🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める正岡子規の短編作品

青空文庫で公開されている正岡子規の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編10作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜10件 / 全10件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
四百年後の東京
(1899年)
正岡子規
10分以内
  2,651 文字
神田川都会の中央、絶壁屏風の如く、緑滴り水流れ、気清く神静かに、騒人は月をここに賞し、兇漢は罪...
四百年後の東京 正岡子規
神田川都会の中央、絶壁屏風の如く、緑滴り水流れ、気清く神静かに、騒人は月をここに賞し、兇漢は罪をここに蔵す、これを現今の御茶の水の光景とす。
ランプの影
(1900年)
正岡子規
10分以内
  2,586 文字
病の牀(とこ)に仰向に寐てつまらなさに天井を睨(にら)んで居ると天井板の木目が人の顔に見える。
ランプの影 正岡子規
病の牀(とこ)に仰向に寐てつまらなさに天井を睨(にら)んで居ると天井板の木目が人の顔に見える。
徒歩旅行を読む
(1902年)
正岡子規
10分以内
  2,238 文字
紀行文をどう書いたら善いかという事は紀行の目的によって違う。
徒歩旅行を読む 正岡子規
紀行文をどう書いたら善いかという事は紀行の目的によって違う。

(1900年)
正岡子規
10分以内
  2,136 文字
○十年ほど前に僕は日本画崇拝者で西洋画排斥者であった。
正岡子規
○十年ほど前に僕は日本画崇拝者で西洋画排斥者であった。
ラムプの影 正岡子規
10分以内
  2,431 文字
病の牀に仰向に寐てつまらなさに天井を睨んで居ると天井板の木目が人の顔に見える。
ラムプの影 正岡子規
病の牀に仰向に寐てつまらなさに天井を睨んで居ると天井板の木目が人の顔に見える。
小園の記 正岡子規
10分以内
  2,503 文字
我に二十坪の小園あり。
小園の記 正岡子規
我に二十坪の小園あり。
わが幼時の美感
(1898年)
正岡子規
10分以内
  3,017 文字
極めて幼き時の美はただ色にありて形にあらず、まして位置、配合、技術などそのほかの高尚なる複雑な...
わが幼時の美感 正岡子規
極めて幼き時の美はただ色にありて形にあらず、まして位置、配合、技術などそのほかの高尚なる複雑なる美は固より解すべくもあらず。
句合の月
(1898年)
正岡子規
10分以内
  3,363 文字
句合の題がまわって来た。
句合の月 正岡子規
句合の題がまわって来た。
熊手と提灯
(1899年)
正岡子規
10分以内
  3,630 文字
本郷の金助町に何がしを訪うての帰り例の如く車をゆるゆると歩ませて切通の坂の上に出た。
熊手と提灯 正岡子規
本郷の金助町に何がしを訪うての帰り例の如く車をゆるゆると歩ませて切通の坂の上に出た。
車上の春光
(1900年)
正岡子規
10分以内
  3,828 文字
四月廿九日の空は青々と晴れ渡って、自分のような病人は寝て居る足のさきに微寒を感ずるほどであった。
車上の春光 正岡子規
四月廿九日の空は青々と晴れ渡って、自分のような病人は寝て居る足のさきに微寒を感ずるほどであった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。