10分以内で読める織田作之助の短編作品

青空文庫で公開されている織田作之助の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編作品8篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全8件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
僕の読書法織田作之助
10分以内
  3,073文字
 僕は視力が健全である。
僕の読書法織田作之助
10分以内
わが文学修業織田作之助
10分以内
  3,019文字
本当に小説の勉強をはじめたのは、二十六の時である。
わが文学修業織田作之助
10分以内
電報織田作之助
10分以内
  2,603文字
私は気の早い男であるから、昭和二十年元旦の夢をはや先日見た。
電報織田作之助
10分以内
終戦前後織田作之助
10分以内
  2,743文字
小は大道易者から大はイエスキリストに到るまで予言者の数はまこ…
終戦前後織田作之助
10分以内
武田麟太郎追悼織田作之助
10分以内
  3,293文字
武田さんは大阪の出身という点で、私の先輩であるが、更に京都の…
武田麟太郎追悼織田作之助
10分以内
東京文壇に与う織田作之助
10分以内
  3,648文字
豪放かつ不逞な棋風と、不死身にしてかつあくまで不敵な面だまし…
東京文壇に与う織田作之助
10分以内
猫と杓子について織田作之助
10分以内
  3,364文字
「エロチシズムと文学」というテエマが僕に与えられた課題であり…
猫と杓子について織田作之助
10分以内
私の文学織田作之助
10分以内
  2,429文字
私の文学――編集者のつけた題である。
私の文学織田作之助
10分以内