60分以内で読める正岡子規の中編作品

青空文庫で公開されている正岡子規の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編作品7篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全7件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
歌よみに与ふる書正岡子規
60分以内
  19,925文字
  仰(おおせ)の如(ごと)く近来和歌は一向に振ひ不申(もうさず…
歌よみに与ふる書正岡子規
60分以内
歌よみに与ふる書正岡子規
60分以内
  20,890文字
 仰(おおせ)のごとく近来和歌は一向に振(ふる)い不申(もうさ…
歌よみに与ふる書正岡子規
60分以内
古池の句の弁正岡子規
60分以内
  15,650文字
 客あり。
古池の句の弁正岡子規
60分以内
従軍紀事正岡子規
60分以内
  12,791文字
国あり新聞なかるべからず。
従軍紀事正岡子規
60分以内
歌よみに与ふる書正岡子規
60分以内
  17,262文字
仰(おほせ)の如く近來和歌は一向に振ひ不申(まをさず)候。
歌よみに与ふる書正岡子規
60分以内
人々に答ふ正岡子規
60分以内
  23,948文字
歌の事につきては諸君より種々御注意御忠告を辱(かたじけの)う…
人々に答ふ正岡子規
60分以内
曙覧の歌正岡子規
60分以内
  15,238文字
余の初め歌を論ずる、ある人余に勧めて俊頼(としより)集、文雄…
曙覧の歌正岡子規
60分以内