パンドラの匣
太宰 治

『パンドラの匣』は太宰治の長編作品。92,273文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  92,273 文字
人気   61,282 PV
書き出し 作者の言葉この小説は、「健康道場」と称する或る療養所で病いと闘っている二十歳の男の子から、その親友に宛てた手紙の形式になっている。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む