🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める淡島寒月の短編作品

青空文庫で公開されている淡島寒月の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編3作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜3件 / 全3件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
亡び行く江戸趣味
(1925年)
淡島寒月
30分以内
  4,467 文字
江戸趣味や向島沿革について話せとの御申込であるが、元来が不羈放肆な、しかも皆さんにお聞かせしよ...
亡び行く江戸趣味 淡島寒月
江戸趣味や向島沿革について話せとの御申込であるが、元来が不羈放肆な、しかも皆さんにお聞かせしようと日常研究し用意しているものでないから、どんな話に終始するか予めお約束は出来ない。
明治十年前後
(1925年)
淡島寒月
30分以内
  4,653 文字
明治十年前後の小説界について、思い出すままをお話してみるが、震災のため蔵書も何も焼き払ってしま...
明治十年前後 淡島寒月
明治十年前後の小説界について、思い出すままをお話してみるが、震災のため蔵書も何も焼き払ってしまったので、詳しいことや特に年代の如きは、あまり自信をもって言うことが出来ない。
江戸か東京か
(1909年)
淡島寒月
30分以内
  6,742 文字
私が子供の時に見たり聞いたりしたことを雑然とお話しようが、秩序も何もありませんよ。
江戸か東京か 淡島寒月
私が子供の時に見たり聞いたりしたことを雑然とお話しようが、秩序も何もありませんよ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。