【お知らせ】「ゾラサーチ」は、2020年4月1日より「ブンゴウサーチ」に名称変更いたしました!

60分以内で読める小島烏水の中編作品

青空文庫で公開されている小島烏水の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編2作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜2件 / 全2件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
高山の雪 小島烏水
60分以内
  13,268 文字
日本は海国で、島国であるには違いないが、国内には山岳が重畳して、その内部へ入ると、今でも海を見...
高山の雪 小島烏水
60分以内
日本は海国で、島国であるには違いないが、国内には山岳が重畳して、その内部へ入ると、今でも海を見たことのないという人によく出会うのは、私が山岳地の旅行で親しく知ったことである。
天竜川 小島烏水
60分以内
  14,646 文字
山又山の上を、何日も偃松の中に寝て、カアキイ色の登山服には、松葉汁をなすり込んだ青い斑染が、消...
天竜川 小島烏水
60分以内
山又山の上を、何日も偃松の中に寝て、カアキイ色の登山服には、松葉汁をなすり込んだ青い斑染が、消えずに残つてゐる、山を下りてから、飯田の町まで寂しい宿駅を、車の上で揺られて来たが、どこを見ても山が重なり合ひ、顔を出し、肩を寄せて、通せん坊をしてゐる、これから南の国まで歩くとすれば、高い峠、低い峠が、鋭角線を何本も併行させたり、乱れ打つたりして、疲れた足の邪魔をする。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。