🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

原民喜の全作品

青空文庫で公開されている原民喜の全作品121篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜50件 / 全121件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
夏の花 原民喜
60分以内
  13,752 文字
わが愛する者よ請ふ急ぎはしれ香はしき山々の上にありて※のごとく小鹿のごとくあれ私は街に出て花を...
夏の花 原民喜
わが愛する者よ請ふ急ぎはしれ香はしき山々の上にありて※のごとく小鹿のごとくあれ私は街に出て花を買ふと、妻の墓を訪れようと思つた。
原爆小景 原民喜
5分以内
  1,920 文字
コレガ人間ナノデスコレガ人間ナノデス原子爆弾ニ依ル変化ヲゴラン下サイ肉体ガ恐ロシク膨脹シ男モ女...
原爆小景 原民喜
コレガ人間ナノデスコレガ人間ナノデス原子爆弾ニ依ル変化ヲゴラン下サイ肉体ガ恐ロシク膨脹シ男モ女モスベテ一ツノ型ニカヘルオオソノ真黒焦ゲノ滅茶苦茶ノ爛レタ顔ノムクンダ唇カラ洩レテ来ル声ハ「助ケテ下サイ」トカ細イ静カナ言葉コレガコレガ人間ナノデス人間ノ顔ナノデス燃エガラ夢ノナカデ頭ヲナグリツケラレタノデハナクメノマヘニオチテキタクラヤミノナカヲ...
夏の花
(1947年)
原民喜
60分以内
  14,178 文字
わが愛する者よ請う急ぎはしれ香わしき山々の上にありて※(のろ)のごとく小鹿のごとくあれ私は街に...
夏の花 原民喜
わが愛する者よ請う急ぎはしれ香わしき山々の上にありて※(のろ)のごとく小鹿のごとくあれ私は街に出て花を買うと、妻の墓を訪れようと思った。
沙漠の花 原民喜
5分以内
  1,032 文字
堀辰雄氏から「牧歌」といふ署名入りの美しい本を送つて頂いた。
沙漠の花 原民喜
堀辰雄氏から「牧歌」といふ署名入りの美しい本を送つて頂いた。
鎮魂歌 原民喜
1時間〜
  32,136 文字
美しい言葉や念想が殆(ほとん)ど絶え間なく流れてゆく。
鎮魂歌 原民喜
美しい言葉や念想が殆(ほとん)ど絶え間なく流れてゆく。
遺書 原民喜
10分以内
  2,021 文字
原守夫氏宛遺書長い間御世話になりました後に思ひ残すことは何もありませんあまりあてにもなりません...
遺書 原民喜
原守夫氏宛遺書長い間御世話になりました後に思ひ残すことは何もありませんあまりあてにもなりませんがもし今後私の著書が出版された際にはその印税を時彦に相続させて下さいみなさんによろしく原民喜原守夫様永井すみ子氏宛長い間御世話にばかりなりました貞恵と死別れて六年あまりも生きてまいりましたもう後に思ひ残すことは何もありませんそちらにあづけてある私の夜具衣類を広島から...
戦争について 原民喜
5分以内
  684 文字
コレガ人間ナノデス原子爆弾ニ依ル変化ヲゴラン下サイ肉体ガ恐ロシク膨脹シ男モ女モスベテ一ツノ型ニ...
戦争について 原民喜
コレガ人間ナノデス原子爆弾ニ依ル変化ヲゴラン下サイ肉体ガ恐ロシク膨脹シ男モ女モスベテ一ツノ型ニカヘルオオソノ真黒焦ゲノ滅茶苦茶ノ爛レタ顔ノムクンダ唇カラ洩レテ来ル声ハ「助ケテ下サイ」トカ細イ静カナ言葉コレガコレガ人間ナノデス人間ノ顔ナノデス夕食が済んで病妻が床に横はると、雨戸をおろした四辺は急に静かになる。
原爆被災時のノート 原民喜
10分以内
  2,992 文字
八月六日八時半頃突如空襲一瞬ニシテ全市街崩壊便所ニ居テ頭上ニサクレツスル音アリテ頭ヲ打ツ次ノ瞬...
