【お知らせ】「ゾラサーチ」は、2020年4月1日より「ブンゴウサーチ」に名称変更いたしました!

織田作之助の全作品

青空文庫で公開されている織田作之助の全作品70篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜50件 / 全70件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
夫婦善哉
(1940年)
織田作之助
1時間〜
  32,661 文字
年中借金取が出はいりした。
夫婦善哉 織田作之助
1時間〜
年中借金取が出はいりした。
天衣無縫
(1942年)
織田作之助
60分以内
  13,523 文字
みんなは私が鼻の上に汗をためて、息を弾ませて、小鳥みたいにちょんちょんとして、つまりいそいそと...
天衣無縫 織田作之助
60分以内
みんなは私が鼻の上に汗をためて、息を弾ませて、小鳥みたいにちょんちょんとして、つまりいそいそとして、見合いに出掛けたといって嗤ったけれど、そんなことはない。
可能性の文学
(1946年)
織田作之助
60分以内
  18,969 文字
坂田三吉が死んだ。
可能性の文学 織田作之助
60分以内
坂田三吉が死んだ。
六白金星 織田作之助
60分以内
  20,391 文字
楢雄は生れつき頭が悪く、近眼で、何をさせても鈍臭い子供だつたが、ただ一つ蠅を獲るのが巧くて、心...
六白金星 織田作之助
60分以内
楢雄は生れつき頭が悪く、近眼で、何をさせても鈍臭い子供だつたが、ただ一つ蠅を獲るのが巧くて、心の寂しい時は蠅を獲つた。
青春の逆説 織田作之助
1時間〜
  177,492 文字
第一部二十歳第一章お君は子供のときから何かといえば跣足になりたがった。
青春の逆説 織田作之助
1時間〜
第一部二十歳第一章お君は子供のときから何かといえば跣足になりたがった。
競馬
(1946年)
織田作之助
60分以内
  12,860 文字
朝からどんより曇っていたが、雨にはならず、低い雲が陰気に垂れた競馬場を黒い秋風が黒く走っていた。
競馬 織田作之助
60分以内
朝からどんより曇っていたが、雨にはならず、低い雲が陰気に垂れた競馬場を黒い秋風が黒く走っていた。

(1944年)
織田作之助
30分以内
  11,618 文字
登勢は一人娘である。
織田作之助
30分以内
登勢は一人娘である。
昨日・今日・明日
(1946年)
織田作之助
60分以内
  13,612 文字
昨日当時の言い方に従えば、○○県の○○海岸にある第○○高射砲隊のイ隊長は、連日酒をくらって、部...
昨日・今日・明日 織田作之助
60分以内
昨日当時の言い方に従えば、○○県の○○海岸にある第○○高射砲隊のイ隊長は、連日酒をくらって、部下を相手にくだを巻き、○○名の部下は一人残らず軍隊ぎらいになってしまった。
わが町 織田作之助
1時間〜
  105,734 文字
わが町織田作之助第一章明治マニラをバギオに結ぶベンゲット道路のうち、ダグバン・バギオ山頂間八十...
わが町 織田作之助
1時間〜
わが町織田作之助第一章明治マニラをバギオに結ぶベンゲット道路のうち、ダグバン・バギオ山頂間八十キロの開鑿(さく)は、工事監督のケノン少佐が開通式と同時に将軍になったというくらいの難工事であった。
文学的饒舌
(1947年)
織田作之助
30分以内
  4,867 文字
最近「世界文学」からたのまれて、ジュリアン・ソレル論を三十枚書いたが、いくら書いても結論が出て...
