一度
中原 中也

『一度』は中原中也の短編作品。177文字で、おおよそ5分以内で読むことができます。

文字数
5分以内
  177 文字
人気   -- PV
書き出し 結果から結果を作る飜訳の悲哀――尊崇はたゞ道中にありました再び巡る道は「過去」と「現在」との沈黙の対坐です一度別れた恋人とまたあたらしく恋を始めたが思ひ出と未来での思ひ出がヲリと享楽との乱舞となりました一度といふことの嬉しさよ。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

中原 中也 の人気作品



短編(5分以内)の人気作品