🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める葉山嘉樹の短編作品

青空文庫で公開されている葉山嘉樹の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編11作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜11件 / 全11件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
牢獄の半日
(1924年)
葉山嘉樹
30分以内
  9,092 文字
――一九二三年、九月一日、私は名古屋刑務所に入っていた。
牢獄の半日 葉山嘉樹
――一九二三年、九月一日、私は名古屋刑務所に入っていた。
遺言文学 葉山嘉樹
30分以内
  4,001 文字
無名作家Nの情熱(上)プロレタリア作家が、現在、どんなに困難な道を歩いてゐるか、といふ事は、ク...
遺言文学 葉山嘉樹
無名作家Nの情熱(上)プロレタリア作家が、現在、どんなに困難な道を歩いてゐるか、といふ事は、クド/\と述べ立てる必要の無い事であらう。
生爪を剥ぐ
(1927年)
葉山嘉樹
30分以内
  4,514 文字
夏の夜の、払暁に間もない三時頃であった。
生爪を剥ぐ 葉山嘉樹
夏の夜の、払暁に間もない三時頃であった。
浚渫船
(1926年)
葉山嘉樹
30分以内
  5,823 文字
私は行李を一つ担いでいた。
浚渫船 葉山嘉樹
私は行李を一つ担いでいた。
工場の窓より 葉山嘉樹
30分以内
  6,232 文字
兄弟よ!もう眼を覚さなければならない。
工場の窓より 葉山嘉樹
兄弟よ!もう眼を覚さなければならない。
坑夫の子
(1926年)
葉山嘉樹
30分以内
  6,541 文字
発電所の掘鑿は進んだ。
坑夫の子 葉山嘉樹
発電所の掘鑿は進んだ。
氷雨 葉山嘉樹
30分以内
  7,894 文字
暗くなつて来た。
氷雨 葉山嘉樹
暗くなつて来た。
死屍を食う男
(1927年)
葉山嘉樹
30分以内
  8,610 文字
いろんなことを知らないほうがいい、と思われることがあなた方にもよくあるでしょう。
死屍を食う男 葉山嘉樹
いろんなことを知らないほうがいい、と思われることがあなた方にもよくあるでしょう。
労働者の居ない船
(1926年)
葉山嘉樹
30分以内
  10,533 文字
こう云う船だった。
労働者の居ない船 葉山嘉樹
こう云う船だった。
万福追想 葉山嘉樹
30分以内
  11,452 文字
渓流は胡桃の実や栗の実などを、出水の流れにつれて持つて来た。
万福追想 葉山嘉樹
渓流は胡桃の実や栗の実などを、出水の流れにつれて持つて来た。
乳色の靄
(1926年)
葉山嘉樹
30分以内
  11,965 文字
四十年来の暑さだ、と、中央気象台では発表した。
乳色の靄 葉山嘉樹
四十年来の暑さだ、と、中央気象台では発表した。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。