5分以内で読める中原中也の短編作品

青空文庫で公開されている中原中也の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編68作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全68件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
中原 中也
5分以内
  315 文字
山の上には雲が流れてゐたあの山の上で、お弁当を食つたこ...
中原 中也
5分以内
桑名の駅 中原 中也
5分以内
  301 文字
桑名の夜は暗かつた蛙がコロコロ鳴いてゐた夜更の駅には駅...
桑名の駅 中原 中也
5分以内
中原 中也
5分以内
  531 文字
蝉が鳴いてゐる、蝉が鳴いてゐる蝉が鳴いてゐるほかになん...
中原 中也
5分以内
死別の翌日 中原 中也
5分以内
  379 文字
生きのこるものはづうづうしく、死にゆくものはその清純さ...
死別の翌日 中原 中也
5分以内
星とピエロ 中原 中也
5分以内
  629 文字
何、あれはな、空に吊した銀紙ぢやよかう、ボール紙を剪つ...
星とピエロ 中原 中也
5分以内
(あなたが生れたその日に) 中原 中也
5分以内
  103 文字
あなたが生れたその日にぼくはまだ生れてゐなかつた途中下...
(あなたが生れたその日に) 中原 中也
5分以内
春の日の怒 中原 中也
5分以内
  126 文字
田の中にテニスコートがありますかい?春風ですよろこびや...
春の日の怒 中原 中也
5分以内
書信 中原 中也
5分以内
  160 文字
依田氏の「春愁」は好きです。
書信 中原 中也
5分以内
一度 中原 中也
5分以内
  177 文字
結果から結果を作る飜訳の悲哀――尊崇はたゞ道中にありま...
一度 中原 中也
5分以内
干物 中原 中也
5分以内
  216 文字
秋の日は、干物の匂ひがするよ外苑の鋪道しろじろ、うちつ...
干物 中原 中也
5分以内
(概念が明白となれば) 中原 中也
5分以内
  228 文字
概念が明白となればそれの所産は観念でした観念の恋愛とは...
(概念が明白となれば) 中原 中也
5分以内
タバコとマントの恋 中原 中也
5分以内
  240 文字
タバコとマントが恋をしたその筈だタバコとマントは同類で...
タバコとマントの恋 中原 中也
5分以内
詩人は辛い 中原 中也
5分以内
  245 文字
私はもう歌なぞ歌はない誰が歌なぞ歌ふものかみんな歌なぞ...
詩人は辛い 中原 中也
5分以内
幼き恋の回顧 中原 中也
5分以内
  260 文字
幼き恋は寸燐の軸木燃えてしまへばあるまいものを寐覚めの...
幼き恋の回顧 中原 中也
5分以内
(女) 中原 中也
5分以内
  267 文字
女吸取紙を早くかせ恵まれぬものが何処にある?マッチの軸...
(女) 中原 中也
5分以内
コキューの憶ひ出 中原 中也
5分以内
  270 文字
その夜私は、コンテで以て自我像を画いた風の吹いてるお会...
コキューの憶ひ出 中原 中也
5分以内
坊や 中原 中也
5分以内
  273 文字
山に清水が流れるやうにその陽の照つた山の上の硬い粘土の...
坊や 中原 中也
5分以内
萩原朔太郎評論集 無からの抗争 中原 中也
5分以内
  312 文字
萩原氏の本はよく売れるさうである。
萩原朔太郎評論集 無からの抗争 中原 中也
5分以内
夏と私 中原 中也
5分以内
  328 文字
真ツ白い嘆かひのうちに、海を見たり。
夏と私 中原 中也
5分以内
夏は青い空に…… 中原 中也
5分以内
  330 文字
夏は青い空に、白い雲を浮ばせ、わが嘆きをうたふ。
夏は青い空に…… 中原 中也
5分以内
疲れやつれた美しい顔 中原 中也
5分以内
  340 文字
疲れやつれた美しい顔よ、私はおまへを愛す。
疲れやつれた美しい顔 中原 中也
5分以内
(辛いこつた辛いこつた!) 中原 中也
5分以内
  343 文字
辛いこつた辛いこつた!なまなか伝説的存在にされてあゝ、...
(辛いこつた辛いこつた!) 中原 中也
5分以内
感想 中原 中也
5分以内
  343 文字
地方の詩のグループも多いことだが、どういふものか、ずつ...
感想 中原 中也
5分以内
酒場にて 中原 中也
5分以内
  365 文字
今晩あゝして元気に語り合つてゐる人々も、実は、元気では...
酒場にて 中原 中也
5分以内
早春散歩 中原 中也
5分以内
  383 文字
空は晴れてても、建物には蔭があるよ、春、早春は心なびか...
