🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める牧逸馬の短編作品

青空文庫で公開されている牧逸馬の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編3作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜3件 / 全3件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
助五郎余罪
(1926年)
牧逸馬
30分以内
  8,233 文字
慶応生れの江戸っ児天下の助五郎は寄席の下足番だが、頼まれれば何でもする。
助五郎余罪 牧逸馬
慶応生れの江戸っ児天下の助五郎は寄席の下足番だが、頼まれれば何でもする。
舞馬
(1927年)
牧逸馬
30分以内
  8,654 文字
植峰――植木屋の峰吉というよりも、消防の副小頭として知られた、浅黒いでっぷりした五十男だった。
舞馬 牧逸馬
植峰――植木屋の峰吉というよりも、消防の副小頭として知られた、浅黒いでっぷりした五十男だった。
上海された男
(1925年)
牧逸馬
30分以内
  9,765 文字
※夜半に一度、隣に寝ている男の呻声を聞いて為吉は寝苦しい儘、裏庭に降立ったようだったが、昼間の...
上海された男 牧逸馬
※夜半に一度、隣に寝ている男の呻声を聞いて為吉は寝苦しい儘、裏庭に降立ったようだったが、昼間の疲労で間もなく床に帰ったらしかった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。