🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める林芙美子の短編作品

青空文庫で公開されている林芙美子の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編35作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜35件 / 全35件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
幸福の彼方 林芙美子
30分以内
  9,882 文字
西陽の射してゐる洗濯屋の狭い二階で、絹子ははじめて信一に逢つた。
幸福の彼方 林芙美子
西陽の射してゐる洗濯屋の狭い二階で、絹子ははじめて信一に逢つた。
ふしぎな岩
(1948年)
林芙美子
30分以内
  4,007 文字
夜になって、ふしぎな岩は、そっと動きはじめました。
ふしぎな岩 林芙美子
夜になって、ふしぎな岩は、そっと動きはじめました。
あひびき
(1946年)
林芙美子
30分以内
  10,055 文字
火の氣がないので、私は鷄介と二人で寢床にはいつてゐた。
あひびき 林芙美子
火の氣がないので、私は鷄介と二人で寢床にはいつてゐた。
雪の町 林芙美子
30分以内
  11,956 文字
神聖だと云ふ事はいつたい何だらう?彼女は、いつも、そんな場所に到ると、ふふんと、心の中で苦笑し...
雪の町 林芙美子
神聖だと云ふ事はいつたい何だらう?彼女は、いつも、そんな場所に到ると、ふふんと、心の中で苦笑してゐた。
シベリヤの三等列車 林芙美子
30分以内
  11,024 文字
1信満洲の長春へ着いたのが十一月十二日の夜でした。
シベリヤの三等列車 林芙美子
1信満洲の長春へ着いたのが十一月十二日の夜でした。
愛する人達 林芙美子
30分以内
  9,280 文字
ばうばうとした野原に立つて口笛をふいてみてももう永遠に空想の娘らは来やしない。
愛する人達 林芙美子
ばうばうとした野原に立つて口笛をふいてみてももう永遠に空想の娘らは来やしない。
旅人 林芙美子
30分以内
  7,919 文字
斷崖絶壁の山道を往復四十里して、吉野川の下流、白地の村まで下つて來ると、恍惚の景色にも大分辟易...
旅人 林芙美子
斷崖絶壁の山道を往復四十里して、吉野川の下流、白地の村まで下つて來ると、恍惚の景色にも大分辟易して來てゐて、乘合自動車もろとも、河の中へ眞逆さまに落ちこんでしまひたくなつてゐる。
狐物語 林芙美子
30分以内
  4,300 文字
四國のある山の中に、おもしろい狐がすんでいました。
狐物語 林芙美子
四國のある山の中に、おもしろい狐がすんでいました。
恋愛の微醺
(1936年)
林芙美子
30分以内
  4,452 文字
恋愛と云うものは、この空気のなかにどんな波動で飛んでいるのか知らないけれども、男が女がこの波動...
恋愛の微醺 林芙美子
恋愛と云うものは、この空気のなかにどんな波動で飛んでいるのか知らないけれども、男が女がこの波動にぶちあたると、花が肥料を貰ったように生々として来る。
おにおん倶楽部 林芙美子
30分以内
  5,223 文字
大木繁、滑川浩太郎、片貝巖、奧平善一、これだけが、おにおん倶樂部のメンバアである。
おにおん倶楽部 林芙美子
大木繁、滑川浩太郎、片貝巖、奧平善一、これだけが、おにおん倶樂部のメンバアである。
貸家探し
(1935年)
林芙美子
30分以内
  5,340 文字
山崎朝雲と云うひとの家の横から動坂の方へぽつぽつ降りると、福沢一郎氏のアトリエの屋根が見える。
貸家探し 林芙美子
山崎朝雲と云うひとの家の横から動坂の方へぽつぽつ降りると、福沢一郎氏のアトリエの屋根が見える。
子供たち 林芙美子
30分以内
  5,635 文字
雨が降つて暗い昼間であつた。
子供たち 林芙美子
雨が降つて暗い昼間であつた。
谷間からの手紙
(1931年)
林芙美子
30分以内
  5,731 文字
第一信まるで、それは登山列車へでも乗つてゐるやうでありました。
谷間からの手紙 林芙美子
第一信まるで、それは登山列車へでも乗つてゐるやうでありました。
田舎がえり 林芙美子
30分以内
  7,160 文字
東京駅のホームは学生たちでいっぱいだった。
田舎がえり 林芙美子
東京駅のホームは学生たちでいっぱいだった。
婚期 林芙美子
30分以内
  7,301 文字
九月にはいつて急に末の妹の結婚がきまつた。
婚期 林芙美子
九月にはいつて急に末の妹の結婚がきまつた。
なぐさめ 林芙美子
30分以内
  7,512 文字
美しい東京の街も、この數ヶ月の激しい變化で根こそぎ變つてしまひ、あの見果てぬ夢のやうな、愛しい...
