10分以内で読める葉山嘉樹の短編作品

青空文庫で公開されている葉山嘉樹の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編4作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜4件 / 全4件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
セメント樽の中の手紙 葉山 嘉樹
10分以内
  2,854 文字
松戸与三はセメントあけをやっていた。
セメント樽の中の手紙 葉山 嘉樹
10分以内
運動会の風景 葉山 嘉樹
10分以内
  2,031 文字
上あくまでも蒼く晴れ上つた空であり、渓谷には微風さへもない。
運動会の風景 葉山 嘉樹
10分以内
井戸の底に埃の溜つた話 葉山 嘉樹
10分以内
  2,147 文字
よく田舎にある、野つ原の真ん中に、灌木だの歯朶だのに、...
井戸の底に埃の溜つた話 葉山 嘉樹
10分以内
信濃の山女魚の魅力 葉山 嘉樹
10分以内
  2,683 文字
私が今住っている処は、東に南アルプス山系の仙丈ヶ岳や、...
信濃の山女魚の魅力 葉山 嘉樹
10分以内