10分以内で読める国木田独歩の短編作品

青空文庫で公開されている国木田独歩の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編作品5篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全5件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
初恋国木田独歩
10分以内
  2,597文字
僕の十四の時であった。
初恋国木田独歩
10分以内
遺言国木田独歩
10分以内
  3,088文字
わが艦隊が明治二十七年の天長節を祝したのは、あたかも陸兵の華…
遺言国木田独歩
10分以内
疲労国木田独歩
10分以内
  2,824文字
京橋区三十間堀に大来館という宿屋がある、まず上等の部類で客は…
疲労国木田独歩
10分以内
怠惰屋の弟子入り国木田独歩
10分以内
  3,624文字
亞弗利加洲にアルゼリヤといふ國がある、凡そ世界中此國の人ほど…
怠惰屋の弟子入り国木田独歩
10分以内
初孫国木田独歩
10分以内
  2,518文字
この度(たび)は貞夫(さだお)に結構なる御(おん)品御(おん…
初孫国木田独歩
10分以内
国木田独歩
10分以内
  2,680文字
都に程(ほど)近き田舎(いなか)に年わかき詩人住みけり。
国木田独歩
10分以内