60分以内で読める黒島伝治の中編作品

青空文庫で公開されている黒島伝治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編作品9篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全9件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
明治の戦争文学黒島伝治
60分以内
  12,129文字
明治維新の変革以後、日本資本主義は、その軍事的であることを、…
明治の戦争文学黒島伝治
60分以内
黒島伝治
60分以内
  12,346文字
鼻が凍(い)てつくような寒い風が吹きぬけて行った。
黒島伝治
60分以内
パルチザン・ウォルコフ黒島伝治
60分以内
  16,286文字
牛乳色(ちちいろ)の靄(もや)が山の麓(ふもと)へ流れ集りだ…
パルチザン・ウォルコフ黒島伝治
60分以内
浮動する地価黒島伝治
60分以内
  14,587文字
ぽか/\暖かくなりかけた五月の山は、無気味で油断がならない。
浮動する地価黒島伝治
60分以内
反戦文学論黒島伝治
60分以内
  13,921文字
戦争には、いろ/\な種類がある。
反戦文学論黒島伝治
60分以内
土鼠と落盤黒島伝治
60分以内
  18,531文字
くすれたような鉱山(やま)の長屋が、C川の両側に、細長く、幾…
土鼠と落盤黒島伝治
60分以内
老夫婦黒島伝治
60分以内
  13,447文字
為吉とおしかとが待ちに待っていた四カ年がたった。
老夫婦黒島伝治
60分以内
氷河黒島伝治
60分以内
  21,467文字
市街の南端の崖の下に、黒龍江が遥かに凍結していた。
氷河黒島伝治
60分以内
渦巻ける烏の群黒島伝治
60分以内
  18,481文字
「アナタア、ザンパン、頂だい。
渦巻ける烏の群黒島伝治
60分以内