5分以内で読める太宰治の短編作品

青空文庫で公開されている太宰治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編97作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全97件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
ア、秋 太宰 治
5分以内
  1,760 文字
本職の詩人ともなれば、いつどんな注文があるか、わからな...
ア、秋 太宰 治
5分以内
「晩年」に就いて 太宰 治
5分以内
  1,112 文字
「晩年」は、私の最初の小説集なのです。
「晩年」に就いて 太宰 治
5分以内
小説の面白さ 太宰 治
5分以内
  1,098 文字
小説と云うものは、本来、女子供の読むもので、いわゆる利...
小説の面白さ 太宰 治
5分以内
満願 太宰 治
5分以内
  1,634 文字
これは、いまから、四年まえの話である。
満願 太宰 治
5分以内
青森 太宰 治
5分以内
  740 文字
青森には、四年いました。
青森 太宰 治
5分以内
犯人 太宰 治
5分以内
  117 文字
「僕はあなたを愛しています」とブールミンは言った「心か...
犯人 太宰 治
5分以内
徒党について 太宰 治
5分以内
  1,285 文字
徒党は、政治である。
徒党について 太宰 治
5分以内
「グッド・バイ」作者の言葉 太宰 治
5分以内
  218 文字
唐詩選の五言絶句の中に、人生足別離の一句があり、私の或...
「グッド・バイ」作者の言葉 太宰 治
5分以内
一問一答 太宰 治
5分以内
  1,226 文字
「何か、最近の、御感想を聞かせて下さい。
一問一答 太宰 治
5分以内
「晩年」と「女生徒」 太宰 治
5分以内
  850 文字
「晩年」も品切になったようだし「女生徒」も同様、売り切...
「晩年」と「女生徒」 太宰 治
5分以内
田舎者 太宰 治
5分以内
  134 文字
私は、青森県北津軽郡というところで、生れました。
田舎者 太宰 治
5分以内
新しい形の個人主義 太宰 治
5分以内
  184 文字
所謂社会主義の世の中になるのは、それは当り前の事と思わ...
新しい形の個人主義 太宰 治
5分以内
わが愛好する言葉 太宰 治
5分以内
  126 文字
どうも、みんな、佳い言葉を使い過ぎます。
わが愛好する言葉 太宰 治
5分以内
ラロシフコー 太宰 治
5分以内
  1,255 文字
その高橋五郎といふ人は、他にどんな仕事をした人か、私は...
ラロシフコー 太宰 治
5分以内
青森 太宰 治
5分以内
  739 文字
青森には、四年ゐました。
青森 太宰 治
5分以内
悶悶日記 太宰 治
5分以内
  1,870 文字
月日。
悶悶日記 太宰 治
5分以内
或る忠告 太宰 治
5分以内
  920 文字
「その作家の日常の生活が、そのまま作品にもあらわれて居...
或る忠告 太宰 治
5分以内
織田君の死 太宰 治
5分以内
  790 文字
織田君は死ぬ気でいたのである。
織田君の死 太宰 治
5分以内
『富嶽百景』序 太宰 治
5分以内
  497 文字
所收――「富嶽百景」「女生徒」「滿願」「駈込み訴へ」「...
『富嶽百景』序 太宰 治
5分以内
太宰 治
5分以内
  859 文字
東京の三鷹の家にいた頃は、毎日のように近所に爆弾が落ち...
太宰 治
5分以内
横綱 太宰 治
5分以内
  476 文字
二、三年前の、都新聞の正月版に、私は横綱男女ノ川に就い...
横綱 太宰 治
5分以内
容貌 太宰 治
5分以内
  770 文字
私の顏は、このごろまた、ひとまはり大きくなつたやうである。
容貌 太宰 治
5分以内
「人間キリスト記」その他 太宰 治
5分以内
  1,489 文字
山岸外史氏の「人間キリスト記」を、もつと、たくさんの人...
「人間キリスト記」その他 太宰 治
5分以内
無趣味 太宰 治
5分以内
  391 文字
この、三鷹の奧に移り住んだのは、昨年の九月一日である。
無趣味 太宰 治
5分以内
六月十九日 太宰 治
5分以内
  713 文字
なんの用意も無しに原稿用紙にむかつた。
六月十九日 太宰 治
5分以内
『東京八景』あとがき 太宰 治
5分以内
  420 文字
所收――「東京八景」「HUMAN LOST」「きりぎり...
