🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

黒島伝治の全作品

青空文庫で公開されている黒島伝治の全作品39篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜39件 / 全39件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
二銭銅貨 黒島伝治
10分以内
  3,460 文字
独楽が流行っている時分だった。
二銭銅貨 黒島伝治
独楽が流行っている時分だった。
四季とその折々 黒島伝治
5分以内
  890 文字
小豆島にいて、たまに高松へ行くと気分の転換があって、胸がすツとする。
四季とその折々 黒島伝治
小豆島にいて、たまに高松へ行くと気分の転換があって、胸がすツとする。
自伝 黒島伝治
5分以内
  1,300 文字
明治三十一年十二月十二日、香川県小豆郡苗羽村に生れた。
自伝 黒島伝治
明治三十一年十二月十二日、香川県小豆郡苗羽村に生れた。
名勝地帯
(1932年)
黒島伝治
5分以内
  1,509 文字
そこは、南に富士山を背負い、北に湖水をひかえた名勝地帯だった。
名勝地帯 黒島伝治
そこは、南に富士山を背負い、北に湖水をひかえた名勝地帯だった。
戦争について 黒島伝治
5分以内
  1,522 文字
ここでは、遠くから戦争を見た場合、或は戦争を上から見下した場合は別とする。
戦争について 黒島伝治
ここでは、遠くから戦争を見た場合、或は戦争を上から見下した場合は別とする。
愛読した本と作家から 黒島伝治
5分以内
  1,527 文字
いろ/\なものを読んで忘れ、また、読んで忘れ、しょっちゅう、それを繰りかえして、自分の身につい...
愛読した本と作家から 黒島伝治
いろ/\なものを読んで忘れ、また、読んで忘れ、しょっちゅう、それを繰りかえして、自分の身についたものは、その中の、何十分の一にしかあたらない。
チチハルまで
(1932年)
黒島伝治
5分以内
  1,545 文字
十一月に入ると、北満は、大地が凍結を始める。
チチハルまで 黒島伝治
十一月に入ると、北満は、大地が凍結を始める。
田舎から東京を見る 黒島伝治
5分以内
  1,573 文字
田舎から東京をみるという題をつけたが本当をいうと、田舎に長く住んでいると東京のことは殆ど分らない。
田舎から東京を見る 黒島伝治
田舎から東京をみるという題をつけたが本当をいうと、田舎に長く住んでいると東京のことは殆ど分らない。
防備隊 黒島伝治
5分以内
  1,692 文字
九月二十五日――撫順今度の事変で、君は、俺の一家がどうなったか、早速手紙を呉れた。
防備隊 黒島伝治
九月二十五日――撫順今度の事変で、君は、俺の一家がどうなったか、早速手紙を呉れた。
小豆島 黒島伝治
5分以内
  1,766 文字
用事があって、急に小豆島へ帰った。
小豆島 黒島伝治
用事があって、急に小豆島へ帰った。
短命長命 黒島伝治
10分以内
  2,274 文字
ある薄ら曇りの日、ぶらぶら隣村へ歩いた。
短命長命 黒島伝治
ある薄ら曇りの日、ぶらぶら隣村へ歩いた。
自画像 黒島伝治
10分以内
  2,336 文字
なか/\取ッつきの悪い男である。
自画像 黒島伝治
なか/\取ッつきの悪い男である。
海賊と遍路 黒島伝治
10分以内
  2,404 文字
私の郷里、小豆島にも、昔、瀬戸内海の海賊がいたらしい。
海賊と遍路 黒島伝治
私の郷里、小豆島にも、昔、瀬戸内海の海賊がいたらしい。
入営前後 黒島伝治
10分以内
  2,675 文字
丁度九年になる。
入営前後 黒島伝治
丁度九年になる。
選挙漫談 黒島伝治
10分以内
  2,967 文字
投票を売る投票値段は、一票につき、最低五十銭から、一円、二円、三円と、上って、まず、五円から、...
選挙漫談 黒島伝治
投票を売る投票値段は、一票につき、最低五十銭から、一円、二円、三円と、上って、まず、五円から、十円どまり位いだ。
鍬と鎌の五月 黒島伝治
10分以内
  3,321 文字
農民の五月祭を書けという話である。
鍬と鎌の五月 黒島伝治
農民の五月祭を書けという話である。
外米と農民 黒島伝治
10分以内
  3,654 文字
隣家のS女は、彼女の生れた昨年の旱魃にも深い貯水池のおかげで例年のように収穫があった村へ、お米...
外米と農民 黒島伝治
隣家のS女は、彼女の生れた昨年の旱魃にも深い貯水池のおかげで例年のように収穫があった村へ、お米の買出しに出かけた。
入営する青年たちは何をなすべきか 黒島伝治
10分以内
  3,869 文字
全国の都市や農村から、約二十万の勤労青年たちが徴兵に取られて、兵営の門をくゞる日だ。
入営する青年たちは何をなすべきか 黒島伝治
全国の都市や農村から、約二十万の勤労青年たちが徴兵に取られて、兵営の門をくゞる日だ。
農民文学の問題 黒島伝治
30分以内
  4,019 文字
農民文学に対する、プロレタリア文学運動の陣営内における関心は、最近、次第にたかまってきている。
農民文学の問題 黒島伝治
農民文学に対する、プロレタリア文学運動の陣営内における関心は、最近、次第にたかまってきている。
砂糖泥棒
(1923年)
黒島伝治
30分以内
  4,684 文字
与助の妻は産褥についていた。
砂糖泥棒 黒島伝治
与助の妻は産褥についていた。
まかないの棒
(1923年)
黒島伝治
30分以内
  5,152 文字
京一が醤油醸造場へ働きにやられたのは、十六の暮れだった。
まかないの棒 黒島伝治
京一が醤油醸造場へ働きにやられたのは、十六の暮れだった。
「紋」 黒島伝治
30分以内
  5,315 文字
「紋」黒島伝治古い木綿布で眼隠しをした猫を手籠から出すとばあさんは、「紋よ、われゃ、どこぞで飯...
「紋」 黒島伝治
「紋」黒島伝治古い木綿布で眼隠しをした猫を手籠から出すとばあさんは、「紋よ、われゃ、どこぞで飯を貰うて食うて行け」と子供に云いきかせるように云った。
電報 黒島伝治
30分以内
  7,132 文字
源作の息子が市の中学校の入学試験を受けに行っているという噂が、村中にひろまった。
電報 黒島伝治
源作の息子が市の中学校の入学試験を受けに行っているという噂が、村中にひろまった。
豚群 黒島伝治
30分以内
  8,125 文字
牝豚は、紅く爛(ただ)れた腹を汚れた床板の上に引きずりながら息苦しそうにのろのろ歩いていた。
豚群 黒島伝治
牝豚は、紅く爛(ただ)れた腹を汚れた床板の上に引きずりながら息苦しそうにのろのろ歩いていた。
前哨 黒島伝治
30分以内
  9,897 文字
豚毛の黒い豚の群が、ゴミの溜った沼地を剛い鼻の先で掘りかえしていた。
前哨 黒島伝治
豚毛の黒い豚の群が、ゴミの溜った沼地を剛い鼻の先で掘りかえしていた。
窃む女
(1923年)
黒島伝治
30分以内
  9,991 文字
子供が一人ぐらいの時はまだいゝが、二人三人となると、育てるのがなかなか容易でない。
窃む女 黒島伝治
子供が一人ぐらいの時はまだいゝが、二人三人となると、育てるのがなかなか容易でない。
雪のシベリア
(1927年)
黒島伝治
30分以内
  10,517 文字
内地へ帰還する同年兵達を見送って、停車場から帰って来ると、二人は兵舎の寝台に横たわって、久しく...
雪のシベリア 黒島伝治
内地へ帰還する同年兵達を見送って、停車場から帰って来ると、二人は兵舎の寝台に横たわって、久しくものを言わずに溜息をついていた。
国境
(1931年)
黒島伝治
30分以内
  11,655 文字
ブラゴウエシチェンスクと黒河を距てる黒竜江は、海ばかり眺めて、育った日本人には馬関と門司の間の...
国境 黒島伝治
ブラゴウエシチェンスクと黒河を距てる黒竜江は、海ばかり眺めて、育った日本人には馬関と門司の間の海峡を見るような感じがした。
明治の戦争文学
(1932年)
黒島伝治
60分以内
  12,675 文字
第一章序、戦争と明治の諸作家明治維新の変革以後、日本資本主義は、その軍事的であることを、最も大...
明治の戦争文学 黒島伝治
第一章序、戦争と明治の諸作家明治維新の変革以後、日本資本主義は、その軍事的であることを、最も大きな特色の一つとしながら発展した。

