太宰 治

『嘘』は太宰治の短編作品。8,851文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  8,851 文字
人気   4,838 PV
書き出し 「戦争が終ったら、こんどはまた急に何々主義だの、何々主義だの、あさましく騒ぎまわって、演説なんかしているけれども、私は何一つ信用できない気持です。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

太宰 治 の人気作品



短編(30分以内)の人気作品