🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める小酒井不木の短編作品

青空文庫で公開されている小酒井不木の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編32作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜32件 / 全32件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
ある自殺者の手記
(1927年)
小酒井不木
30分以内
  6,134 文字
加藤君、僕はいよいよ自殺することにした。
ある自殺者の手記 小酒井不木
加藤君、僕はいよいよ自殺することにした。
ジェンナー伝
(1928年)
小酒井不木
30分以内
  10,880 文字
いまからおよそ百五十年前のことです。
ジェンナー伝 小酒井不木
いまからおよそ百五十年前のことです。
犬神
(1925年)
小酒井不木
30分以内
  8,036 文字
私に若しポオの文才があったならば、これから述べる話も、彼の「黒猫」の十分の一ぐらいの興味を読者...
犬神 小酒井不木
私に若しポオの文才があったならば、これから述べる話も、彼の「黒猫」の十分の一ぐらいの興味を読者に与えることが出来るかもしれない。
印象
(1926年)
小酒井不木
30分以内
  8,616 文字
毎月一回、同好のものによって開かれる犯罪学集談会の席上で、今宵は「女子の復讐心」が話題となりました。
印象 小酒井不木
毎月一回、同好のものによって開かれる犯罪学集談会の席上で、今宵は「女子の復讐心」が話題となりました。
暴風雨の夜
(1926年)
小酒井不木
30分以内
  10,206 文字
秋も酣(たけなわ)なる十一月下旬のある夜、××楼の二階で、「怪談会」の例会が開かれた。
暴風雨の夜 小酒井不木
秋も酣(たけなわ)なる十一月下旬のある夜、××楼の二階で、「怪談会」の例会が開かれた。
狂女と犬
(1926年)
小酒井不木
30分以内
  11,329 文字
京都の高等学校に居た頃、――それはたしか明治四十一年だったと思うが――私は、冬休みに、京都から...
狂女と犬 小酒井不木
京都の高等学校に居た頃、――それはたしか明治四十一年だったと思うが――私は、冬休みに、京都から郷里の名古屋まで、名所見物を兼ねて、徒歩で帰ろうと思い立った。
血の盃
(1926年)
小酒井不木
30分以内
  7,333 文字
因果応報は仏教の根本をなす思想であって、私たち日本人も、伝統的にこの因果応報の観念に支配され、...
血の盃 小酒井不木
因果応報は仏教の根本をなす思想であって、私たち日本人も、伝統的にこの因果応報の観念に支配され、悪いことをすれば、必ずそれに対するむくいが来はしないかと、内心ひそかに恐れ慄くのが常である。
卑怯な毒殺
(1927年)
小酒井不木
30分以内
  5,415 文字
病室の一隅には、白いベッドの掛蒲団の中から、柳の根のように乱れた毛の、蒼い男の顔が、のぞいていた。
卑怯な毒殺 小酒井不木
病室の一隅には、白いベッドの掛蒲団の中から、柳の根のように乱れた毛の、蒼い男の顔が、のぞいていた。
猫と村正
(1926年)
小酒井不木
30分以内
  11,004 文字
「母危篤すぐ帰れ」という電報を受取った私は、身仕度もそこそこに、郷里名古屋に帰るべく、東京駅に...
猫と村正 小酒井不木
「母危篤すぐ帰れ」という電報を受取った私は、身仕度もそこそこに、郷里名古屋に帰るべく、東京駅にかけつけて、午後八時四十分発姫路行第二十九号列車に乗りこんだ。
鼻に基く殺人
(1929年)
小酒井不木
30分以内
  6,448 文字
「もうじき、弘(ひろむ)ちゃんが帰ってくるから、そうしたら、病院へつれて行って貰いなさい」由紀...
