【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

1時間〜で読める甲賀三郎の長編作品

青空文庫で公開されている甲賀三郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編3作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜3件 / 全3件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
血液型殺人事件
(1934年)
甲賀三郎
1時間〜
  38,689 文字
忍苦一年毛沼博士の変死事件は、今でも時々夢に見て、魘(うな)されるほど薄気味の悪い出来事だった。
血液型殺人事件 甲賀三郎
1時間〜
忍苦一年毛沼博士の変死事件は、今でも時々夢に見て、魘(うな)されるほど薄気味の悪い出来事だった。
黄鳥の嘆き 甲賀三郎
1時間〜
  45,076 文字
秘密の上にも秘密にやった事だったが、新聞記者にかゝっちゃ敵わない、すぐ嗅ぎつけられて終った。
黄鳥の嘆き 甲賀三郎
1時間〜
秘密の上にも秘密にやった事だったが、新聞記者にかゝっちゃ敵わない、すぐ嗅ぎつけられて終った。
支倉事件
(1927年)
甲賀三郎
1時間〜
  229,669 文字
呪の手紙硝子戸越しにホカ/\する日光を受けた縁側へ、夥(おびたゞ)しい書類をぶち撒(ま)けたよ...
支倉事件 甲賀三郎
1時間〜
呪の手紙硝子戸越しにホカ/\する日光を受けた縁側へ、夥(おびたゞ)しい書類をぶち撒(ま)けたように敷散らして其中で、庄司利喜太郎氏は舌打をしながらセカ/\と何か探していた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。