文学的饒舌 織田作之助
30分以内
最近「世界文学」からたのまれて、ジュリアン・ソレル論を三十枚書いたが、いくら書いても結論が出て来ない。
郷愁
(1946年)
織田作之助
30分以内
  8,741 文字
夜の八時を過ぎると駅員が帰ってしまうので、改札口は真っ暗だ。
郷愁 織田作之助
30分以内
夜の八時を過ぎると駅員が帰ってしまうので、改札口は真っ暗だ。

(1946年)
織田作之助
30分以内
  7,463 文字
はじめのうち私は辻十吉のような男がなぜそんなに貧乏しなければならぬのか、不思議でならなかった。
織田作之助
30分以内
はじめのうち私は辻十吉のような男がなぜそんなに貧乏しなければならぬのか、不思議でならなかった。
僕の読書法
(1943年)
織田作之助
10分以内
  3,233 文字
僕は視力が健全である。
僕の読書法 織田作之助
10分以内
僕は視力が健全である。
放浪
(1940年)
織田作之助
1時間〜
  25,073 文字
身に覚えないとは言わさぬ、言うならば言うてみよ、大阪は二ツ井戸「まからんや」呉服店の番頭は現糞...
放浪 織田作之助
1時間〜
身に覚えないとは言わさぬ、言うならば言うてみよ、大阪は二ツ井戸「まからんや」呉服店の番頭は現糞のわるい男、言うちゃわるいが人殺しであると、在所のお婆は順平にいいきかせた。
わが町
(1942年)
織田作之助
1時間〜
  27,956 文字
壱、明治マニラをバギオに結ぶベンゲット道路のうち、タグパン・バギオ山頂間八十粁(〔キロメートル...
わが町 織田作之助
1時間〜
壱、明治マニラをバギオに結ぶベンゲット道路のうち、タグパン・バギオ山頂間八十粁(〔キロメートル〕)の開鑿は、工事監督のケノン少佐が開通式と同時に将軍になったというくらいの難工事で、人夫たちはベンゲット山腹五千呎(〔フィート〕)の絶壁をジグザグに登りながら作業しなければならず、スコールが来ると忽ち山崩れや地滑りが起って、谷底の岩の上へ家守のようにたたき潰された。
夜の構図
(1946年)
織田作之助
1時間〜
  71,399 文字
第一章ホテルを出ると雨が降っていた事。
夜の構図 織田作之助
1時間〜
第一章ホテルを出ると雨が降っていた事。

(1938年)
織田作之助
1時間〜
  31,867 文字
歳月が流れ、お君は植物のように成長した。
織田作之助
1時間〜
歳月が流れ、お君は植物のように成長した。
それでも私は行く
(1946年)
織田作之助
1時間〜
  106,258 文字
四条河原町先斗町と書いて、ぽんと町と読むことは、京都に遊んだ人なら誰でも知っていよう。
それでも私は行く 織田作之助
1時間〜
四条河原町先斗町と書いて、ぽんと町と読むことは、京都に遊んだ人なら誰でも知っていよう。

(1938年)
織田作之助
1時間〜
  24,635 文字
子供のときから何かといえば跣足になりたがった。
織田作之助
1時間〜
子供のときから何かといえば跣足になりたがった。
俗臭
(1939年)
織田作之助
1時間〜
  37,381 文字
最近児子政江はパアマネントウェーヴをかけた。
俗臭 織田作之助
1時間〜
最近児子政江はパアマネントウェーヴをかけた。
秋の暈 織田作之助
5分以内
  1,793 文字
秋という字の下に心をつけて、愁と読ませるのは、誰がそうしたのか、いみじくも考えたと思う。
秋の暈 織田作之助
5分以内
秋という字の下に心をつけて、愁と読ませるのは、誰がそうしたのか、いみじくも考えたと思う。
婚期はずれ
(1940年)
織田作之助
30分以内
  8,569 文字
友恵堂の最中が十個もはいっていた。
婚期はずれ 織田作之助
30分以内
友恵堂の最中が十個もはいっていた。
わが文学修業
(1943年)
織田作之助
10分以内
  3,197 文字
本当に小説の勉強をはじめたのは、二十六の時である。
わが文学修業 織田作之助
10分以内
本当に小説の勉強をはじめたのは、二十六の時である。
十八歳の花嫁 織田作之助
5分以内
  935 文字
最近私の友人がたまたま休暇を得て戦地から帰って来た。
十八歳の花嫁 織田作之助
5分以内
最近私の友人がたまたま休暇を得て戦地から帰って来た。
好奇心
(1946年)
織田作之助
5分以内
  764 文字
殺された娘、美人、すくなくとも新聞の上では。
好奇心 織田作之助
5分以内
殺された娘、美人、すくなくとも新聞の上では。
眼鏡
(1943年)
織田作之助
5分以内
  1,820 文字
三年生になった途端に、道子は近視になった。
眼鏡 織田作之助
5分以内
三年生になった途端に、道子は近視になった。
アド・バルーン
(1946年)
織田作之助
1時間〜
  28,868 文字
その時、私には六十三銭しか持ち合せがなかったのです。
アド・バルーン 織田作之助
1時間〜
その時、私には六十三銭しか持ち合せがなかったのです。
ひとりすまう
(1938年)
織田作之助
60分以内
  21,862 文字
奇妙なことは、最初その女を見た時、ぼくは、ああこの女は身投げするに違いないと思い込んで了ったこ...
