🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める宮本百合子の長編作品

青空文庫で公開されている宮本百合子の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編75作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全75件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
乳房
(1935年)
宮本百合子
1時間〜
  31,039 文字
何か物音がする……何か音がしている……目ざめかけた意識をそこへ力の限り縋(すが)りかけて、ひろ...
乳房 宮本百合子
何か物音がする……何か音がしている……目ざめかけた意識をそこへ力の限り縋(すが)りかけて、ひろ子はくたびれた深い眠りの底から段々苦しく浮きあがって来た。
獄中への手紙 宮本百合子
1時間〜
  248,384 文字
一月三日〔巣鴨拘置所の顕治宛目白より(封書)〕一月三日第一信私たちの九年目の年がはじまります、...
獄中への手紙 宮本百合子
一月三日〔巣鴨拘置所の顕治宛目白より(封書)〕一月三日第一信私たちの九年目の年がはじまります、おめでとう。
獄中への手紙 宮本百合子
1時間〜
  186,502 文字
一月二日〔巣鴨拘置所の顕治宛駒込林町より(封書)〕初春景物笹の根に霜の柱をきらめかせうらら冬日...
獄中への手紙 宮本百合子
一月二日〔巣鴨拘置所の顕治宛駒込林町より(封書)〕初春景物笹の根に霜の柱をきらめかせうらら冬日は空にあまねしこういう奇妙なものをお目にかけます。
二つの庭
(1947年)
宮本百合子
1時間〜
  214,994 文字
隣の家の篠竹が根をはって、こちらの通路へほそい筍(たけのこ)を生やしている。
二つの庭 宮本百合子
隣の家の篠竹が根をはって、こちらの通路へほそい筍(たけのこ)を生やしている。
貧しき人々の群
(1916年)
宮本百合子
1時間〜
  66,290 文字
貧しき人々の群宮本百合子序にかえてC先生。
貧しき人々の群 宮本百合子
貧しき人々の群宮本百合子序にかえてC先生。
バルザックに対する評価
(1935年)
宮本百合子
1時間〜
  33,043 文字
偉大な作家の生涯の記録とその作品とによって今日までのこされている社会的又芸術的な具体的内容は、...
バルザックに対する評価 宮本百合子
偉大な作家の生涯の記録とその作品とによって今日までのこされている社会的又芸術的な具体的内容は、常に我々にとって尽きぬ興味の源泉であるが、中でも卓越した少数の世界的作家の制作的生涯というものは、後代、文学運動の上に何かの意味で動揺・新たな方向への模索が生じた時期に、必ず改めて究明・再評価の対象として広汎な読者大衆の手にとりあげられるものであると思う。
日記 宮本百合子
1時間〜
  70,426 文字
〔一月予記表〕「黄銅時代」第一完成一月一日(土曜)晴寒昨日夕方の六時頃漸々自分は此丈は間違わず...
日記 宮本百合子
〔一月予記表〕「黄銅時代」第一完成一月一日(土曜)晴寒昨日夕方の六時頃漸々自分は此丈は間違わずにやってしまい度いと思って居た、「黄銅時代」の第一部の初稿を終った。
伸子
(1924年)
宮本百合子
1時間〜
  260,734 文字
伸子は両手を後にまわし、半分明け放した窓枠によりかかりながら室内の光景を眺めていた。
伸子 宮本百合子
伸子は両手を後にまわし、半分明け放した窓枠によりかかりながら室内の光景を眺めていた。
日記 宮本百合子
1時間〜
  93,215 文字
一月一日(土曜)〔書信〕大久保明子〔読書〕私は今日一日何も読まなかった事を恥じる。
日記 宮本百合子
一月一日(土曜)〔書信〕大久保明子〔読書〕私は今日一日何も読まなかった事を恥じる。
獄中への手紙 宮本百合子
1時間〜
  311,889 文字
一月二日〔巣鴨拘置所の顕治宛目白より(封書)〕一月二日第一信さて、あけましておめでとう。
獄中への手紙 宮本百合子
一月二日〔巣鴨拘置所の顕治宛目白より(封書)〕一月二日第一信さて、あけましておめでとう。
つぼみ 宮本百合子
1時間〜
  24,694 文字
処女の死と赤い提灯まだ二十を二つ越したばかりの若い処女が死んだ、弱い体で長い間肺が悪かっただけ...