(1928年)
黒島伝治
60分以内
  12,801 文字
彼の出した五円札が贋造紙幣だった。
黒島伝治
彼の出した五円札が贋造紙幣だった。
黒島伝治
60分以内
  13,454 文字
鼻が凍てつくような寒い風が吹きぬけて行った。
黒島伝治
鼻が凍てつくような寒い風が吹きぬけて行った。
老夫婦
(1925年)
黒島伝治
60分以内
  14,668 文字
為吉とおしかとが待ちに待っていた四カ年がたった。
老夫婦 黒島伝治
為吉とおしかとが待ちに待っていた四カ年がたった。
反戦文学論 黒島伝治
60分以内
  14,847 文字
一、反戦文学の階級性戦争には、いろ/\な種類がある。
反戦文学論 黒島伝治
一、反戦文学の階級性戦争には、いろ/\な種類がある。
浮動する地価 黒島伝治
60分以内
  15,859 文字
ぽか/\暖かくなりかけた五月の山は、無気味で油断がならない。
浮動する地価 黒島伝治
ぽか/\暖かくなりかけた五月の山は、無気味で油断がならない。
パルチザン・ウォルコフ 黒島伝治
60分以内
  17,508 文字
牛乳色の靄(もや)が山の麓へ流れ集りだした。
パルチザン・ウォルコフ 黒島伝治
牛乳色の靄(もや)が山の麓へ流れ集りだした。
土鼠と落盤 黒島伝治
60分以内
  20,064 文字
くすれたような鉱山の長屋が、C川の両側に、細長く、幾すじも這っている。
土鼠と落盤 黒島伝治
くすれたような鉱山の長屋が、C川の両側に、細長く、幾すじも這っている。
渦巻ける烏の群 黒島伝治
60分以内
  20,272 文字
「アナタア、ザンパン、頂だい。
渦巻ける烏の群 黒島伝治
「アナタア、ザンパン、頂だい。
氷河
(1928年)
黒島伝治
60分以内
  23,439 文字
市街の南端の崖の下に、黒龍江が遥かに凍結していた。
氷河 黒島伝治
市街の南端の崖の下に、黒龍江が遥かに凍結していた。
武装せる市街 黒島伝治
1時間〜
  130,555 文字
五六台の一輪車が追手に帆をあげた。
武装せる市街 黒島伝治
五六台の一輪車が追手に帆をあげた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。