ひとりすまう 織田作之助
60分以内
奇妙なことは、最初その女を見た時、ぼくは、ああこの女は身投げするに違いないと思い込んで了ったことなのだ、――と彼は語り出した。
妻の名 織田作之助
5分以内
  364 文字
朝から粉雪が舞いはじめて、ひる過ぎからシトシトと牡丹雪だった。
妻の名 織田作之助
5分以内
朝から粉雪が舞いはじめて、ひる過ぎからシトシトと牡丹雪だった。
経験派 織田作之助
5分以内
  364 文字
彼は小説家だった。
経験派 織田作之助
5分以内
彼は小説家だった。
ヒント 織田作之助
5分以内
  399 文字
彼は十円持って喫茶店へ行き、一杯十円の珈琲を飲むと、背を焼かれるような後悔に責められた。
ヒント 織田作之助
5分以内
彼は十円持って喫茶店へ行き、一杯十円の珈琲を飲むと、背を焼かれるような後悔に責められた。
民主主義 織田作之助
5分以内
  403 文字
彼は人気者になら誰とでも会いたがった。
民主主義 織田作之助
5分以内
彼は人気者になら誰とでも会いたがった。
実感
(1946年)
織田作之助
5分以内
  440 文字
文子は十七の歳から温泉小町といわれたが、「日本の男はみんな嘘つきで無節操だ。
実感 織田作之助
5分以内
文子は十七の歳から温泉小町といわれたが、「日本の男はみんな嘘つきで無節操だ。
薬局
(1946年)
織田作之助
5分以内
  442 文字
その男は毎日ヒロポンの十管入を一箱宛買いに来て、顔色が土のようだった。
薬局 織田作之助
5分以内
その男は毎日ヒロポンの十管入を一箱宛買いに来て、顔色が土のようだった。
報酬 織田作之助
5分以内
  453 文字
家には一銭の金もなく、母親は肺病だった。
報酬 織田作之助
5分以内
家には一銭の金もなく、母親は肺病だった。
星の劇場 織田作之助
5分以内
  457 文字
「歩哨に立って大陸の夜空を仰いでいるとゆくりなくも四ッ橋のプラネタリュウムを想いだした……」と...
