🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める甲賀三郎の短編作品

青空文庫で公開されている甲賀三郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編5作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜5件 / 全5件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
殺人迷路
(1933年)
甲賀三郎
30分以内
  7,581 文字
親友?仇敵?疑問の洋装の女が、三映キネマの如月真弓!寺尾に示されたスチールで、それを発見した津...
殺人迷路 甲賀三郎
親友?仇敵?疑問の洋装の女が、三映キネマの如月真弓!寺尾に示されたスチールで、それを発見した津村は唸った。
真珠塔の秘密
(1923年)
甲賀三郎
30分以内
  8,284 文字
長い陰気な梅雨が漸く明けた頃、そこにはもう酷しい暑さが待ち設けて居て、流石都大路も暫くは人通り...
真珠塔の秘密 甲賀三郎
長い陰気な梅雨が漸く明けた頃、そこにはもう酷しい暑さが待ち設けて居て、流石都大路も暫くは人通りの杜絶える真昼の静けさから、豆腐屋のラッパを合図に次第に都の騒がしさに帰る夕暮時、夕立の様な喧(やかま)しい蝉の声を浴びながら上野の森を越えて、私は久し振りに桜木町の住居に友人の橋本敏を訪ねた。
贋紙幣事件
(1930年)
甲賀三郎
30分以内
  9,386 文字
稀(たま)に田舎に来ると実に好いなあと思う。
贋紙幣事件 甲賀三郎
稀(たま)に田舎に来ると実に好いなあと思う。
計略二重戦 甲賀三郎
30分以内
  10,935 文字
隠れた助力者道雄少年のお父さんは仁科猛雄と云って、陸軍少佐です。
計略二重戦 甲賀三郎
隠れた助力者道雄少年のお父さんは仁科猛雄と云って、陸軍少佐です。
罠に掛った人
(1931年)
甲賀三郎
30分以内
  11,592 文字
もう十時は疾くに過ぎたのに、妻の伸子は未だ帰って来なかった。
罠に掛った人 甲賀三郎
もう十時は疾くに過ぎたのに、妻の伸子は未だ帰って来なかった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。