ヴィヨンの妻
太宰 治

『ヴィヨンの妻』は太宰治の中編作品。21,683文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  21,683 文字
人気   186,165 PV
書き出し あわただしく、玄関をあける音が聞えて、私はその音で、眼をさましましたが、それは泥酔の夫の、深夜の帰宅にきまっているのでございますから、そのまま黙って寝ていました。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む