🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

蔵書家の話
内藤湖南

『蔵書家の話』は青空文庫で公開されている内藤湖南の短編作品。3,088文字で、おおよそ10分以内で読むことができます。

文字数
10分以内
  3,088 文字
人気   -- PV
書き出し 清朝はその初頃から有名な藏書家が多く、錢謙益及その族孫錢曾、又は季振宜などは、順治より康煕の初年に有名であるが、併し藏書家の最盛期は乾隆の中頃以後にあるので、乾隆の末から嘉慶を經て、道光の初頃まで居つた蘇州の黄丕烈は最も有名で、殆ど清朝を通じて第一の藏書家と言つてよいのである。
初出 1927年   (「書物の趣味 第一册」1927(昭和2)年11月)
表記 旧字旧仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む     Amazonで探す  

内藤 湖南 の人気作品



短編(10分以内)の人気作品