【お知らせ】「ゾラサーチ」は、2020年4月1日より「ブンゴウサーチ」に名称変更いたしました!

30分以内で読める織田作之助の短編作品

青空文庫で公開されている織田作之助の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編17作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜17件 / 全17件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気

(1944年)
織田作之助
30分以内
  11,618 文字
登勢は一人娘である。
織田作之助
30分以内
登勢は一人娘である。
文学的饒舌
(1947年)
織田作之助
30分以内
  4,867 文字
最近「世界文学」からたのまれて、ジュリアン・ソレル論を三十枚書いたが、いくら書いても結論が出て...
文学的饒舌 織田作之助
30分以内
最近「世界文学」からたのまれて、ジュリアン・ソレル論を三十枚書いたが、いくら書いても結論が出て来ない。
郷愁
(1946年)
織田作之助
30分以内
  8,741 文字
夜の八時を過ぎると駅員が帰ってしまうので、改札口は真っ暗だ。
郷愁 織田作之助
30分以内
夜の八時を過ぎると駅員が帰ってしまうので、改札口は真っ暗だ。

(1946年)
織田作之助
30分以内
  7,463 文字
はじめのうち私は辻十吉のような男がなぜそんなに貧乏しなければならぬのか、不思議でならなかった。
織田作之助
30分以内
はじめのうち私は辻十吉のような男がなぜそんなに貧乏しなければならぬのか、不思議でならなかった。
婚期はずれ
(1940年)
織田作之助
30分以内
  8,569 文字
友恵堂の最中が十個もはいっていた。
婚期はずれ 織田作之助
30分以内
友恵堂の最中が十個もはいっていた。
勝負師 織田作之助
30分以内
  4,909 文字
池の向うの森の暗さを一瞬ぱっと明るく覗かせて、終電車が行ってしまうと、池の面を伝って来る微風が...
勝負師 織田作之助
30分以内
池の向うの森の暗さを一瞬ぱっと明るく覗かせて、終電車が行ってしまうと、池の面を伝って来る微風がにわかにひんやりとして肌寒い。
起ち上る大阪
(1945年)
織田作之助
30分以内
  5,129 文字
この話に「起ち上る大阪」という題をつけたが、果して当っているかどうか分らない。
起ち上る大阪 織田作之助
30分以内
この話に「起ち上る大阪」という題をつけたが、果して当っているかどうか分らない。
旅への誘い 織田作之助
30分以内
  6,274 文字
喜美子は洋裁学院の教師に似合わず、年中ボロ服同然のもっさりした服を、平気で身につけていた。
旅への誘い 織田作之助
30分以内
喜美子は洋裁学院の教師に似合わず、年中ボロ服同然のもっさりした服を、平気で身につけていた。
大阪の憂鬱 織田作之助
30分以内
  7,283 文字
またしても大阪の話である。
大阪の憂鬱 織田作之助
30分以内
またしても大阪の話である。
妖婦
(1947年)
織田作之助
30分以内
  7,404 文字
神田の司町は震災前は新銀町といった。
妖婦 織田作之助
30分以内
神田の司町は震災前は新銀町といった。
大阪の可能性
(1947年)
織田作之助
30分以内
  7,752 文字
大阪は「だす」であり、京都は「どす」である。
大阪の可能性 織田作之助
30分以内
大阪は「だす」であり、京都は「どす」である。
大阪発見 織田作之助
30分以内
  8,636 文字
年中夫婦喧嘩をしているのである。
大阪発見 織田作之助
30分以内
年中夫婦喧嘩をしているのである。

(1943年)
織田作之助
30分以内
  8,673 文字
今もそのアパートはあるだろうか、濡雑巾のようにごちゃごちゃした場末の一角に、それはまるで古綿を...
織田作之助
30分以内
今もそのアパートはあるだろうか、濡雑巾のようにごちゃごちゃした場末の一角に、それはまるで古綿を千切って捨てたも同然の薄汚れた姿を無気力に曝していた。

(1945年)
織田作之助
30分以内
  8,943 文字
マルセル・パニョルの「マリウス」という芝居に、ピコアゾーという妙な名前の乞食が出て来るが、この...
織田作之助
30分以内
マルセル・パニョルの「マリウス」という芝居に、ピコアゾーという妙な名前の乞食が出て来るが、この人物はトガキによれば「この男年がない」ということになっている。
道なき道 織田作之助
30分以内
  9,294 文字
その時、寿子はまだ九つの小娘であった。
道なき道 織田作之助
30分以内
その時、寿子はまだ九つの小娘であった。
木の都 織田作之助
30分以内
  9,460 文字
大阪は木のない都だといはれてゐるが、しかし私の幼時の記憶は不思議に木と結びついてゐる。
木の都 織田作之助
30分以内
大阪は木のない都だといはれてゐるが、しかし私の幼時の記憶は不思議に木と結びついてゐる。
中毒
(1946年)
織田作之助
30分以内
  10,678 文字
スタンダールは彼の墓銘として「生きた、書いた、恋した」という言葉を選んだということである。
中毒 織田作之助
30分以内
スタンダールは彼の墓銘として「生きた、書いた、恋した」という言葉を選んだということである。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。