30分以内で読める国木田独歩の短編作品

青空文庫で公開されている国木田独歩の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品27篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全27件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
忘れえぬ人々国木田独歩
30分以内
  11,185文字
  多摩川(たまがわ)の二子(ふたこ)の渡しをわたって少しばかり…
忘れえぬ人々国木田独歩
30分以内
春の鳥国木田独歩
30分以内
  8,155文字
  今より六七年前、私はある地方に英語と数学の教師をしていたこと…
春の鳥国木田独歩
30分以内
非凡なる凡人国木田独歩
30分以内
  9,193文字
 上五六人の年若い者が集まって互いに友の上を噂しあったことがあ…
非凡なる凡人国木田独歩
30分以内
画の悲み国木田独歩
30分以内
  5,700文字
 画(え)を好かぬ小供(こども)は先(ま)ず少ないとしてその中…
画の悲み国木田独歩
30分以内
鹿狩り国木田独歩
30分以内
  8,587文字
 『鹿狩(しかが)りに連れて行(い)こうか』と中根(なかね)の…
鹿狩り国木田独歩
30分以内
まぼろし国木田独歩
30分以内
  5,532文字
 文造(ぶんぞう)は約束どおり、その晩は訪問しないで、次の日の…
まぼろし国木田独歩
30分以内
小春国木田独歩
30分以内
  11,191文字
十一月某日(それのひ)、自分は朝から書斎にこもって書見をして…
小春国木田独歩
30分以内
あの時分国木田独歩
30分以内
  7,277文字
さて、明治の御代(みよ)もいや栄えて、あの時分はおもしろかっ…
あの時分国木田独歩
30分以内
号外国木田独歩
30分以内
  5,778文字
ぼろ洋服を着た男爵加藤(かとう)が、今夜もホールに現われてい…
号外国木田独歩
30分以内
湯ヶ原より国木田独歩
30分以内
  11,975文字
何故(なぜ)そう急(きふ)に飛(と)び出(だ)したかとの君(…
湯ヶ原より国木田独歩
30分以内
都の友へ、B生より国木田独歩
30分以内
  4,825文字
久(ひさ)しぶりで孤獨(こどく)の生活(せいくわつ)を行(や…
都の友へ、B生より国木田独歩
30分以内
画の悲み国木田独歩
30分以内
  10,497文字
畫(ゑ)を好(す)かぬ小供(こども)は先(ま)づ少(すく)な…
画の悲み国木田独歩
30分以内
二少女国木田独歩
30分以内
  9,041文字
夏の初、月色街(ちまた)に満つる夜の十時ごろ、カラコロと鼻緒…
二少女国木田独歩
30分以内
二老人国木田独歩
30分以内
  7,023文字
上秋は小春のころ、石井という老人が日比谷公園のベンチに腰をお…
二老人国木田独歩
30分以内
少年の悲哀国木田独歩
30分以内
  5,823文字
少年の歡喜が詩であるならば、少年の悲哀も亦た詩である。
少年の悲哀国木田独歩
30分以内
恋を恋する人国木田独歩
30分以内
  9,183文字
秋の初の空は一片の雲もなく晴て、佳い景色である。
恋を恋する人国木田独歩
30分以内
窮死国木田独歩
30分以内
  6,883文字
九段坂の最寄にけちなめし屋がある。
窮死国木田独歩
30分以内
石清虚国木田独歩
30分以内
  4,135文字
雲飛といふ人は盆石を非常に愛翫した奇人で、人々から石狂者と言…
石清虚国木田独歩
30分以内
空知川の岸辺国木田独歩
30分以内
  10,358文字
余が札幌に滞在したのは五日間である、僅に五日間ではあるが余は…
空知川の岸辺国木田独歩
30分以内
少年の悲哀国木田独歩
30分以内
  6,279文字
少年の歓喜が詩であるならば、少年の悲哀もまた詩である。
少年の悲哀国木田独歩
30分以内
たき火国木田独歩
30分以内
  4,012文字
北風を背になし、枯草白き砂山の崕に腰かけ、足なげいだして、伊…
たき火国木田独歩
30分以内
置土産国木田独歩
30分以内
  8,227文字
餅(もち)は円形(まる)きが普通(なみ)なるわざと三角にひね…
置土産国木田独歩
30分以内
河霧国木田独歩
30分以内
  8,956文字
上田豊吉(うえだとよきち)がその故郷(ふるさと)を出たのは今…
河霧国木田独歩
30分以内
節操国木田独歩
30分以内
  6,202文字
『房(ふさ)、奥様(おくさん)の出る時何とか言つたかい。
節操国木田独歩
30分以内
夜の赤坂国木田独歩
30分以内
  7,259文字
東京の夜の有様を話して呉れとの諸君(みなさん)のお望、可(よ…
夜の赤坂国木田独歩
30分以内