🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める蘭郁二郎の短編作品

青空文庫で公開されている蘭郁二郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編9作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜9件 / 全9件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気

(1938年)
蘭郁二郎
30分以内
  4,232 文字
毎日毎日、気がくさくさするような霖雨が、灰色の空からまるで小糠のように降り罩(こ)めている梅雨...
蘭郁二郎
毎日毎日、気がくさくさするような霖雨が、灰色の空からまるで小糠のように降り罩(こ)めている梅雨時の夜明けでした。
自殺
(1935年)
蘭郁二郎
30分以内
  5,810 文字
それは何処であったか、ひどく荒涼とした景色であった。
自殺 蘭郁二郎
それは何処であったか、ひどく荒涼とした景色であった。
足の裏
(1935年)
蘭郁二郎
30分以内
  5,968 文字
さて、私がいまお話ししようというお話の主人公は、景岡秀三郎――という景岡浴場の主人なのですが、...
足の裏 蘭郁二郎
さて、私がいまお話ししようというお話の主人公は、景岡秀三郎――という景岡浴場の主人なのですが、その人の色々変ったお話と、それに関連して探偵小説的な一つのトリックといったようなものを御紹介しようと思うのです。
歪んだ夢
(1932年)
蘭郁二郎
30分以内
  6,970 文字
私は、学生時代からの不眠が祟って、つい苦しまぎれに飲みはじめた催眠薬が、いつか習慣的になってし...
歪んだ夢 蘭郁二郎
私は、学生時代からの不眠が祟って、つい苦しまぎれに飲みはじめた催眠薬が、いつか習慣的になってしまったものか、どうしてもそれなしには、一日も過すことが出来なくなってしまったのです。
蝕眠譜
(1935年)
蘭郁二郎
30分以内
  8,638 文字
(一体、どうしたのだろう……)私は、すくなからず、不安になって来た。
蝕眠譜 蘭郁二郎
(一体、どうしたのだろう……)私は、すくなからず、不安になって来た。
鉄路
(1934年)
蘭郁二郎
30分以内
  10,013 文字
下り一〇五列車は、黒く澱(よど)んだ夜の空気を引裂き、眠った風景を地軸から揺り動かして、驀進し...
鉄路 蘭郁二郎
下り一〇五列車は、黒く澱(よど)んだ夜の空気を引裂き、眠った風景を地軸から揺り動かして、驀進して行った。
火星の魔術師
(1941年)
蘭郁二郎
30分以内
  11,028 文字
高原の秋「いい空気だなア――」英二はそういって、小鼻をびくびくさせ、両の手を野球の投手のように...
火星の魔術師 蘭郁二郎
高原の秋「いい空気だなア――」英二はそういって、小鼻をびくびくさせ、両の手を野球の投手のように思い切り振廻した。
魔像
(1936年)
蘭郁二郎
30分以内
  11,808 文字
寺田洵吉は今日も、朝から方々職を探してみたが、何処にもないとわかると、もう毎度のことだったが、...
魔像 蘭郁二郎
寺田洵吉は今日も、朝から方々職を探してみたが、何処にもないとわかると、もう毎度のことだったが、やっぱり、又新たな失望を味って、当もなく歩いている中、知らず知らずに浅草公園に出ているのであった。
睡魔
(1940年)
蘭郁二郎
30分以内
  11,861 文字
「おやっ?彼奴」村田が、ひょっと挙げた眼に、奥のボックスで相当御機嫌らしい男の横顔が、どろんと...
睡魔 蘭郁二郎
「おやっ?彼奴」村田が、ひょっと挙げた眼に、奥のボックスで相当御機嫌らしい男の横顔が、どろんと澱(よど)んだタバコの煙りの向うに映った――、と同時に(彼奴はたしか……)と、思い出したのである。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。