つぼみ 宮本百合子
処女の死と赤い提灯まだ二十を二つ越したばかりの若い処女が死んだ、弱い体で長い間肺が悪かっただけその短い生涯も清いものだった。
日記 宮本百合子
1時間〜
  25,397 文字
一月一日木夜、一時間。
日記 宮本百合子
一月一日木夜、一時間。
五〇年代の文学とそこにある問題
(1979年)
宮本百合子
1時間〜
  26,370 文字
十二月号の雑誌や新聞には、例年のしきたりで、いくたりかの作家・評論家によって、それぞれの角度か...
五〇年代の文学とそこにある問題 宮本百合子
十二月号の雑誌や新聞には、例年のしきたりで、いくたりかの作家・評論家によって、それぞれの角度から一九四九年の文壇が語られた。
三郎爺
(1918年)
宮本百合子
1時間〜
  27,333 文字
三郎爺宮本百合子今からはもう、六十七八年もの昔まだ嘉永何年といった時分のことである。
三郎爺 宮本百合子
三郎爺宮本百合子今からはもう、六十七八年もの昔まだ嘉永何年といった時分のことである。
雑沓
(1937年)
宮本百合子
1時間〜
  27,632 文字
玄関の大きい硝子戸は自働ベルの音を高く植込みのあたりに響かせながらあいた。
雑沓 宮本百合子
玄関の大きい硝子戸は自働ベルの音を高く植込みのあたりに響かせながらあいた。
スモーリヌイに翻る赤旗
(1931年)
宮本百合子
1時間〜
  28,091 文字
レーニングラードへ夜十一時。
スモーリヌイに翻る赤旗 宮本百合子
レーニングラードへ夜十一時。
一九四六年の文壇
(1947年)
宮本百合子
1時間〜
  28,475 文字
昨年十月から今年の十月まで一年が経ちました。
一九四六年の文壇 宮本百合子
昨年十月から今年の十月まで一年が経ちました。
ソヴェトの芝居
(1931年)
宮本百合子
1時間〜
  28,631 文字
――この頃は、ぼつぼつソヴェト映画が入って来るようだね。
ソヴェトの芝居 宮本百合子
――この頃は、ぼつぼつソヴェト映画が入って来るようだね。
日記 宮本百合子
1時間〜
  28,973 文字
一月七日(木曜)『文芸』に「迷いの末」横光の「厨房日記」批評を送る。
日記 宮本百合子
一月七日(木曜)『文芸』に「迷いの末」横光の「厨房日記」批評を送る。
労働者農民の国家とブルジョア地主の国家
(1932年)
宮本百合子
1時間〜
  29,737 文字
はしがき一、現在のソ同盟の労働者・農民の生活二、ソヴェト同盟の兄弟たちは、どんな闘争を通じて勝...
労働者農民の国家とブルジョア地主の国家 宮本百合子
はしがき一、現在のソ同盟の労働者・農民の生活二、ソヴェト同盟の兄弟たちは、どんな闘争を通じて勝利を得たのか三、ソヴェト同盟の国家体制と日本の国家体制はしがき去る九月十八日、日本、満州国の全土にわたって、支配階級の命令に基いて、「満州事変」一週[#「週」はママ]年記念の祝賀と示威が行われた。
婦人作家
(1951年)
宮本百合子
1時間〜
  30,265 文字
黎明[#「黎明」はゴシック体](一八六〇―一九〇〇)一八六八年、フランス資本主義に後援されてい...