鼻に基く殺人 小酒井不木
「もうじき、弘(ひろむ)ちゃんが帰ってくるから、そうしたら、病院へつれて行って貰いなさい」由紀子は庭のベンチに腰かけて、愛犬ビリーの眼や鼻をガーゼで拭ってやりながら、人の子に物言うように話すのであった。
新案探偵法
(1926年)
小酒井不木
30分以内
  11,748 文字
鯉坂嗣三君は生理学者であります。
新案探偵法 小酒井不木
鯉坂嗣三君は生理学者であります。
現場の写真
(1927年)
小酒井不木
30分以内
  8,737 文字
その年の春はいつまでも寒さが続いたので、塚原俊夫君は、私に向かって、また大地震でも起こらねばよ...
現場の写真 小酒井不木
その年の春はいつまでも寒さが続いたので、塚原俊夫君は、私に向かって、また大地震でも起こらねばよいがなどと、時々私を気味悪がらせておりました。
科学的研究と探偵小説
(1922年)
小酒井不木
30分以内
  6,735 文字
私は幼い時分から探偵小説が好きで、今でも相変わらず読みふけっている。
科学的研究と探偵小説 小酒井不木
私は幼い時分から探偵小説が好きで、今でも相変わらず読みふけっている。
自殺か他殺か
(1927年)
小酒井不木
30分以内
  8,224 文字
「兄さん、こう暑くては、まったく頭がぼんやりするねえ」少年科学探偵塚原俊夫君は、ある日の午後、...
自殺か他殺か 小酒井不木
「兄さん、こう暑くては、まったく頭がぼんやりするねえ」少年科学探偵塚原俊夫君は、ある日の午後、実験室で、顕微鏡を見ていた顔をあげて私に言いました。
按摩
(1925年)
小酒井不木
30分以内
  4,118 文字
コホン、コホンと老按摩は彼の肩を揉(も)みながら、彼の吸う煙草の煙にむせんで顔をしかめた。
按摩 小酒井不木
コホン、コホンと老按摩は彼の肩を揉(も)みながら、彼の吸う煙草の煙にむせんで顔をしかめた。
錬金詐欺
(1926年)
小酒井不木
30分以内
  4,643 文字
詐欺は昔から錬金術の附き物になって居る。
錬金詐欺 小酒井不木
詐欺は昔から錬金術の附き物になって居る。
「心理試験」序
(1925年)
小酒井不木
30分以内
  4,890 文字
江戸川乱歩兄から、こんど創作第一集を出すについて序文を寄せよとの事。
「心理試験」序 小酒井不木
江戸川乱歩兄から、こんど創作第一集を出すについて序文を寄せよとの事。
二重人格者
(1927年)
小酒井不木
30分以内
  5,134 文字
河村八九郎は今年二十歳の二重人格者である。
二重人格者 小酒井不木
河村八九郎は今年二十歳の二重人格者である。
手術 小酒井不木
30分以内
  5,189 文字
×月×日、私の宅で、「探偵趣味の会」の例会を開きました。
手術 小酒井不木
×月×日、私の宅で、「探偵趣味の会」の例会を開きました。
死体蝋燭 小酒井不木
30分以内
  5,405 文字
宵から勢いを増した風は、海獣の飢えに吠ゆるような音をたてて、庫裡、本堂の棟をかすめ、大地を崩さ...
死体蝋燭 小酒井不木
宵から勢いを増した風は、海獣の飢えに吠ゆるような音をたてて、庫裡、本堂の棟をかすめ、大地を崩さんばかりの雨は、時々砂礫を投げつけるように戸を叩いた。
怪談綺談
(1928年)
小酒井不木
30分以内
  5,826 文字
はしがき伽婢子の昔から日本も随分怪談に恵まれているが、その話は多くは似たり寄ったりで、事実談と...
怪談綺談 小酒井不木
はしがき伽婢子の昔から日本も随分怪談に恵まれているが、その話は多くは似たり寄ったりで、事実談として紹介されているものも大抵千遍一律である。
名古屋スケッチ 小酒井不木
30分以内
  6,038 文字
はしがき『名古屋、おきやあせ、すかたらん』誰が言ひだしたか、金の鯱鉾(しやちほこ)に、先祖代々...
