有島武郎
10分以内
  2,750文字
私は前後約十二年北海道で過した。
北海道に就いての印象有島武郎
10分以内
運命と人有島武郎
10分以内
  3,785文字
運命は現象を支配する、丁度物体が影を支配するやうに。
運命と人有島武郎
10分以内
農場開放顛末有島武郎
10分以内
  3,733文字
小樽函館間の鉄道沿線の比羅夫駅の一つ手前に狩太といふのがある…
農場開放顛末有島武郎
10分以内
私の父と母有島武郎
10分以内
  3,552文字
私の家は代々薩摩の国に住んでいたので、父は他の血を混えない純…
私の父と母有島武郎
10分以内
小作人への告別有島武郎
10分以内
  3,676文字
八月十七日私は自分の農場の小作人に集会所に集まってもらい、左…
小作人への告別有島武郎
10分以内
潮霧有島武郎
10分以内
  3,852文字
南洋に醗酵して本州の東海岸を洗ひながら北に走る黒潮が、津輕の…
潮霧有島武郎
10分以内
狩太農場の解放有島武郎
10分以内
  2,771文字
私が胆振国狩太農場四百数十町歩を小作人の為に解放して数ヶ月に…
狩太農場の解放有島武郎
10分以内