🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

モーリス・ルヴェルの全作品

青空文庫で公開されているモーリス・ルヴェルの全作品5篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜5件 / 全5件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
誰?
(1923年)
モーリス・ルヴェル
30分以内
  5,125 文字
その日、私はかなり遅くまで仕事をやった。
誰? モーリス・ルヴェル
その日、私はかなり遅くまで仕事をやった。
ペルゴレーズ街の殺人事件
(1928年)
モーリス・ルヴェル
30分以内
  6,426 文字
列車は夜闇の中をひた走りに走っていた。
ペルゴレーズ街の殺人事件 モーリス・ルヴェル
列車は夜闇の中をひた走りに走っていた。
ふみたば
(1926年)
モーリス・ルヴェル
10分以内
  3,936 文字
創作家のランジェは、黙って、大きな卓机から一束の手紙を取りだした。
ふみたば モーリス・ルヴェル
創作家のランジェは、黙って、大きな卓机から一束の手紙を取りだした。
或る精神異常者 モーリス・ルヴェル
30分以内
  4,352 文字
彼は意地悪でもなく、といって、残忍酷薄な男でもなかった。
或る精神異常者 モーリス・ルヴェル
彼は意地悪でもなく、といって、残忍酷薄な男でもなかった。
麻酔剤
(1923年)
モーリス・ルヴェル
30分以内
  4,972 文字
「わたしなんか、麻酔剤をかけなければならぬような手術をうけるとしたら、知らないドクトルの手には...
麻酔剤 モーリス・ルヴェル
「わたしなんか、麻酔剤をかけなければならぬような手術をうけるとしたら、知らないドクトルの手にはかかりたくありませんね」と美くしいマダム・シャリニがいいだした。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。