🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める原民喜の短編作品

青空文庫で公開されている原民喜の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編17作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜17件 / 全17件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
星のわななき 原民喜
30分以内
  5,085 文字
私は「夏の花」「廃墟から」などの短編で広島の遭難を描いたが、あれを読んでくれた人はきまつたやう...
星のわななき 原民喜
私は「夏の花」「廃墟から」などの短編で広島の遭難を描いたが、あれを読んでくれた人はきまつたやうに、「あの甥はどうなりましたか」と訊ねる。
心願の国 原民喜
30分以内
  5,536 文字
〈一九五一年武蔵野市〉夜あけ近く、僕は寝床のなかで小鳥の啼声をきいてゐる。
心願の国 原民喜
〈一九五一年武蔵野市〉夜あけ近く、僕は寝床のなかで小鳥の啼声をきいてゐる。
原民喜
30分以内
  6,838 文字
雪が溶けて、しぶきが虹になった。
原民喜
雪が溶けて、しぶきが虹になった。
潮干狩
(1939年)
原民喜
30分以内
  7,248 文字
前の晩、雄二は母と一緒に風呂桶につかつてゐると、白い湯気の立昇るお湯の面に、柱のランプの火影が...
潮干狩 原民喜
前の晩、雄二は母と一緒に風呂桶につかつてゐると、白い湯気の立昇るお湯の面に、柱のランプの火影が揺れて、ふとK橋のことを思ひ出した。
雲雀病院
(1941年)
原民喜
30分以内
  7,898 文字
銀の鈴を振りながら、二頭の小山羊は花やリボンで飾られてゐる大きな乳母車を牽いて行つた。
雲雀病院 原民喜
銀の鈴を振りながら、二頭の小山羊は花やリボンで飾られてゐる大きな乳母車を牽いて行つた。
二つの死 原民喜
30分以内
  8,450 文字
その頃私はその朽ちて墜ちさうな二階の窓から、向側に見える窓を眺めることがあつた。
二つの死 原民喜
その頃私はその朽ちて墜ちさうな二階の窓から、向側に見える窓を眺めることがあつた。
苦しく美しき夏 原民喜
30分以内
  8,670 文字
陽の光の圧迫が弱まってゆくのが柱に凭掛っている彼に、向側にいる妻の微かな安堵を感じさせると、彼...
苦しく美しき夏 原民喜
陽の光の圧迫が弱まってゆくのが柱に凭掛っている彼に、向側にいる妻の微かな安堵を感じさせると、彼はふらりと立上って台所から下駄をつっかけて狭い裏の露次へ歩いて行ったが、何気なく隣境の空を見上げると高い樹木の梢(こずえ)に強烈な陽の光が帯のように纏(まつ)わりついていて、そこだけが赫(かっ)と燃えているようだった。
冬日記 原民喜
30分以内
  9,750 文字
真白い西洋紙を展げて、その上に落ちてくる午後の光線をぼんやり眺めていると、眼はその紙のなかに吸...
冬日記 原民喜
真白い西洋紙を展げて、その上に落ちてくる午後の光線をぼんやり眺めていると、眼はその紙のなかに吸込まれて行くようで、心はかすかな光線のうつろいに悶(もだ)えているのであった。
夢と人生 原民喜
30分以内
  9,770 文字
夢のことを書く。
夢と人生 原民喜
夢のことを書く。
火の踵 原民喜
30分以内
  10,003 文字
……音楽爆弾。
火の踵 原民喜
……音楽爆弾。
秋日記 原民喜
30分以内
  10,507 文字
緑色の衝立が病室の内部を塞いでいたが、入口の壁際にある手洗の鏡に映る姿で、妻はベッドに寝たまま...
秋日記 原民喜
緑色の衝立が病室の内部を塞いでいたが、入口の壁際にある手洗の鏡に映る姿で、妻はベッドに寝たまま、彼のやって来るのを知るのだった。
美しき死の岸に 原民喜
30分以内
  10,802 文字
何かうっとりさせるような生温かい底に不思議に冷気を含んだ空気が、彼の頬(ほお)に触れては動いて...
美しき死の岸に 原民喜
何かうっとりさせるような生温かい底に不思議に冷気を含んだ空気が、彼の頬(ほお)に触れては動いてゆくようだった。
死のなかの風景 原民喜
30分以内
  11,312 文字
妻が息をひきとったとき、彼は時計を見て時刻をたしかめた。
死のなかの風景 原民喜
妻が息をひきとったとき、彼は時計を見て時刻をたしかめた。
火の唇 原民喜
30分以内
  11,421 文字
いぶきが彼のなかを突抜けて行つた。
火の唇 原民喜
いぶきが彼のなかを突抜けて行つた。
火の子供 原民喜
30分以内
  11,675 文字
〈一九四九年神田〉僕は通りがかりに映画館の前の行列を眺めてゐた。
火の子供 原民喜
〈一九四九年神田〉僕は通りがかりに映画館の前の行列を眺めてゐた。
飢ゑ 原民喜
30分以内
  11,710 文字
僕はこの部屋にゐると、まるで囚人のやうな気持にされる。
飢ゑ 原民喜
僕はこの部屋にゐると、まるで囚人のやうな気持にされる。
火の唇 原民喜
30分以内
  11,754 文字
いぶきが彼のなかを突抜けて行った。
火の唇 原民喜
いぶきが彼のなかを突抜けて行った。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。