星の劇場 織田作之助
5分以内
「歩哨に立って大陸の夜空を仰いでいるとゆくりなくも四ッ橋のプラネタリュウムを想いだした……」と戦地の友人から便りがあったので、周章てて四ッ橋畔の電気科学館へ行き六階の劇場ではじめてプラネタリュウムを見た。
土足のままの文学
(1947年)
織田作之助
5分以内
  1,268 文字
僕は終戦後間もなくケストネルの「ファビアン」という小説を読んだ。
土足のままの文学 織田作之助
5分以内
僕は終戦後間もなくケストネルの「ファビアン」という小説を読んだ。
吉岡芳兼様へ
(1943年)
織田作之助
5分以内
  1,675 文字
御たより拝見しました。
吉岡芳兼様へ 織田作之助
5分以内
御たより拝見しました。
馬地獄 織田作之助
5分以内
  1,760 文字
東より順に大江橋、渡辺橋、田簑橋、そして船玉江橋まで来ると、橋の感じがにわかに見すぼらしい。
馬地獄 織田作之助
5分以内
東より順に大江橋、渡辺橋、田簑橋、そして船玉江橋まで来ると、橋の感じがにわかに見すぼらしい。
面会
(1940年)
織田作之助
5分以内
  1,897 文字
ある朝、一通の軍事郵便が届けられた。
面会 織田作之助
5分以内
ある朝、一通の軍事郵便が届けられた。
私の文学
(1946年)
織田作之助
10分以内
  2,625 文字
私の文学――編集者のつけた題である。
私の文学 織田作之助
10分以内
私の文学――編集者のつけた題である。
電報
(1944年)
織田作之助
10分以内
  2,785 文字
私は気の早い男であるから、昭和二十年元旦の夢をはや先日見た。
電報 織田作之助
10分以内
私は気の早い男であるから、昭和二十年元旦の夢をはや先日見た。
終戦前後
(1945年)
織田作之助
10分以内
  2,951 文字
小は大道易者から大はイエスキリストに到るまで予言者の数はまことに多いが、稀代の予言狂乃至予言魔...
終戦前後 織田作之助
10分以内
小は大道易者から大はイエスキリストに到るまで予言者の数はまことに多いが、稀代の予言狂乃至予言魔といえば、そうざらにいるわけではない。
猫と杓子について
(1946年)
織田作之助
10分以内
  3,483 文字
「エロチシズムと文学」というテエマが僕に与えられた課題であります。
猫と杓子について 織田作之助
10分以内
「エロチシズムと文学」というテエマが僕に与えられた課題であります。
武田麟太郎追悼
(1946年)
織田作之助
10分以内
  3,503 文字
武田さんは大阪の出身という点で、私の先輩であるが、更に京都の第三高等学校出身という点でもまた私...
武田麟太郎追悼 織田作之助
10分以内
武田さんは大阪の出身という点で、私の先輩であるが、更に京都の第三高等学校出身という点でもまた私の先輩である。
東京文壇に与う
(1942年)
織田作之助
10分以内
  3,780 文字
豪放かつ不逞な棋風と、不死身にしてかつあくまで不敵な面だましいを日頃もっていた神田八段であった...
東京文壇に与う 織田作之助
10分以内
豪放かつ不逞な棋風と、不死身にしてかつあくまで不敵な面だましいを日頃もっていた神田八段であったが、こんどの名人位挑戦試合では、折柄大患後の衰弱はげしく、紙のように蒼白な顔色で、薬瓶を携えて盤にのぞむといった状態では、すでに勝負も決したといってもよく、果して無惨な敗北を喫した。
勝負師 織田作之助
30分以内
  4,909 文字
池の向うの森の暗さを一瞬ぱっと明るく覗かせて、終電車が行ってしまうと、池の面を伝って来る微風が...
勝負師 織田作之助
30分以内
池の向うの森の暗さを一瞬ぱっと明るく覗かせて、終電車が行ってしまうと、池の面を伝って来る微風がにわかにひんやりとして肌寒い。
起ち上る大阪
(1945年)
織田作之助
30分以内
  5,129 文字
この話に「起ち上る大阪」という題をつけたが、果して当っているかどうか分らない。
起ち上る大阪 織田作之助
30分以内
この話に「起ち上る大阪」という題をつけたが、果して当っているかどうか分らない。
旅への誘い 織田作之助
30分以内
  6,274 文字
喜美子は洋裁学院の教師に似合わず、年中ボロ服同然のもっさりした服を、平気で身につけていた。
旅への誘い 織田作之助
30分以内
喜美子は洋裁学院の教師に似合わず、年中ボロ服同然のもっさりした服を、平気で身につけていた。
大阪の憂鬱 織田作之助
30分以内
  7,283 文字
またしても大阪の話である。
大阪の憂鬱 織田作之助
30分以内
またしても大阪の話である。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。