原爆被災時のノート 原民喜
八月六日八時半頃突如空襲一瞬ニシテ全市街崩壊便所ニ居テ頭上ニサクレツスル音アリテ頭ヲ打ツ次ノ瞬間暗黒騒音薄明リノ中ニ見レバ既ニ家ハ壊レ品物ハ飛散ル異臭鼻ヲツキ眼ノホトリヨリ出血恭子ノ姿ヲ認ムマルハダカナレバ服ヲ探ス上着ハアレドズボンナシ達野顔面ヲ血マミレニシテ来ル江崎負傷ヲ訴フ座敷ノ椽側ニテ持逃ノカバンヲ拾フ倒レタ楓ノトコロヨリ家屋ヲ踏越エテ泉邸ノ方ヘ向ヒ栄橋ノタモトニ出ズ道中既ニ火ヲ発セル家々アリ泉邸ノ竹藪ハ倒レタ...
うぐいす
(1951年)
原民喜
5分以内
  1,139 文字
梅の花が咲きはじめました。
うぐいす 原民喜
梅の花が咲きはじめました。
「屍の街」 原民喜
5分以内
  581 文字
私はあのとき広島の川原で、いろんな怪物を視た。
「屍の街」 原民喜
私はあのとき広島の川原で、いろんな怪物を視た。
原民喜
5分以内
  28 文字
[#この作品は表題と副題のみで、本文はありません。
原民喜
[#この作品は表題と副題のみで、本文はありません。
青空の梯子 原民喜
5分以内
  182 文字
二階の窓に桜の葉が繁って、彼は中学を休んだ。
青空の梯子 原民喜
二階の窓に桜の葉が繁って、彼は中学を休んだ。
原子爆弾 原民喜
5分以内
  204 文字
夏の野に幻の破片きらめけり短夜を※[#「血+卜」、232-3、読みは「たお」か]れし山河叫び合...
原子爆弾 原民喜
夏の野に幻の破片きらめけり短夜を※[#「血+卜」、232-3、読みは「たお」か]れし山河叫び合ふ炎の樹雷雨の空に舞ひ上る日の暑さ死臭に満てる百日紅重傷者来て飲む清水生温く梯子にゐる屍もあり雲の峰水をのみ死にゆく少女蝉の声人の肩に爪立てて死す夏の月魂呆けて川にかがめり月見草廃虚すぎて蜻蛉の群を眺めやる。
原民喜
5分以内
  208 文字
彼の家は川端にはなかったが、彼の生れた街には川が流れてゐた。
原民喜
彼の家は川端にはなかったが、彼の生れた街には川が流れてゐた。
アトモス 原民喜
5分以内
  350 文字
穏かな海に突き出してゐる丘の一角で、一人の人間が勝手な瞑想をしてゐた。
アトモス 原民喜
穏かな海に突き出してゐる丘の一角で、一人の人間が勝手な瞑想をしてゐた。
酸漿 原民喜
5分以内
  355 文字
結婚式の二時間前、彼女は畳に落ちてゐた酸漿を拾って鳴らして捨てた。
酸漿 原民喜
結婚式の二時間前、彼女は畳に落ちてゐた酸漿を拾って鳴らして捨てた。
よみがへる父 原民喜
5分以内
  382 文字
父の十七回忌に帰って、その時彼の縁談が成立したのだから、これも仏の手びきだらうと母は云ふ。
よみがへる父 原民喜
父の十七回忌に帰って、その時彼の縁談が成立したのだから、これも仏の手びきだらうと母は云ふ。
夏の日のちぎれ雲 原民喜
5分以内
  392 文字
まっ青な空に浮ぶ一片の白い雲がキラキラと雪のやうに光ってゐる、山の頂である。
夏の日のちぎれ雲 原民喜
まっ青な空に浮ぶ一片の白い雲がキラキラと雪のやうに光ってゐる、山の頂である。
冬晴れ 原民喜
5分以内
  404 文字
上と下に路があって真中に桜の並木が植ってゐるが、上の方の路にはよく日があたった。
冬晴れ 原民喜
上と下に路があって真中に桜の並木が植ってゐるが、上の方の路にはよく日があたった。
棉の花 原民喜
5分以内
  408 文字
十歳の時の夏、構造は川端の小母の家で暮した。
棉の花 原民喜
十歳の時の夏、構造は川端の小母の家で暮した。
秋旻 原民喜
5分以内
  417 文字