名古屋スケッチ 小酒井不木
はしがき『名古屋、おきやあせ、すかたらん』誰が言ひだしたか、金の鯱鉾(しやちほこ)に、先祖代々うらみを持つた人でもあるまいに、まんざら捨てたものでもない名古屋の方言から、『おきやあせ、すかたらん』を選んで、その代表的のものとするなど、まことにすかたらん御仁と申すべきである。
被尾行者
(1929年)
小酒井不木
30分以内
  6,633 文字
市内電車の隅の方に、熱心に夕刊を読んでいる鳥打帽の男の横顔に目をそそいだ瞬間、梅本清三の心臓は...
被尾行者 小酒井不木
市内電車の隅の方に、熱心に夕刊を読んでいる鳥打帽の男の横顔に目をそそいだ瞬間、梅本清三の心臓は妙な搏(う)ち方をした。
痴人の復讐
(1925年)
小酒井不木
30分以内
  6,921 文字
異常な怪奇と戦慄とを求めるために組織された「殺人倶楽部」の例会で、今夕は主として、「殺人方法」...
痴人の復讐 小酒井不木
異常な怪奇と戦慄とを求めるために組織された「殺人倶楽部」の例会で、今夕は主として、「殺人方法」が話題となった。
安死術
(1926年)
小酒井不木
30分以内
  7,231 文字
御話の本筋にはいる前に、安死術とは何を意味するかということを一寸申し上げて置こうと思います。
安死術 小酒井不木
御話の本筋にはいる前に、安死術とは何を意味するかということを一寸申し上げて置こうと思います。
秘密の相似
(1926年)
小酒井不木
30分以内
  7,309 文字
おなつかしきT様。
秘密の相似 小酒井不木
おなつかしきT様。
誤った鑑定 小酒井不木
30分以内
  7,810 文字
晩秋のある夜、例の如く私が法医学者ブライアン氏を、ブロンクスの氏の邸宅に訪ねると、氏は新刊のあ...
誤った鑑定 小酒井不木
晩秋のある夜、例の如く私が法医学者ブライアン氏を、ブロンクスの氏の邸宅に訪ねると、氏は新刊のある探偵小説雑誌を読んでいた。
玉振時計の秘密
(1927年)
小酒井不木
30分以内
  8,590 文字
これまで塚原俊夫君の取り扱った事件の中には、ずいぶん複雑なものもありましたし、また、きわめて簡...
玉振時計の秘密 小酒井不木
これまで塚原俊夫君の取り扱った事件の中には、ずいぶん複雑なものもありましたし、また、きわめて簡単なものもありました。
恐ろしき贈物 小酒井不木
30分以内
  9,252 文字
ニューヨーク市、西第七十街のあるアパートメントに、グレース・ウォーカーという四十前後の女が住ん...
恐ろしき贈物 小酒井不木
ニューヨーク市、西第七十街のあるアパートメントに、グレース・ウォーカーという四十前後の女が住んでいた。
外務大臣の死
(1926年)
小酒井不木
30分以内
  10,346 文字
「犯人は芸術家で、探偵は批評家であるという言葉は、皮肉といえば随分皮肉ですけれど、ある場合に、...
外務大臣の死 小酒井不木
「犯人は芸術家で、探偵は批評家であるという言葉は、皮肉といえば随分皮肉ですけれど、ある場合に、探偵たるものは、芸術批評家であるということを決して忘れてはならぬと思います」と、松島龍造氏は言った。
毒と迷信 小酒井不木
30分以内
  11,652 文字
原始人類と毒ダーウインの進化論を、明快なる筆により、通俗的に説明せしことを以て名高い英国の医学...
毒と迷信 小酒井不木
原始人類と毒ダーウインの進化論を、明快なる筆により、通俗的に説明せしことを以て名高い英国の医学者ハツクスレーが、「医術は凡ての科学の乳母だ」といつたのは蓋し至言といはねばなるまい。
頭蓋骨の秘密
(1925年)
小酒井不木
30分以内
  11,810 文字
山中の骸骨実験室の前の庭にある桐の若葉が、ようやく出そろった五月なかばのある朝。
頭蓋骨の秘密 小酒井不木
山中の骸骨実験室の前の庭にある桐の若葉が、ようやく出そろった五月なかばのある朝。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。