婦人作家 宮本百合子
黎明[#「黎明」はゴシック体](一八六〇―一九〇〇)一八六八年、フランス資本主義に後援されていた徳川幕府の最後の抵抗がやぶれた。
一本の花
(1927年)
宮本百合子
1時間〜
  30,607 文字
表玄関の受附に、人影がなかった。
一本の花 宮本百合子
表玄関の受附に、人影がなかった。
日記 宮本百合子
1時間〜
  30,859 文字
一月一日(金曜)晴昨夜おそいので眠し。
日記 宮本百合子
一月一日(金曜)晴昨夜おそいので眠し。
ソヴェト文壇の現状
(1931年)
宮本百合子
1時間〜
  31,420 文字
――目に見える変化――ソヴェト文壇の空気はこの一二年に、ひどくかわった。
ソヴェト文壇の現状 宮本百合子
――目に見える変化――ソヴェト文壇の空気はこの一二年に、ひどくかわった。
地は饒なり
(1918年)
宮本百合子
1時間〜
  31,656 文字
或る日、ユーラスはいつもの通り楽しそうな足取りで、森から森へ、山から山へと、薄緑色の外袍を軽く...
地は饒なり 宮本百合子
或る日、ユーラスはいつもの通り楽しそうな足取りで、森から森へ、山から山へと、薄緑色の外袍を軽くなびかせながら、さまよっていました。
胚胎 宮本百合子
1時間〜
  31,961 文字
時代中古、A.D. 十一世紀頃――A.D. 1077―A.D. 1095人物グレゴリオ七世ロー...
胚胎 宮本百合子
時代中古、A.D. 十一世紀頃――A.D. 1077―A.D. 1095人物グレゴリオ七世ローマ法王ヘンリー四世ドイツ帝老人ヘンリー四世の守役を勤めた人九十以上の年になって居る。
日記 宮本百合子
1時間〜
  32,552 文字
一月二十九日(木)午前七時四十分急行で、宮、京都、河上肇記念。
日記 宮本百合子
一月二十九日(木)午前七時四十分急行で、宮、京都、河上肇記念。
我に叛く
(1921年)
宮本百合子
1時間〜
  32,629 文字
我に叛く宮本百合子電報を受取ると同時に、ゆき子は、不思議に遽(あわただ)しい心持になってきた。
我に叛く 宮本百合子
我に叛く宮本百合子電報を受取ると同時に、ゆき子は、不思議に遽(あわただ)しい心持になってきた。
C先生への手紙
(1955年)
宮本百合子
1時間〜
  32,871 文字
雑信(第一)C先生――。
C先生への手紙 宮本百合子
雑信(第一)C先生――。
千世子(三)
(1981年)
宮本百合子
1時間〜
  33,121 文字
千世子は大変疲れて居た。
千世子(三) 宮本百合子
千世子は大変疲れて居た。
ロンドン一九二九年
(1930年)
宮本百合子
1時間〜
  33,810 文字
手提鞄の右肩に赤白の円い飛行会社のレベルがはられた。
ロンドン一九二九年 宮本百合子
手提鞄の右肩に赤白の円い飛行会社のレベルがはられた。
日記 宮本百合子
1時間〜
  34,059 文字
一月一日(日曜)起き初め普通の御飯のたべぞめ病院では元日には先生がた出て来る。
日記 宮本百合子
一月一日(日曜)起き初め普通の御飯のたべぞめ病院では元日には先生がた出て来る。
南路
(1922年)
宮本百合子
1時間〜
  35,208 文字
南路宮本百合子シューッ、シューッ、……ギー。
南路 宮本百合子
南路宮本百合子シューッ、シューッ、……ギー。
昭和の十四年間
(1940年)
宮本百合子
1時間〜
  36,746 文字
大正年代は、日本の文学界にもヨーロッパ大戦後の世界を洗いはじめたさまざまの文学的動きを、日本独...
