ルバイヤート
ハイヤーム オマル

『ルバイヤート』はハイヤームオマルの中編作品。20,307文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  20,307 文字
人気   21,582 PV
書き出し まえがきここに訳出した『ルバイヤート』(四行詩)は、十九世紀のイギリス詩人フィツジェラルド Edward FitzGerald の名訳によって、欧米はもちろん、広く全世界にその名を知られるにいたった十一−十二世紀のペルシアの科学者、哲学者また詩人、オマル・ハイヤーム Omar Khayy※(にわとり)m('Umar Khaiy※(にわとり)m[#「Kh」に下線])の作品である。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む