🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める織田作之助の中編作品

青空文庫で公開されている織田作之助の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編11作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜11件 / 全11件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
天衣無縫
(1942年)
織田作之助
60分以内
  13,523 文字
みんなは私が鼻の上に汗をためて、息を弾ませて、小鳥みたいにちょんちょんとして、つまりいそいそと...
天衣無縫 織田作之助
みんなは私が鼻の上に汗をためて、息を弾ませて、小鳥みたいにちょんちょんとして、つまりいそいそとして、見合いに出掛けたといって嗤ったけれど、そんなことはない。
可能性の文学
(1946年)
織田作之助
60分以内
  18,969 文字
坂田三吉が死んだ。
可能性の文学 織田作之助
坂田三吉が死んだ。
六白金星 織田作之助
60分以内
  20,391 文字
楢雄は生れつき頭が悪く、近眼で、何をさせても鈍臭い子供だつたが、ただ一つ蠅を獲るのが巧くて、心...
六白金星 織田作之助
楢雄は生れつき頭が悪く、近眼で、何をさせても鈍臭い子供だつたが、ただ一つ蠅を獲るのが巧くて、心の寂しい時は蠅を獲つた。
競馬
(1946年)
織田作之助
60分以内
  12,860 文字
朝からどんより曇っていたが、雨にはならず、低い雲が陰気に垂れた競馬場を黒い秋風が黒く走っていた。
競馬 織田作之助
朝からどんより曇っていたが、雨にはならず、低い雲が陰気に垂れた競馬場を黒い秋風が黒く走っていた。
昨日・今日・明日
(1946年)
織田作之助
60分以内
  13,612 文字
昨日当時の言い方に従えば、○○県の○○海岸にある第○○高射砲隊のイ隊長は、連日酒をくらって、部...
昨日・今日・明日 織田作之助
昨日当時の言い方に従えば、○○県の○○海岸にある第○○高射砲隊のイ隊長は、連日酒をくらって、部下を相手にくだを巻き、○○名の部下は一人残らず軍隊ぎらいになってしまった。
ひとりすまう
(1938年)
織田作之助
60分以内
  21,862 文字
奇妙なことは、最初その女を見た時、ぼくは、ああこの女は身投げするに違いないと思い込んで了ったこ...
ひとりすまう 織田作之助
奇妙なことは、最初その女を見た時、ぼくは、ああこの女は身投げするに違いないと思い込んで了ったことなのだ、――と彼は語り出した。
雪の夜
(1941年)
織田作之助
60分以内
  12,190 文字
大晦日に雪が降った。
雪の夜 織田作之助
大晦日に雪が降った。
四月馬鹿
(1946年)
織田作之助
60分以内
  12,353 文字
はしがき武田さんのことを書く。
四月馬鹿 織田作之助
はしがき武田さんのことを書く。
聴雨 織田作之助
60分以内
  13,323 文字
午後から少し風が出て来た。
聴雨 織田作之助
午後から少し風が出て来た。
秋深き
(1942年)
織田作之助
60分以内
  14,821 文字
医者に診せると、やはり肺がわるいと言った。
秋深き 織田作之助
医者に診せると、やはり肺がわるいと言った。
神経
(1946年)
織田作之助
60分以内
  15,007 文字
今年の正月、私は一歩も外へ出なかった。
神経 織田作之助
今年の正月、私は一歩も外へ出なかった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。