昭和の十四年間 宮本百合子
大正年代は、日本の文学界にもヨーロッパ大戦後の世界を洗いはじめたさまざまの文学的動きを、日本独特の土壤の上に成育させながら、極めて複雑な形で昭和に歩み進んだ。
禰宜様宮田
(1917年)
宮本百合子
1時間〜
  38,755 文字
春になってから沼の水はグッとふえた。
禰宜様宮田 宮本百合子
春になってから沼の水はグッとふえた。
舗道
(1932年)
宮本百合子
1時間〜
  39,464 文字
あっちこっちで帰り支度がはじまった。
舗道 宮本百合子
あっちこっちで帰り支度がはじまった。
赤い貨車
(1928年)
宮本百合子
1時間〜
  39,559 文字
そこは広い野原で、かなたに堤防が見えた。
赤い貨車 宮本百合子
そこは広い野原で、かなたに堤防が見えた。
海流
(1937年)
宮本百合子
1時間〜
  39,610 文字
やっと客間のドアのあく音がして、瑛子がこっちの部屋へ出て来た。
海流 宮本百合子
やっと客間のドアのあく音がして、瑛子がこっちの部屋へ出て来た。
刻々
(1951年)
宮本百合子
1時間〜
  41,030 文字
朝飯がすんで、雑役が監房の前を雑巾がけしている。
刻々 宮本百合子
朝飯がすんで、雑役が監房の前を雑巾がけしている。
日記 宮本百合子
1時間〜
  41,579 文字
一月五日(月曜)山岡にかえって来る。
日記 宮本百合子
一月五日(月曜)山岡にかえって来る。
日記 宮本百合子
1時間〜
  41,682 文字
一月一日今年は好い正月な筈だ――と云うと少し可笑しいが、三十一日までは、何となしにぎやかで、快...
日記 宮本百合子
一月一日今年は好い正月な筈だ――と云うと少し可笑しいが、三十一日までは、何となしにぎやかで、快い正月になりそうな心持がして居た。
栄蔵の死
(1981年)
宮本百合子
1時間〜
  44,270 文字
朝から、おぼつかない日差しがドンヨリ障子にまどろんで居る様な日である。
栄蔵の死 宮本百合子
朝から、おぼつかない日差しがドンヨリ障子にまどろんで居る様な日である。
今日の文学の展望 宮本百合子
1時間〜
  44,572 文字
過去への瞥見今日の日本文学のありようは、極めて複雑である。
今日の文学の展望 宮本百合子
過去への瞥見今日の日本文学のありようは、極めて複雑である。
芽生 宮本百合子
1時間〜
  44,628 文字
鴨青々した草原と葦の生えた沼をしたって男鴨は思わず玉子色の足をつまだてて羽ばたきをした。
芽生 宮本百合子
鴨青々した草原と葦の生えた沼をしたって男鴨は思わず玉子色の足をつまだてて羽ばたきをした。
日記 宮本百合子
1時間〜
  46,745 文字
一月一日火晴朝寒く、午後暖か。
日記 宮本百合子
一月一日火晴朝寒く、午後暖か。
日記 宮本百合子
1時間〜
  47,299 文字
一月六日(木曜)Y、鈴木病院に胃を見て貰いにゆく。
日記 宮本百合子
一月六日(木曜)Y、鈴木病院に胃を見て貰いにゆく。
風知草
(1946年)
宮本百合子
1時間〜
  48,603 文字
大きな実験用テーブルの上には、大小無数の試験管、ガラス棒のつっこまれたままのビーカア。
風知草 宮本百合子
大きな実験用テーブルの上には、大小無数の試験管、ガラス棒のつっこまれたままのビーカア。
農村
(1954年)
宮本百合子
1時間〜
  54,303 文字
冬枯の恐ろしく長い東北の小村は、四国あたりの其れにくらべると幾層倍か、貧しい哀れなものだと云う...
農村 宮本百合子
冬枯の恐ろしく長い東北の小村は、四国あたりの其れにくらべると幾層倍か、貧しい哀れなものだと云う事は其の気候の事を思ってもじき分る事であるが、此の二年ほど、それどころかもっと長い間うるさくつきまとうて居る不作と、それにともなった身を切る様な不景気が此等みじめな村々を今一層はげしい生活難に陥れた。
獄中への手紙 宮本百合子
1時間〜
  54,989 文字
四月十五日今晩は。
獄中への手紙 宮本百合子
四月十五日今晩は。
錦木 宮本百合子
1時間〜
  56,773 文字
京でなうても御はなは咲いた恋の使の春の小雨がたよりもて来てそとさゝやけば花は恥らふてポト笑んだ...
錦木 宮本百合子
京でなうても御はなは咲いた恋の使の春の小雨がたよりもて来てそとさゝやけば花は恥らふてポト笑んだ京でなうても御はなはさいた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。