🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

甲賀三郎の全作品

青空文庫で公開されている甲賀三郎の全作品19篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜19件 / 全19件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
急行十三時間
(1926年)
甲賀三郎
60分以内
  13,369 文字
箱根山にかかると、車内も大分落着いて来た。
急行十三時間 甲賀三郎
箱根山にかかると、車内も大分落着いて来た。
徹底的な浜尾君 甲賀三郎
5分以内
  1,684 文字
浜尾四郎君は鋭い頭の持主であった。
徹底的な浜尾君 甲賀三郎
浜尾四郎君は鋭い頭の持主であった。
「黒死館殺人事件」序
(1935年)
甲賀三郎
5分以内
  977 文字
探偵小説界の怪物江戸川乱歩が出現して満十年、同じく怪物小栗虫太郎が出現した。
「黒死館殺人事件」序 甲賀三郎
探偵小説界の怪物江戸川乱歩が出現して満十年、同じく怪物小栗虫太郎が出現した。
ドイルを宗とす 甲賀三郎
5分以内
  864 文字
私が探偵小説を書いて見ようという気を起したのは疑いもなくコナン・ドイルのシャーロック・ホームズ...
ドイルを宗とす 甲賀三郎
私が探偵小説を書いて見ようという気を起したのは疑いもなくコナン・ドイルのシャーロック・ホームズ物語の示唆である。
キビキビした青年紳士
(1927年)
甲賀三郎
5分以内
  1,482 文字
帝大土木科出身の少壮技術者の創設にかかるものでN・K・倶楽部というのがある。
キビキビした青年紳士 甲賀三郎
帝大土木科出身の少壮技術者の創設にかかるものでN・K・倶楽部というのがある。
殺人迷路
(1933年)
甲賀三郎
30分以内
  7,581 文字
親友?仇敵?疑問の洋装の女が、三映キネマの如月真弓!寺尾に示されたスチールで、それを発見した津...
殺人迷路 甲賀三郎
親友?仇敵?疑問の洋装の女が、三映キネマの如月真弓!寺尾に示されたスチールで、それを発見した津村は唸った。
真珠塔の秘密
(1923年)
甲賀三郎
30分以内
  8,284 文字
長い陰気な梅雨が漸く明けた頃、そこにはもう酷しい暑さが待ち設けて居て、流石都大路も暫くは人通り...
真珠塔の秘密 甲賀三郎
長い陰気な梅雨が漸く明けた頃、そこにはもう酷しい暑さが待ち設けて居て、流石都大路も暫くは人通りの杜絶える真昼の静けさから、豆腐屋のラッパを合図に次第に都の騒がしさに帰る夕暮時、夕立の様な喧(やかま)しい蝉の声を浴びながら上野の森を越えて、私は久し振りに桜木町の住居に友人の橋本敏を訪ねた。
贋紙幣事件
(1930年)
甲賀三郎
30分以内
  9,386 文字
稀(たま)に田舎に来ると実に好いなあと思う。
贋紙幣事件 甲賀三郎
稀(たま)に田舎に来ると実に好いなあと思う。
計略二重戦 甲賀三郎
30分以内
  10,935 文字
隠れた助力者道雄少年のお父さんは仁科猛雄と云って、陸軍少佐です。
計略二重戦 甲賀三郎
隠れた助力者道雄少年のお父さんは仁科猛雄と云って、陸軍少佐です。
罠に掛った人
(1931年)
甲賀三郎
30分以内
  11,592 文字
もう十時は疾くに過ぎたのに、妻の伸子は未だ帰って来なかった。
罠に掛った人 甲賀三郎
もう十時は疾くに過ぎたのに、妻の伸子は未だ帰って来なかった。
蜘蛛
(1930年)
甲賀三郎
60分以内
  12,161 文字
辻川博士の奇怪な研究室は葉の落ちた欅(けやき)の大木にかこまれて、それらの木と高さを争うように...
蜘蛛 甲賀三郎
辻川博士の奇怪な研究室は葉の落ちた欅(けやき)の大木にかこまれて、それらの木と高さを争うように、亭々として地上三十尺あまりにそびえている支柱の上に乗っていた。
愛の為めに
(1926年)
甲賀三郎
60分以内
  13,084 文字
夫の手記私はさっきから自動車を待つ人混みの中で、一人の婦人に眼を惹かれていた。
愛の為めに 甲賀三郎
夫の手記私はさっきから自動車を待つ人混みの中で、一人の婦人に眼を惹かれていた。
五階の窓
(1926年)
甲賀三郎
60分以内
  13,819 文字
15西村電機商会主西村陽吉が変死を遂げてから二日目の朝、暁方からどんよりと曇っていた空は十時ご...
五階の窓 甲賀三郎
15西村電機商会主西村陽吉が変死を遂げてから二日目の朝、暁方からどんよりと曇っていた空は十時ごろになると粉雪をちらちら降らしはじめた。
青服の男
(1939年)
甲賀三郎
60分以内
  15,345 文字
奇怪な死人別荘――といっても、二昔も以前に建てられて、近頃では余り人が住んだらしくない、古めか...
青服の男 甲賀三郎
奇怪な死人別荘――といっても、二昔も以前に建てられて、近頃では余り人が住んだらしくない、古めかしい家の中から、一人の百姓女が毬(まり)のように飛出して来た。
琥珀のパイプ
(1924年)
甲賀三郎
60分以内
  19,703 文字
私は今でもあの夜の光景を思い出すとゾットする。
琥珀のパイプ 甲賀三郎
私は今でもあの夜の光景を思い出すとゾットする。
ニッケルの文鎮 甲賀三郎
60分以内
  20,142 文字
ええ、お話しするわ、あたしどうせお喋りだわ。
ニッケルの文鎮 甲賀三郎
ええ、お話しするわ、あたしどうせお喋りだわ。
血液型殺人事件
(1934年)
甲賀三郎
1時間〜
  38,689 文字
忍苦一年毛沼博士の変死事件は、今でも時々夢に見て、魘(うな)されるほど薄気味の悪い出来事だった。
血液型殺人事件 甲賀三郎
忍苦一年毛沼博士の変死事件は、今でも時々夢に見て、魘(うな)されるほど薄気味の悪い出来事だった。
黄鳥の嘆き 甲賀三郎
1時間〜
  45,076 文字
秘密の上にも秘密にやった事だったが、新聞記者にかゝっちゃ敵わない、すぐ嗅ぎつけられて終った。
黄鳥の嘆き 甲賀三郎
秘密の上にも秘密にやった事だったが、新聞記者にかゝっちゃ敵わない、すぐ嗅ぎつけられて終った。
支倉事件
(1927年)
甲賀三郎
1時間〜
  229,669 文字
呪の手紙硝子戸越しにホカ/\する日光を受けた縁側へ、夥(おびたゞ)しい書類をぶち撒(ま)けたよ...
支倉事件 甲賀三郎
呪の手紙硝子戸越しにホカ/\する日光を受けた縁側へ、夥(おびたゞ)しい書類をぶち撒(ま)けたように敷散らして其中で、庄司利喜太郎氏は舌打をしながらセカ/\と何か探していた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。