耳無芳一の話
小泉 八雲

『耳無芳一の話』は小泉八雲の短編作品。8,409文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  8,409 文字
人気   34,009 PV
書き出し 七百年以上も昔の事、下ノ関海峡の壇ノ浦で、平家すなわち平族と、源氏すなわち源族との間の、永い争いの最後の戦闘が戦われた。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

小泉 八雲 の人気作品



短編(30分以内)の人気作品