30分以内で読める黒島伝治の短編作品

青空文庫で公開されている黒島伝治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品10篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全10件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
国境黒島伝治
30分以内
  10,936文字
ブラゴウエシチェンスクと黒河を距(へだ)てる黒竜江は、海ばか…
国境黒島伝治
30分以内
「紋」黒島伝治
30分以内
  5,326文字
「紋」黒島伝治古い木綿布で眼隠しをした猫を手籠から出すとば…
「紋」黒島伝治
30分以内
前哨黒島伝治
30分以内
  9,074文字
毛の黒い豚の群が、ゴミの溜った沼地を剛い鼻の先で掘りかえして…
前哨黒島伝治
30分以内
電報黒島伝治
30分以内
  7,113文字
源作の息子が市の中学校の入学試験を受けに行っているという噂が…
電報黒島伝治
30分以内
砂糖泥棒黒島伝治
30分以内
  4,319文字
与助の妻は産褥についていた。
砂糖泥棒黒島伝治
30分以内
窃む女黒島伝治
30分以内
  9,203文字
子供が一人ぐらいの時はまだいゝが、二人三人となると、育てるの…
窃む女黒島伝治
30分以内
まかないの棒黒島伝治
30分以内
  4,729文字
京一が醤油醸造場へ働きにやられたのは、十六の暮れだった。
まかないの棒黒島伝治
30分以内
雪のシベリア黒島伝治
30分以内
  9,807文字
内地へ帰還する同年兵達を見送って、停車場(ていしゃば)から帰…
雪のシベリア黒島伝治
30分以内
黒島伝治
30分以内
  11,671文字
彼の出した五円札が贋造紙幣だった。
黒島伝治
30分以内
豚群黒島伝治
30分以内
  7,467文字
牝豚(めぶた)は、紅く爛(ただ)れた腹を汚れた床板の上に引き…
豚群黒島伝治
30分以内