【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

1時間〜で読める伊藤野枝の長編作品

青空文庫で公開されている伊藤野枝の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編3作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜3件 / 全3件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
監獄挿話 面会人控所
(1919年)
伊藤野枝
1時間〜
  25,181 文字
静かな読書生活受附の看守が指した直ぐ向側の『面会人控所』の扉は重く閉されてゐた。
監獄挿話 面会人控所 伊藤野枝
1時間〜
静かな読書生活受附の看守が指した直ぐ向側の『面会人控所』の扉は重く閉されてゐた。
惑ひ
(1918年)
伊藤野枝
1時間〜
  27,426 文字
『本当にどうかして貰はないぢや困るよ、明日は是非神田の方に出掛けなきやならないんだからね』母親...
惑ひ 伊藤野枝
1時間〜
『本当にどうかして貰はないぢや困るよ、明日は是非神田の方に出掛けなきやならないんだからね』母親はさう云つて谷の生返事に、頻りに念を押してゐた。
転機
(1918年)
伊藤野枝
1時間〜
  35,858 文字
不案内な道を教えられるままに歩いて古河の町外れまで来ると、通りは思いがけなく、まだ新らしい高い...
転機 伊藤野枝
1時間〜
不案内な道を教えられるままに歩いて古河の町外れまで来ると、通りは思いがけなく、まだ新らしい高い堤防で遮られている道ばたで、子供を遊ばせている老婆に私はまた尋ねた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。