一人の少年は硫酸を飲んで、袴を穿いて山に行き松に縊ったが、人に発見されて、病院で悶死した。
秋旻 原民喜
一人の少年は硫酸を飲んで、袴を穿いて山に行き松に縊ったが、人に発見されて、病院で悶死した。
風景 原民喜
5分以内
  423 文字
生活が一つのレールに乗って走り出すと、窓から見える風景がすべて遠い存在として感じられた。
風景 原民喜
生活が一つのレールに乗って走り出すと、窓から見える風景がすべて遠い存在として感じられた。
難船 原民喜
5分以内
  434 文字
ひどい家だ、ひどい嵐だ、崖の上にのつかってゐるそのボロボロの家は、難破船のやうに傾いてゐる。
難船 原民喜
ひどい家だ、ひどい嵐だ、崖の上にのつかってゐるそのボロボロの家は、難破船のやうに傾いてゐる。
原民喜
5分以内
  459 文字
酔ぱらって雀を憶ひ出した二人は新宿まで出掛けた。
原民喜
酔ぱらって雀を憶ひ出した二人は新宿まで出掛けた。
温度 原民喜
5分以内
  460 文字
音楽室の壁に額があった。
温度 原民喜
音楽室の壁に額があった。
山へ登った毬 原民喜
5分以内
  468 文字
史朗は今度一年生になりました。
山へ登った毬 原民喜
史朗は今度一年生になりました。
五年後 原民喜
5分以内
  479 文字
竜ノ彫刻モ高イ石段カラ割レテ墜チ石段ワキノチョロチョロ水ヲニンゲンハ来テハノム炎天ノ溝ヤ樹ノ根...
五年後 原民喜
竜ノ彫刻モ高イ石段カラ割レテ墜チ石段ワキノチョロチョロ水ヲニンゲンハ来テハノム炎天ノ溝ヤ樹ノ根ニ黒クナッタママシンデイル死骸ニトリマカレシンデユクハヤサ鳥居ノ下デ火ノツイタヨウニナキワメク真紅ナ女これは五年前のノートに書きなぐっておいたものである。
原民喜
5分以内
  481 文字
彼はその女を殺してしまはうと決心しながら、夜更けの人足も薄らいだK――坂を登ってゐた。
原民喜
彼はその女を殺してしまはうと決心しながら、夜更けの人足も薄らいだK――坂を登ってゐた。
遍歴 原民喜
5分以内
  499 文字
植民地を殖すのだとか、鉄道を敷設するのだとか云ふ譬喩で、新しく友達を作ることを彼は説明するので...
遍歴 原民喜
植民地を殖すのだとか、鉄道を敷設するのだとか云ふ譬喩で、新しく友達を作ることを彼は説明するのであった。
丹那トンネル開通祝ひ 原民喜
5分以内
  499 文字
頼太は四十歳の独身の独眼の発明家だったが、まだ汽車へ乗ったことがなかった。
丹那トンネル開通祝ひ 原民喜
頼太は四十歳の独身の独眼の発明家だったが、まだ汽車へ乗ったことがなかった。
顔の椿事 原民喜
5分以内
  511 文字
お仙の夫は今朝、橋から墜ちて溺れたが、救助されたのが早かったのでまだ助かりさうだった。
顔の椿事 原民喜
お仙の夫は今朝、橋から墜ちて溺れたが、救助されたのが早かったのでまだ助かりさうだった。
原民喜
5分以内
  516 文字
樟の大きな影が地面を覆って、薄暗い街燈が霧で曇ってゐた。
原民喜
樟の大きな影が地面を覆って、薄暗い街燈が霧で曇ってゐた。
夕凪 原民喜
5分以内
  518 文字
老婆は台所の隅の火鉢に依掛って肉を焼いた。
夕凪 原民喜
老婆は台所の隅の火鉢に依掛って肉を焼いた。
玩具 原民喜
5分以内
  539 文字
終にあたりは冴えてしまった。
玩具 原民喜
終にあたりは冴えてしまった。
移動 原民喜
5分以内
  540 文字
庭のすぐ向ふが墓場だったので、開放れた六畳の間をぐるぐる廻ってゐると、墓地でダンスしてゐるやう...
