🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める浜尾四郎の中編作品

青空文庫で公開されている浜尾四郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編6作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜6件 / 全6件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
殺された天一坊
(1929年)
浜尾四郎
60分以内
  14,635 文字
あれ程迄世間を騒がせた天一坊も、とうとうお処刑となって、獄門に梟(か)けられてしまいました。
殺された天一坊 浜尾四郎
あれ程迄世間を騒がせた天一坊も、とうとうお処刑となって、獄門に梟(か)けられてしまいました。
正義
(1930年)
浜尾四郎
60分以内
  22,867 文字
「ほう、すると君は今日あの公判廷に来て居たのか。
正義 浜尾四郎
「ほう、すると君は今日あの公判廷に来て居たのか。
夢の殺人
(1929年)
浜尾四郎
60分以内
  14,080 文字
「どうしたって此の儘ではおけない。
夢の殺人 浜尾四郎
「どうしたって此の儘ではおけない。
彼は誰を殺したか
(1930年)
浜尾四郎
60分以内
  14,387 文字
男でもほれぼれする吉田豊のやすらかな寝顔を眺めながら中条直一は思った。
彼は誰を殺したか 浜尾四郎
男でもほれぼれする吉田豊のやすらかな寝顔を眺めながら中条直一は思った。
途上の犯人
(1930年)
浜尾四郎
60分以内
  20,093 文字
東京駅で乗車した時から、私はその男の様子が気になり出した。
途上の犯人 浜尾四郎
東京駅で乗車した時から、私はその男の様子が気になり出した。
黄昏の告白
(1929年)
浜尾四郎
60分以内
  22,016 文字
沈み行く夕陽の最後の光が、窓硝子を通して室内を覗(のぞ)き込んでいる。
黄昏の告白 浜尾四郎
沈み行く夕陽の最後の光が、窓硝子を通して室内を覗(のぞ)き込んでいる。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。