富嶽百景
太宰 治

『富嶽百景』は太宰治の中編作品。16,183文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  16,183 文字
人気   127,342 PV
書き出し 富士の頂角、広重の富士は八十五度、文晁の富士も八十四度くらゐ、けれども、陸軍の実測図によつて東西及南北に断面図を作つてみると、東西縦断は頂角、百二十四度となり、南北は百十七度である。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む