10分以内で読める黒島伝治の短編作品

青空文庫で公開されている黒島伝治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編9作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜9件 / 全9件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
短命長命 黒島 伝治
10分以内
  2,294 文字
ある薄ら曇りの日、ぶらぶら隣村へ歩いた。
短命長命 黒島 伝治
10分以内
自画像 黒島 伝治
10分以内
  2,358 文字
なか/\取ッつきの悪い男である。
自画像 黒島 伝治
10分以内
海賊と遍路 黒島 伝治
10分以内
  2,421 文字
私の郷里、小豆島にも、昔、瀬戸内海の海賊がいたらしい。
海賊と遍路 黒島 伝治
10分以内
入営前後 黒島 伝治
10分以内
  2,691 文字
丁度九年になる。
入営前後 黒島 伝治
10分以内
選挙漫談 黒島 伝治
10分以内
  2,981 文字
投票を売る投票値段は、一票につき、最低五十銭から、一円...
選挙漫談 黒島 伝治
10分以内
鍬と鎌の五月 黒島 伝治
10分以内
  3,317 文字
農民の五月祭を書けという話である。
鍬と鎌の五月 黒島 伝治
10分以内
二銭銅貨 黒島 伝治
10分以内
  3,472 文字
独楽が流行っている時分だった。
二銭銅貨 黒島 伝治
10分以内
外米と農民 黒島 伝治
10分以内
  3,669 文字
隣家のS女は、彼女の生れた昨年の旱魃にも深い貯水池のお...
外米と農民 黒島 伝治
10分以内
入営する青年たちは何をなすべきか 黒島 伝治
10分以内
  3,876 文字
全国の都市や農村から、約二十万の勤労青年たちが徴兵に取...
入営する青年たちは何をなすべきか 黒島 伝治
10分以内