なぐさめ 林芙美子
美しい東京の街も、この數ヶ月の激しい變化で根こそぎ變つてしまひ、あの見果てぬ夢のやうな、愛しい都會のいとなみが、もう何も彼もみぢんにくだかれてしまつた。
夜福 林芙美子
30分以内
  7,588 文字
青笹の描いてある九谷の湯呑に、熱い番茶を淹れながら、久江はふつと湯呑茶碗のなかをのぞいた。
夜福 林芙美子
青笹の描いてある九谷の湯呑に、熱い番茶を淹れながら、久江はふつと湯呑茶碗のなかをのぞいた。
玄関の手帖 林芙美子
30分以内
  7,858 文字
小さい就職常次は東京へ來て三日目に職業がきまつた。
玄関の手帖 林芙美子
小さい就職常次は東京へ來て三日目に職業がきまつた。
クララ 林芙美子
30分以内
  7,998 文字
むつは、何か村中が湧きかえるような事件を起してやりたくて寢ても覺めても色々なことを考えていました。
クララ 林芙美子
むつは、何か村中が湧きかえるような事件を起してやりたくて寢ても覺めても色々なことを考えていました。
小さい花 林芙美子
30分以内
  8,112 文字
ずゐぶん遠いむかしの話だけれど、由はうどんやの女中をした事がありました。
小さい花 林芙美子
ずゐぶん遠いむかしの話だけれど、由はうどんやの女中をした事がありました。
新生の門 林芙美子
30分以内
  8,211 文字
わたしは刑務所を見にゆくと云うことは初めてのことです。
新生の門 林芙美子
わたしは刑務所を見にゆくと云うことは初めてのことです。
淪落 林芙美子
30分以内
  8,612 文字
わたしは、家のひとたちには無断で東京へ出て来た。
淪落 林芙美子
わたしは、家のひとたちには無断で東京へ出て来た。
生活 林芙美子
30分以内
  9,148 文字
なににこがれて書くうたぞ一時にひらくうめすももすももの蒼さ身にあびて田舎暮らしのやすらかさ私は...
生活 林芙美子
なににこがれて書くうたぞ一時にひらくうめすももすももの蒼さ身にあびて田舎暮らしのやすらかさ私はこのうたが好きで、毎日この室生さんのうたを唱歌のようにうたう。
文学的自叙伝
(1935年)
林芙美子
30分以内
  9,270 文字
岡山と広島の間に尾の道と云う小さな町があります。
文学的自叙伝 林芙美子
岡山と広島の間に尾の道と云う小さな町があります。
摩周湖紀行 林芙美子
30分以内
  9,811 文字
宗谷本線の瀧川と云ふ古い驛に降りた。
摩周湖紀行 林芙美子
宗谷本線の瀧川と云ふ古い驛に降りた。
うき草 林芙美子
30分以内
  10,238 文字
その村には遊んでゐる女が二人ゐた。
うき草 林芙美子
その村には遊んでゐる女が二人ゐた。
落合町山川記
(1933年)
林芙美子
30分以内
  10,261 文字
遠き古里の山川を思ひ出す心地するなり私は、和田堀の妙法寺の森の中の家から、堰(せき)のある落合...
落合町山川記 林芙美子
遠き古里の山川を思ひ出す心地するなり私は、和田堀の妙法寺の森の中の家から、堰(せき)のある落合川のそばの三輪の家に引越しをして来た時、はたきをつかいながら、此様なうたを思わずくちずさんだものであった。
風媒 林芙美子
30分以内
  10,275 文字
早苗はまるでデパートで買物でもするひとのやうに産院をまはつては、赤ん坊を貰ひに歩いてゐた。
風媒 林芙美子
早苗はまるでデパートで買物でもするひとのやうに産院をまはつては、赤ん坊を貰ひに歩いてゐた。
崩浪亭主人
(1947年)
林芙美子
30分以内
  10,278 文字
砂風の吹く、うそ寒い日である。
崩浪亭主人 林芙美子
砂風の吹く、うそ寒い日である。
多摩川 林芙美子
30分以内
  10,483 文字
あまり暑いので、津田は洗面所へ顏を洗ひに行つた。
多摩川 林芙美子
あまり暑いので、津田は洗面所へ顏を洗ひに行つた。
或る女 林芙美子
30分以内
  11,031 文字
何時ものやうに歸つて來ると、跫音をしのばせて梯子段へ足さぐりで行つたが、梯子段の下の暗がりで、...
或る女 林芙美子
何時ものやうに歸つて來ると、跫音をしのばせて梯子段へ足さぐりで行つたが、梯子段の下の暗がりで、良人の堂助が矢庭に懷中電燈をとぼした。
清修館挿話 林芙美子
30分以内
  11,208 文字
長い夏休みを終えて、東京へ帰つた谷村さんは、郊外の下宿を引き上げると、学校に近い街裏に下宿を見...
清修館挿話 林芙美子
長い夏休みを終えて、東京へ帰つた谷村さんは、郊外の下宿を引き上げると、学校に近い街裏に下宿を見つけて越しました。
大島行 林芙美子
30分以内
  11,462 文字
一信思ひたつた旅ながら船出した咋夜から今朝にかけて、風雨激しく、まぢかく大島の火の山が見えてゐ...
大島行 林芙美子
一信思ひたつた旅ながら船出した咋夜から今朝にかけて、風雨激しく、まぢかく大島の火の山が見えてゐながら上陸が仲々困難でした。
魚の序文 林芙美子
30分以内
  11,650 文字
それだからと云(い)って、僕は彼女をこましゃくれた女だとは思いたくなかった。
魚の序文 林芙美子
それだからと云(い)って、僕は彼女をこましゃくれた女だとは思いたくなかった。
濡れた葦 林芙美子
30分以内
  11,965 文字
女中にきいてみると、こゝでは朝御飯しか出せないと云ふことで、ふじ子はがつかりしてしまつた。
濡れた葦 林芙美子
女中にきいてみると、こゝでは朝御飯しか出せないと云ふことで、ふじ子はがつかりしてしまつた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。