黄金風景
太宰 治

『黄金風景』は太宰治の短編作品。3,176文字で、おおよそ10分以内で読むことができます。

文字数
10分以内
  3,176 文字
人気   26,515 PV
書き出し 海の岸辺に緑なす樫の木、その樫の木に黄金の細き鎖のむすばれて―プウシキン―私は子供のときには、余り質のいい方ではなかった。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

太宰 治 の人気作品



短編(10分以内)の人気作品