早春散歩 中原 中也
5分以内
寒い夜の自我像 中原 中也
5分以内
  468 文字
2恋人よ、その哀しげな歌をやめてよ、おまへの魂がいらい...
寒い夜の自我像 中原 中也
5分以内
宮沢賢治の詩 中原 中也
5分以内
  480 文字
彼は幸福に書き付けました、とにかく印象の生滅するまゝに...
宮沢賢治の詩 中原 中也
5分以内
宮沢賢治全集刊行に際して 中原 中也
5分以内
  500 文字
宮沢賢治全集の、第一回配本が出ました。
宮沢賢治全集刊行に際して 中原 中也
5分以内
詩論 中原 中也
5分以内
  501 文字
L'art, mes enfents, d'※tre ...
詩論 中原 中也
5分以内
(七銭でバットを買つて) 中原 中也
5分以内
  541 文字
七銭でバットを買つて、一銭でマッチを買つて、――ウレシ...
(七銭でバットを買つて) 中原 中也
5分以内
夏の夜の博覧会は、かなしからずや 中原 中也
5分以内
  544 文字
夏の夜の博覧会は、哀しからずや雨ちよと降りて、やがても...
夏の夜の博覧会は、かなしからずや 中原 中也
5分以内
Me Voilà 中原 中也
5分以内
  581 文字
人がいかにもてなしてくれようとも、それがたゞ暖い色をし...
Me Voilà 中原 中也
5分以内
暗い天候 中原 中也
5分以内
  596 文字
二こんなにフケが落ちる、秋の夜に、雨の音はトタン屋根の...
暗い天候 中原 中也
5分以内
草野心平詩集『母岩』 中原 中也
5分以内
  634 文字
草野心平君の第三詩集『母岩』が出た。
草野心平詩集『母岩』 中原 中也
5分以内
菊岡久利著「貧時交」 中原 中也
5分以内
  642 文字
私自身とは、詩に於けるたてまへも大分相違してゐるにも拘...
菊岡久利著「貧時交」 中原 中也
5分以内
逝ける辻野君 中原 中也
5分以内
  672 文字
辻野君とは会で五六回、会の流れで二回会つたばかりである...
逝ける辻野君 中原 中也
5分以内
深夜の峠にて 中原 中也
5分以内
  727 文字
峠の頂上を過ぎると私は十歩も歩まぬうちに、いきなり蹲み...
深夜の峠にて 中原 中也
5分以内
家族 中原 中也
5分以内
  735 文字
朝な朝な、東の空の紫色の雲の中に、一つの家族がありました。
家族 中原 中也
5分以内
夏と悲運 中原 中也
5分以内
  859 文字
とど、俺としたことが、笑ひ出さずにやゐられない。
夏と悲運 中原 中也
5分以内
不可入性 中原 中也
5分以内
  886 文字
自分の感情に自分で作用される奴はなんとまあ伽藍なんだ欲...
不可入性 中原 中也
5分以内
山羊の言 中原 中也
5分以内
  896 文字
芸術に関するあらゆる議論は無用である。
山羊の言 中原 中也
5分以内
文学に関係のない文学者 中原 中也
5分以内
  912 文字
陽気な文学をといふ声がするが、では陽気とはいつたいどん...
文学に関係のない文学者 中原 中也
5分以内
詩集 浚渫船 中原 中也
5分以内
  918 文字
友人高森文夫の詩集、浚渫船が出た。
詩集 浚渫船 中原 中也
5分以内
河上に呈する詩論 中原 中也
5分以内
  922 文字
子供の時に、深く感じてゐたもの、――それを現はさうとし...
河上に呈する詩論 中原 中也
5分以内
夜汽車の食堂 中原 中也
5分以内
  948 文字
雪の野原の中に、一条のレールがあつて、そのレールのずつ...
夜汽車の食堂 中原 中也
5分以内
非文学的文士 中原 中也
5分以内
  968 文字
我が国に文学がないとは云はないが、我が大衆に未だ文学が...
非文学的文士 中原 中也
5分以内
宮沢賢治の世界 中原 中也
5分以内
  999 文字
人性の中には、かの概念が、殆んど全く容喙出来ない世界が...
宮沢賢治の世界 中原 中也
5分以内
小林秀雄小論 中原 中也
5分以内
  1,018 文字
機敏な晩熟児といふべき此の男が、現に存するのだから僕は...
小林秀雄小論 中原 中也
5分以内
地上組織 中原 中也
5分以内
  1,061 文字
私は全ての有機体の上に、無数に溢れる無機的現象を見る。
地上組織 中原 中也
5分以内
詩壇への抱負 中原 中也
5分以内
  1,238 文字
今までの詩(新体詩)は熱つぽいと思ふ。
詩壇への抱負 中原 中也
5分以内