移動 原民喜
庭のすぐ向ふが墓場だったので、開放れた六畳の間をぐるぐる廻ってゐると、墓地でダンスしてゐるやうだった。
忘れもの 原民喜
5分以内
  579 文字
ポストのところまで歩いて行くと、彼はポケットから手紙を取出した。
忘れもの 原民喜
ポストのところまで歩いて行くと、彼はポケットから手紙を取出した。
曇天 原民喜
5分以内
  591 文字
放蕩の後の烈しい哀感が街中に慄へてゐるやうな日だった。
曇天 原民喜
放蕩の後の烈しい哀感が街中に慄へてゐるやうな日だった。
四月五日 原民喜
5分以内
  599 文字
四月五日山村家から招ばれたので昼から出掛ける。
四月五日 原民喜
四月五日山村家から招ばれたので昼から出掛ける。
比喩 原民喜
5分以内
  618 文字
机を前にして二人の少年は坐ってゐた。
比喩 原民喜
机を前にして二人の少年は坐ってゐた。
白い呼吸 原民喜
5分以内
  643 文字
おでん屋の隅で、ビヤー・ホールの卓上で、或ひは喫茶店のボックスで屡々繰り返される極くありふれた...
白い呼吸 原民喜
おでん屋の隅で、ビヤー・ホールの卓上で、或ひは喫茶店のボックスで屡々繰り返される極くありふれた会話の一形式がある。
絵にそへて 原民喜
5分以内
  664 文字
この絵は何処だとはっきり云はないがいいかも知れません。
絵にそへて 原民喜
この絵は何処だとはっきり云はないがいいかも知れません。
藤の花 原民喜
5分以内
  673 文字
運動場の白い砂の上では四十人あまりの男女が体操をしてゐた。
藤の花 原民喜
運動場の白い砂の上では四十人あまりの男女が体操をしてゐた。
縁起に就いて 原民喜
5分以内
  703 文字
就職のことがほぼ決定してその日の午後二時にもう一度面会に行けばいいと云ふ時、恰度午後一時半、彼...
縁起に就いて 原民喜
就職のことがほぼ決定してその日の午後二時にもう一度面会に行けばいいと云ふ時、恰度午後一時半、彼は電車通りで下駄の鼻緒を切った。
真夏日の散歩 原民喜
5分以内
  706 文字
その男は顔が仮面のやうになってしまって、毀れものを運ぶやうにおづおづと身体を動かしてゐた。
真夏日の散歩 原民喜
その男は顔が仮面のやうになってしまって、毀れものを運ぶやうにおづおづと身体を動かしてゐた。
原民喜
5分以内
  721 文字
鶉居山房と私とは路傍に屈んで洋服屋の若旦那を待ってゐた。
原民喜
鶉居山房と私とは路傍に屈んで洋服屋の若旦那を待ってゐた。
死と愛と孤独 原民喜
5分以内
  770 文字
原子爆弾の惨劇のなかに生き残つた私は、その時から私も、私の文学も、何ものかに激しく弾き出された。
死と愛と孤独 原民喜
原子爆弾の惨劇のなかに生き残つた私は、その時から私も、私の文学も、何ものかに激しく弾き出された。
おふくろ 原民喜
5分以内
  787 文字
わたしはからくりめがねの夢になってしまふたのです紺の筒袖と色黒ばばさんと暗いカンテラとお寺の甃...
おふくろ 原民喜
わたしはからくりめがねの夢になってしまふたのです紺の筒袖と色黒ばばさんと暗いカンテラとお寺の甃石と緋の着物に紅繻子の帯を締めた子娘とさうして五厘の笛と唐獅子とわたしはお母さんに抱かれて居たいのです風船玉が逃げぬやうにぢっと握ってゐたいのです(銭村五郎)前吉は家へ帰って来ると、老眼鏡を懸けて新聞を読んでゐる、おふくろの肩を小突いた。
地獄の門 原民喜
5分以内
  795 文字
お祭りの夜だった。
地獄の門 原民喜
お祭りの夜だった。
三人 原民喜
5分以内
  852 文字
遠くの低い山脈は無表情な空の下に連ってゐた。
三人 原民喜
遠くの低い山脈は無表情な空の下に連ってゐた。
惨めな文学的環境 原民喜
5分以内
  875 文字
昨夜あなたは田中英光のことを近々書くといっていたが、直接面識のあったあなたの書くものは面白いだ...
惨めな文学的環境 原民喜
昨夜あなたは田中英光のことを近々書くといっていたが、直接面識のあったあなたの書くものは面白いだろうと期待しています。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。