60分以内で読める太宰治の中編作品

青空文庫で公開されている太宰治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編44作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜44件 / 全44件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間
人気
駈込み訴え 太宰 治
60分以内
  14,328 文字
申し上げます。
駈込み訴え 太宰 治
60分以内
ヴィヨンの妻 太宰 治
60分以内
  21,683 文字
あわただしく、玄関をあける音が聞えて、私はその音で、眼...
ヴィヨンの妻 太宰 治
60分以内
富嶽百景 太宰 治
60分以内
  16,183 文字
富士の頂角、広重の富士は八十五度、文晁の富士も八十四度...
富嶽百景 太宰 治
60分以内
グッド・バイ 太宰 治
60分以内
  16,692 文字
変心文壇の、或る老大家が亡くなって、その告別式の終り頃...
グッド・バイ 太宰 治
60分以内
トカトントン 太宰 治
60分以内
  13,542 文字
拝啓。
トカトントン 太宰 治
60分以内
きりぎりす 太宰 治
60分以内
  13,284 文字
おわかれ致します。
きりぎりす 太宰 治
60分以内
ダス・ゲマイネ 太宰 治
60分以内
  22,804 文字
幻燈当時、私には一日一日が晩年であった。
ダス・ゲマイネ 太宰 治
60分以内
二十世紀旗手 太宰 治
60分以内
  14,821 文字
序唱神の焔の苛烈を知れ苦悩たかきが故に尊からず。
二十世紀旗手 太宰 治
60分以内
愛と美について 太宰 治
60分以内
  13,344 文字
兄妹、五人あって、みんなロマンスが好きだった。
愛と美について 太宰 治
60分以内
姥捨 太宰 治
60分以内
  15,283 文字
そのとき、「いいの。
姥捨 太宰 治
60分以内
東京八景 太宰 治
60分以内
  22,607 文字
伊豆の南、温泉が湧き出ているというだけで、他には何一つ...
東京八景 太宰 治
60分以内
皮膚と心 太宰 治
60分以内
  16,709 文字
ぷつッと、ひとつ小豆粒に似た吹出物が、左の乳房の下に見...
皮膚と心 太宰 治
60分以内
畜犬談 太宰 治
60分以内
  13,003 文字
私は、犬については自信がある。
畜犬談 太宰 治
60分以内
水仙 太宰 治
60分以内
  12,538 文字
「忠直卿行状記」という小説を読んだのは、僕が十三か、四...
水仙 太宰 治
60分以内
ロマネスク 太宰 治
60分以内
  20,155 文字
仙術太郎むかし津軽の国、神梛木村に鍬形惣助という庄屋がいた。
ロマネスク 太宰 治
60分以内
HUMAN LOST 太宰 治
60分以内
  13,609 文字
思いは、ひとつ、窓前花。
HUMAN LOST 太宰 治
60分以内
善蔵を思う 太宰 治
60分以内
  15,095 文字
――はっきり言ってごらん。
善蔵を思う 太宰 治
60分以内
十五年間 太宰 治
60分以内
  19,813 文字
れいの戦災をこうむり、自分ひとりなら、またべつだが、五...
十五年間 太宰 治
60分以内
男女同権 太宰 治
60分以内
  17,093 文字
これは十年ほど前から単身都落ちして、或る片田舎に定住し...
男女同権 太宰 治
60分以内
陰火 太宰 治
60分以内
  14,743 文字
誕生二十五の春、そのひしがたの由緒ありげな學帽を、たく...
陰火 太宰 治
60分以内
帰去来 太宰 治
60分以内
  16,717 文字
人の世話にばかりなって来ました。
帰去来 太宰 治
60分以内
もの思う葦 太宰 治
60分以内
  22,620 文字
はしがきもの思う葦という題名にて、日本浪曼派の機関雑誌...
もの思う葦 太宰 治
60分以内
佐渡 太宰 治
60分以内
  12,577 文字
おけさ丸。
佐渡 太宰 治
60分以内
太宰 治
60分以内
  12,425 文字
鴎というのは、あいつは、唖の鳥なんだってね、と言うと、...
太宰 治
60分以内
盲人独笑 太宰 治
60分以内
  12,276 文字
よる。
盲人独笑 太宰 治
60分以内
千代女 太宰 治
60分以内
  12,411 文字
女は、やっぱり、駄目なものなのね。
千代女 太宰 治
60分以内
逆行 太宰 治
60分以内
  12,837 文字
蝶蝶老人ではなかつた。
逆行 太宰 治
60分以内
逆行 太宰 治
60分以内
  12,839 文字
蝶蝶老人ではなかった。
逆行 太宰 治
60分以内
服装に就いて 太宰 治
60分以内
  12,888 文字
ほんの一時ひそかに凝った事がある。
服装に就いて 太宰 治
60分以内
創生記 太宰 治
60分以内
  12,996 文字
――愛ハ惜シミナク奪ウ。
創生記 太宰 治
60分以内
断崖の錯覚 黒木 舜平
60分以内
  13,861 文字
その頃の私は、大作家になりたくて、大作家になるためには...
断崖の錯覚 黒木 舜平
60分以内
懶惰の歌留多 太宰 治
60分以内
  13,919 文字
私の数ある悪徳の中で、最も顕著の悪徳は、怠惰である。
懶惰の歌留多 太宰 治
60分以内
黄村先生言行録 太宰 治
60分以内
  14,556 文字
(はじめに、黄村先生が山椒魚に凝って大損をした話をお知...
黄村先生言行録 太宰 治
60分以内
八十八夜 太宰 治
60分以内
  14,895 文字
諦めよ、わが心、獣の眠りを眠れかし。
八十八夜 太宰 治
60分以内
新樹の言葉 太宰 治
60分以内
  15,747 文字
甲府は盆地である。
新樹の言葉 太宰 治
60分以内
親友交歓 太宰 治
60分以内
  15,782 文字
昭和二十一年の九月のはじめに、私は、或る男の訪問を受けた。
親友交歓 太宰 治
60分以内
花火 太宰 治
60分以内
  15,793 文字
昭和のはじめ、東京の一家庭に起った異常な事件である。
花火 太宰 治
60分以内
猿面冠者 太宰 治
60分以内
  16,031 文字
どんな小説を讀ませても、はじめの二三行をはしり讀みした...
猿面冠者 太宰 治
60分以内
猿面冠者 太宰 治
60分以内
  16,039 文字
どんな小説を読ませても、はじめの二三行をはしり読みした...
猿面冠者 太宰 治
60分以内
佳日 太宰 治
60分以内
  16,086 文字
これは、いま、大日本帝国の自存自衛のため、内地から遠く...
佳日 太宰 治
60分以内
狂言の神 太宰 治
60分以内
  16,448 文字
なんじら断食するとき、かの偽善者のごとく悲しき面容をすな。
狂言の神 太宰 治
60分以内
花吹雪 太宰 治
60分以内
  18,051 文字
花吹雪という言葉と同時に、思い出すのは勿来の関である。
花吹雪 太宰 治
60分以内
花燭 太宰 治
60分以内
  19,887 文字
祝言の夜ふけ、新郎と新婦が将来のことを語り合っていたら...
花燭 太宰 治
60分以内
ダス・ゲマイネ 太宰 治
60分以内
  22,866 文字
幻燈當時、私には一日一日が晩年であつた。
ダス・ゲマイネ 太宰 治
60分以内