🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

牧逸馬の全作品

青空文庫で公開されている牧逸馬の全作品16篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜16件 / 全16件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
女肉を料理する男 牧逸馬
1時間〜
  27,004 文字
人気が荒いので世界的に有名なロンドンの東端区に、ハンベリイ街という町がある。
女肉を料理する男 牧逸馬
人気が荒いので世界的に有名なロンドンの東端区に、ハンベリイ街という町がある。
ヤトラカン・サミ博士の椅子
(1929年)
牧逸馬
60分以内
  14,049 文字
マカラム街の珈琲(コーヒー)店キャフェ・バンダラウェラは、雨期の赤土のような土耳古珈琲のほかに...
ヤトラカン・サミ博士の椅子 牧逸馬
マカラム街の珈琲(コーヒー)店キャフェ・バンダラウェラは、雨期の赤土のような土耳古珈琲のほかに、ジャマイカ産の生薑水をも売っていた。
ロウモン街の自殺ホテル 牧逸馬
60分以内
  17,508 文字
ホテル・アムステルダムの女主人セレスティンは、三階から駈け降りて来た給仕人の只ならぬ様子にぎょ...
ロウモン街の自殺ホテル 牧逸馬
ホテル・アムステルダムの女主人セレスティンは、三階から駈け降りて来た給仕人の只ならぬ様子にぎょっとして、玄関わきの帳場から出て来た。
土から手が 牧逸馬
1時間〜
  24,336 文字
山のように材木を満載した貨物自動車の頂上に据わって、トニィ・フェルナンデは、キャリフォルニア州...
土から手が 牧逸馬
山のように材木を満載した貨物自動車の頂上に据わって、トニィ・フェルナンデは、キャリフォルニア州聖マテオ郡のソウヤー仮部落街道を、仕事先から自宅を指して走らせていた。
沈黙の水平線 牧逸馬
60分以内
  13,902 文字
嘗つてそんな船は存在もしていなかったように、何らの手懸りもなく、船全体から乗客、乗組員の全部が...
沈黙の水平線 牧逸馬
嘗つてそんな船は存在もしていなかったように、何らの手懸りもなく、船全体から乗客、乗組員の全部が、そっくり其の儘、海洋という千古の大神秘に呑まれ去った例は、古来、かなりある。
生きている戦死者 牧逸馬
60分以内
  12,383 文字
背の高い、物腰の柔かい上品な男だった。
生きている戦死者 牧逸馬
背の高い、物腰の柔かい上品な男だった。
双面獣 牧逸馬
1時間〜
  38,002 文字
レスリイ・シュナイダア夫人は、七歳になる娘ドロシイの登校を見送って、ブレント・クリイクと呼ばれ...
双面獣 牧逸馬
レスリイ・シュナイダア夫人は、七歳になる娘ドロシイの登校を見送って、ブレント・クリイクと呼ばれる郊外に近いロレイン街の自宅から、二町ほど離れたディクシイ国道の曲り角までドロシイの手を引いて歩いて行った。
夜汽車
(1925年)
牧逸馬
10分以内
  3,056 文字
私が在米中の見聞から取材した創作でして、あちらの生活に泡のように浮んでは消える探偵小品的興味を...
夜汽車 牧逸馬
私が在米中の見聞から取材した創作でして、あちらの生活に泡のように浮んでは消える探偵小品的興味を、私の仮装児ヘンリイ・フリント君に取扱わせた短篇の一つでございます。
助五郎余罪
(1926年)
牧逸馬
30分以内
  8,233 文字
慶応生れの江戸っ児天下の助五郎は寄席の下足番だが、頼まれれば何でもする。
助五郎余罪 牧逸馬
慶応生れの江戸っ児天下の助五郎は寄席の下足番だが、頼まれれば何でもする。
舞馬
(1927年)
牧逸馬
30分以内
  8,654 文字
植峰――植木屋の峰吉というよりも、消防の副小頭として知られた、浅黒いでっぷりした五十男だった。
舞馬 牧逸馬
植峰――植木屋の峰吉というよりも、消防の副小頭として知られた、浅黒いでっぷりした五十男だった。
上海された男
(1925年)
牧逸馬
30分以内
  9,765 文字
※夜半に一度、隣に寝ている男の呻声を聞いて為吉は寝苦しい儘、裏庭に降立ったようだったが、昼間の...
上海された男 牧逸馬
※夜半に一度、隣に寝ている男の呻声を聞いて為吉は寝苦しい儘、裏庭に降立ったようだったが、昼間の疲労で間もなく床に帰ったらしかった。
チャアリイは何処にいる 牧逸馬
60分以内
  16,650 文字
七月一日だった。
チャアリイは何処にいる 牧逸馬
七月一日だった。
浴槽の花嫁 牧逸馬
1時間〜
  25,215 文字
英国ブラックプウルの町を、新婚の夫婦らしい若い男女が、貸間を探して歩いていた。
浴槽の花嫁 牧逸馬
英国ブラックプウルの町を、新婚の夫婦らしい若い男女が、貸間を探して歩いていた。
戦雲を駆る女怪 牧逸馬
1時間〜
  32,786 文字
露独連絡の国際列車は、ポーランドの原野を突っ切って、一路ベルリンを指して急ぎつつある。
戦雲を駆る女怪 牧逸馬
露独連絡の国際列車は、ポーランドの原野を突っ切って、一路ベルリンを指して急ぎつつある。
アリゾナの女虎 牧逸馬
1時間〜
  35,336 文字
「課長さんは居ますか」「いま鳥渡座席にいませんが――私は秘書です。
アリゾナの女虎 牧逸馬
「課長さんは居ますか」「いま鳥渡座席にいませんが――私は秘書です。
運命のSOS 牧逸馬
1時間〜
  35,999 文字
生と死は紙一枚の差だ。
運命のSOS 牧逸馬
生と死は紙一枚の差だ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。