【お知らせ】「ゾラサーチ」は、2020年4月1日より「ブンゴウサーチ」に名称変更いたしました!

30分以内で読める黒島伝治の短編作品

青空文庫で公開されている黒島伝治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編10作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜10件 / 全10件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
農民文学の問題 黒島伝治
30分以内
  4,019 文字
農民文学に対する、プロレタリア文学運動の陣営内における関心は、最近、次第にたかまってきている。
農民文学の問題 黒島伝治
30分以内
農民文学に対する、プロレタリア文学運動の陣営内における関心は、最近、次第にたかまってきている。
砂糖泥棒 黒島伝治
30分以内
  4,684 文字
与助の妻は産褥についていた。
砂糖泥棒 黒島伝治
30分以内
与助の妻は産褥についていた。
まかないの棒 黒島伝治
30分以内
  5,152 文字
京一が醤油醸造場へ働きにやられたのは、十六の暮れだった。
まかないの棒 黒島伝治
30分以内
京一が醤油醸造場へ働きにやられたのは、十六の暮れだった。
「紋」 黒島伝治
30分以内
  5,315 文字
「紋」黒島伝治古い木綿布で眼隠しをした猫を手籠から出すとばあさんは、「紋よ、われゃ、どこぞで飯...
「紋」 黒島伝治
30分以内
「紋」黒島伝治古い木綿布で眼隠しをした猫を手籠から出すとばあさんは、「紋よ、われゃ、どこぞで飯を貰うて食うて行け」と子供に云いきかせるように云った。
電報 黒島伝治
30分以内
  7,132 文字
源作の息子が市の中学校の入学試験を受けに行っているという噂が、村中にひろまった。
電報 黒島伝治
30分以内
源作の息子が市の中学校の入学試験を受けに行っているという噂が、村中にひろまった。
豚群 黒島伝治
30分以内
  8,125 文字
牝豚は、紅く爛(ただ)れた腹を汚れた床板の上に引きずりながら息苦しそうにのろのろ歩いていた。
豚群 黒島伝治
30分以内
牝豚は、紅く爛(ただ)れた腹を汚れた床板の上に引きずりながら息苦しそうにのろのろ歩いていた。
前哨 黒島伝治
30分以内
  9,897 文字
豚毛の黒い豚の群が、ゴミの溜った沼地を剛い鼻の先で掘りかえしていた。
前哨 黒島伝治
30分以内
豚毛の黒い豚の群が、ゴミの溜った沼地を剛い鼻の先で掘りかえしていた。
窃む女 黒島伝治
30分以内
  9,991 文字
子供が一人ぐらいの時はまだいゝが、二人三人となると、育てるのがなかなか容易でない。
窃む女 黒島伝治
30分以内
子供が一人ぐらいの時はまだいゝが、二人三人となると、育てるのがなかなか容易でない。
雪のシベリア 黒島伝治
30分以内
  10,517 文字
内地へ帰還する同年兵達を見送って、停車場から帰って来ると、二人は兵舎の寝台に横たわって、久しく...
雪のシベリア 黒島伝治
30分以内
内地へ帰還する同年兵達を見送って、停車場から帰って来ると、二人は兵舎の寝台に横たわって、久しくものを言わずに溜息をついていた。
国境 黒島伝治
30分以内
  11,655 文字
ブラゴウエシチェンスクと黒河を距てる黒竜江は、海ばかり眺めて、育った日本人には馬関と門司の間の...
国境 黒島伝治
30分以内
ブラゴウエシチェンスクと黒河を距てる黒竜江は、海ばかり眺めて、育った日本人には馬関と門司の間の海峡を見るような感じがした。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。