🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める福沢諭吉の短編作品

青空文庫で公開されている福沢諭吉の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編14作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜14件 / 全14件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
教育の目的
(1879年)
福沢諭吉
30分以内
  6,014 文字
この一編は、頃日、諭吉が綴るところの未定稿中より、教育の目的とも名づくべき一段を抜抄したるもの...
教育の目的 福沢諭吉
この一編は、頃日、諭吉が綴るところの未定稿中より、教育の目的とも名づくべき一段を抜抄したるものなれば、前後の連絡を断つがために、意をつくすに足らず、よってこれを和解演述して、もって諸先生の高評を乞う。
中津留別の書
(1872年)
福沢諭吉
30分以内
  4,077 文字
中津留別の書人は万物の霊なりとは、ただ耳目鼻口手足をそなえ言語・眠食するをいうにあらず。
中津留別の書 福沢諭吉
中津留別の書人は万物の霊なりとは、ただ耳目鼻口手足をそなえ言語・眠食するをいうにあらず。
瘠我慢の説
(1901年)
福沢諭吉
30分以内
  10,979 文字
立国は私なり、公に非ざるなり。
瘠我慢の説 福沢諭吉
立国は私なり、公に非ざるなり。
慶応義塾学生諸氏に告ぐ
(1886年)
福沢諭吉
30分以内
  4,258 文字
左の一編は、去月廿三日、府下芝区三田慶応義塾邸内演説館において、同塾生褒賞試文披露の節、福沢先...
慶応義塾学生諸氏に告ぐ 福沢諭吉
左の一編は、去月廿三日、府下芝区三田慶応義塾邸内演説館において、同塾生褒賞試文披露の節、福沢先生の演説を筆記したるものなり。
養生の心得 福沢諭吉
30分以内
  6,467 文字
總論一、人間生涯の内、體ほど大切なるものはなし。
養生の心得 福沢諭吉
總論一、人間生涯の内、體ほど大切なるものはなし。
亜細亜諸国との和戦は我栄辱に関するなきの説
(1875年)
福沢諭吉
30分以内
  5,942 文字
近日征韓の議論新聞紙上に飛雨をなし、世人の耳目も此論題に集るを以て、我儕の論鋒を之に向けること...
亜細亜諸国との和戦は我栄辱に関するなきの説 福沢諭吉
近日征韓の議論新聞紙上に飛雨をなし、世人の耳目も此論題に集るを以て、我儕の論鋒を之に向けること數囘、未だ心に慊らざりしが、福澤君より此論題に關する一議論を寄るに會へり。
教育の事
(1878年)
福沢諭吉
30分以内
  6,514 文字
一人の教育と一国の教育とは自ずから区別なかるべからず。
教育の事 福沢諭吉
一人の教育と一国の教育とは自ずから区別なかるべからず。
政事と教育と分離すべし
(1884年)
福沢諭吉
30分以内
  4,014 文字
政治は人の肉体を制するものにして、教育はその心を養うものなり。
政事と教育と分離すべし 福沢諭吉
政治は人の肉体を制するものにして、教育はその心を養うものなり。
経世の学、また講究すべし
(1882年)
福沢諭吉
30分以内
  4,248 文字
ある人いわく、慶応義塾の学則を一見し、その学風を伝聞しても、初学の輩はもっぱら物理学を教うると...
経世の学、また講究すべし 福沢諭吉
ある人いわく、慶応義塾の学則を一見し、その学風を伝聞しても、初学の輩はもっぱら物理学を教うるとのこと、我が輩のもっとも賛誉するところなれども、学生の年ようやく長じて、その上級に達する者へは、哲学・法学の大意、または政治・経済の書をも研究せしむるという。
改暦弁
(1873年)
福沢諭吉
30分以内
  4,276 文字
大陽暦と大陰暦との辨別此度大陰暦を止て大陽暦となし、明治五年十二月三日を明治六年一月一日と定め...
改暦弁 福沢諭吉
大陽暦と大陰暦との辨別此度大陰暦を止て大陽暦となし、明治五年十二月三日を明治六年一月一日と定めたるは一年俄(にはか)に二十七日の相違にて世間にこれを怪む者も多からんと思ひ、西洋の書を調て彼の國(くに)に行はるゝ大陽暦と、古來支那、日本等に用る大陰暦との相違を示すこと左の如し。
明治三十一年三月十二日三田演説会に於ける演説
(1898年)
福沢諭吉
30分以内
  5,587 文字
自尊自大と云ふことは固より惡いことはない。
明治三十一年三月十二日三田演説会に於ける演説 福沢諭吉
自尊自大と云ふことは固より惡いことはない。
学校の説 福沢諭吉
30分以内
  6,800 文字
一、世に為政の人物なきにあらず、ただ良政の下に立つべき良民乏しきのみ。
学校の説 福沢諭吉
一、世に為政の人物なきにあらず、ただ良政の下に立つべき良民乏しきのみ。
小学教育の事
(1879年)
福沢諭吉
30分以内
  8,364 文字
小学教育の事教育とは人を教え育つるという義にして、人の子は、生れながら物事を知る者に非ず。
小学教育の事 福沢諭吉
小学教育の事教育とは人を教え育つるという義にして、人の子は、生れながら物事を知る者に非ず。
徳育如何
(1882年)
福沢諭吉
30分以内
  10,665 文字
『徳育如何』緒言方今、世に教育論者あり。
徳育如何 福沢諭吉
『徳育如何』緒言方今、世に教育論者あり。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。