『東京八景』あとがき 太宰 治
5分以内
貪婪禍 太宰 治
5分以内
  1,916 文字
七月三日から南伊豆の或る山村に來てゐるのだが、勿論ここ...
貪婪禍 太宰 治
5分以内
文盲自嘲 太宰 治
5分以内
  928 文字
先夜、音樂學校の古川といふ人が、お見えになり、その御持...
文盲自嘲 太宰 治
5分以内
政治家と家庭 太宰 治
5分以内
  536 文字
頭の禿げた善良そうな記者君が何度も来て、書け書け、と頭...
政治家と家庭 太宰 治
5分以内
黒石の人たち 太宰 治
5分以内
  1,006 文字
津輕に疎開中、黒石町にいちど遊びに行つた事があります。
黒石の人たち 太宰 治
5分以内
男女川と羽左衛門 太宰 治
5分以内
  888 文字
横綱、男女川が、私の家の近くに住んでいる。
男女川と羽左衛門 太宰 治
5分以内
一歩前進二歩退却 太宰 治
5分以内
  1,063 文字
日本だけではないようである。
一歩前進二歩退却 太宰 治
5分以内
かくめい 太宰 治
5分以内
  148 文字
じぶんで、したことは、そのように、はっきり言わなければ...
かくめい 太宰 治
5分以内
『ろまん灯籠』序 太宰 治
5分以内
  107 文字
所收――「懶惰の歌留多」「古典風」「ろまん燈籠」「貨幣...
『ろまん灯籠』序 太宰 治
5分以内
『女神』あとがき 太宰 治
5分以内
  175 文字
所收――「美少女」「春の盜賊」「誰も知らぬ」「善藏を思...
『女神』あとがき 太宰 治
5分以内
小志 太宰 治
5分以内
  230 文字
イエスが十字架につけられて、そのとき脱ぎ捨て給いし真白...
小志 太宰 治
5分以内
『女性』あとがき 太宰 治
5分以内
  297 文字
所收――「十二月八日」「女生徒」「葉櫻と魔笛」「きりぎ...
『女性』あとがき 太宰 治
5分以内
『姥捨』あとがき 太宰 治
5分以内
  298 文字
所收――「葉」「列車」「I can speak」「姥捨...
『姥捨』あとがき 太宰 治
5分以内
檀君の近業について 太宰 治
5分以内
  331 文字
檀君の仕事の性格は、あまり人々に通じてゐない。
檀君の近業について 太宰 治
5分以内
魚服記に就て 太宰 治
5分以内
  338 文字
魚服記といふのは支那の古い書物にをさめられてゐる短かい...
魚服記に就て 太宰 治
5分以内
『風の便り』あとがき 太宰 治
5分以内
  349 文字
所收――「風の便り」「新郎」「誰」「畜犬談」「鴎」「猿...
『風の便り』あとがき 太宰 治
5分以内
『パンドラの匣』あとがき 太宰 治
5分以内
  361 文字
この小説は、終戰後に仙臺の河北新報社から出版せられたも...
『パンドラの匣』あとがき 太宰 治
5分以内
無趣味 太宰 治
5分以内
  391 文字
この、三鷹の奥に移り住んだのは、昨年の九月一日である。
無趣味 太宰 治
5分以内
「地球図」序 太宰 治
5分以内
  438 文字
「新潮」編輯者楢崎勤氏、私に命ずるに、「ちかごろ何か感...
「地球図」序 太宰 治
5分以内
横綱 太宰 治
5分以内
  478 文字
二、三年前の、都新聞の正月版に、私は横綱男女ノ川に就い...
横綱 太宰 治
5分以内
『猿面冠者』あとがき 太宰 治
5分以内
  496 文字
所收――「猿面冠者」「ダス・ゲマイネ」「二十世紀旗手」...
『猿面冠者』あとがき 太宰 治
5分以内
無題 太宰 治
5分以内
  503 文字
大井広介というのは、実にわがままな人である。
無題 太宰 治
5分以内
無題 太宰 治
5分以内
  503 文字
大井廣介といふのは、實にわがままな人である。
無題 太宰 治
5分以内
春夫と旅行できなかつた話 太宰 治
5分以内
  504 文字
一社會人として、こゝに一文を草しなければかなはぬ義務を...
春夫と旅行できなかつた話 太宰 治
5分以内
私の著作集 太宰 治
5分以内
  520 文字
最初の創作集は「晩年」でした。
私の著作集 太宰 治
5分以内