【お知らせ】「ゾラサーチ」は、2020年4月1日より「ブンゴウサーチ」に名称変更いたしました!

10分以内で読める国木田独歩の短編作品

青空文庫で公開されている国木田独歩の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編6作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜6件 / 全6件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
初恋 国木田独歩
10分以内
  2,474 文字
僕の十四の時であった。
初恋 国木田独歩
10分以内
僕の十四の時であった。
遺言 国木田独歩
10分以内
  2,845 文字
今度の戦で想い出した、多分太沽沖にあるわが軍艦内にも同じような事があるだろうと思うからお話しす...
遺言 国木田独歩
10分以内
今度の戦で想い出した、多分太沽沖にあるわが軍艦内にも同じような事があるだろうと思うからお話しすると、横須賀なるある海軍中佐の語るには、わが艦隊が明治二十七年の天長節を祝したのは、あたかも陸兵の華園口上陸を保護するため、ベカ島の陰に集合していた時である。
初孫 国木田独歩
10分以内
  2,333 文字
この度は貞夫に結構なる御品御贈り下されありがたく存じ候、お約束の写真ようよう昨日でき上がり候間...
初孫 国木田独歩
10分以内
この度は貞夫に結構なる御品御贈り下されありがたく存じ候、お約束の写真ようよう昨日でき上がり候間二枚さし上げ申し候、内一枚は上田の姉に御届け下されたく候、ご覧のごとくますます肥え太りてもはや祖父様のお手には荷が少々勝ち過ぎるように相成り候、さればこのごろはただお膝の上にはい上がりてだだをこねおり候、この分にては小生が小供の時きき候と同じ昔噺を貞坊が聞き候ことも遠かるまじと思われ候、これを思えば悲しいともうれしいとも申しようなき感これありこれ必ず悲喜両方と存じ候、父上は何を申すも七十歳いかに...
国木田独歩
10分以内
  2,342 文字
都に程近き田舎に年わかき詩人住みけり。
国木田独歩
10分以内
都に程近き田舎に年わかき詩人住みけり。
疲労 国木田独歩
10分以内
  2,814 文字
京橋区三十間堀に大来館という宿屋がある、まず上等の部類で客はみな紳士紳商、電話は客用と店用と二...
疲労 国木田独歩
10分以内
京橋区三十間堀に大来館という宿屋がある、まず上等の部類で客はみな紳士紳商、電話は客用と店用と二種かけているくらいで、年じゅう十二三人から三十人までの客があるとの事。
都の友へ、B生より 国木田独歩
10分以内
  2,845 文字
(前略)久しぶりで孤獨の生活を行つて居る、これも病氣のお蔭(かげ)かも知れない。
都の友へ、B生より 国木田独歩
10分以内
(前略)久しぶりで孤獨の生活を行つて居る、これも病氣のお蔭(かげ)かも知れない。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。