【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

30分以内で読める伊藤野枝の短編作品

青空文庫で公開されている伊藤野枝の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編18作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜18件 / 全18件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
白痴の母
(1918年)
伊藤野枝
30分以内
  9,491 文字
裏の松原でサラツサラツと砂の上の落松葉を掻きよせる音が高く晴れ渡つた大空に、如何にも気持のよい...
白痴の母 伊藤野枝
30分以内
裏の松原でサラツサラツと砂の上の落松葉を掻きよせる音が高く晴れ渡つた大空に、如何にも気持のよいリズムをもつて響き渡つてゐます。
妾の会つた男の人人
(1916年)
伊藤野枝
30分以内
  4,994 文字
森田草平氏四年ばかりも前に鴈治郎が新富座で椀久を出した時に、私と哥津ちやんと保持さんが見にゆく...
妾の会つた男の人人 伊藤野枝
30分以内
森田草平氏四年ばかりも前に鴈治郎が新富座で椀久を出した時に、私と哥津ちやんと保持さんが見にゆく約束をしました。
背負ひ切れぬ重荷
(1918年)
伊藤野枝
30分以内
  8,633 文字
今から、六七年ばかり以前に、私の郷里で非常に善良なをとなしい一人の女教師が、自宅の前の溜池で自...
背負ひ切れぬ重荷 伊藤野枝
30分以内
今から、六七年ばかり以前に、私の郷里で非常に善良なをとなしい一人の女教師が、自宅の前の溜池で自殺を遂げた事があります。
妾の会つた男の人々(野依秀一、中村弧月印象録)
(1916年)
伊藤野枝
30分以内
  4,017 文字
野依秀一氏この人は、思つたよりも底の浅い人です。
妾の会つた男の人々(野依秀一、中村弧月印象録) 伊藤野枝
30分以内
野依秀一氏この人は、思つたよりも底の浅い人です。
遺書の一部より
(1914年)
伊藤野枝
30分以内
  4,253 文字
もう二ヶ月待てばあなたは帰つて来る。
遺書の一部より 伊藤野枝
30分以内
もう二ヶ月待てばあなたは帰つて来る。
日記より
(1912年)
伊藤野枝
30分以内
  4,648 文字
六日――――雨だらうと思つたのに案外な上天気。
日記より 伊藤野枝
30分以内
六日――――雨だらうと思つたのに案外な上天気。
書簡 木村荘太宛 伊藤野枝
30分以内
  5,504 文字
宛先東京市麹町区平河町発信地東京市外上駒込染井三二九辻方御手紙拝見いたしました。
書簡 木村荘太宛 伊藤野枝
30分以内
宛先東京市麹町区平河町発信地東京市外上駒込染井三二九辻方御手紙拝見いたしました。
九州より
(1915年)
伊藤野枝
30分以内
  6,347 文字
生田さん、私たちは今回三百里ばかり都会からはなれて生活して居ります。
九州より 伊藤野枝
30分以内
生田さん、私たちは今回三百里ばかり都会からはなれて生活して居ります。
惑ひ
(1914年)
伊藤野枝
30分以内
  6,408 文字
その手紙を町子が男の本箱の抽斗に見出した時に、彼女は全身の血がみんな逆上することを感じながらド...
惑ひ 伊藤野枝
30分以内
その手紙を町子が男の本箱の抽斗に見出した時に、彼女は全身の血がみんな逆上することを感じながらドキ/\する胸をおさへた。
私信
(1915年)
伊藤野枝
30分以内
  6,745 文字
八重子様本当に暫く手紙を書きませんでした。
私信 伊藤野枝
30分以内
八重子様本当に暫く手紙を書きませんでした。
青山菊栄様へ
(1916年)
伊藤野枝
30分以内
  6,756 文字
青山菊栄様あなたの公開状は本当に、私には有りがたいものでした。
青山菊栄様へ 伊藤野枝
30分以内
青山菊栄様あなたの公開状は本当に、私には有りがたいものでした。
出奔 伊藤野枝
30分以内
  6,817 文字
まずい朝飯をすますと登志子は室に帰っていった。
出奔 伊藤野枝
30分以内
まずい朝飯をすますと登志子は室に帰っていった。
「別居」について 伊藤野枝
30分以内
  7,260 文字
私と、辻との間に「別居」という話が持ち出されたのは、この頃の事ではないのです。
「別居」について 伊藤野枝
30分以内
私と、辻との間に「別居」という話が持ち出されたのは、この頃の事ではないのです。
内気な娘とお転婆娘
(1925年)
伊藤野枝
30分以内
  7,530 文字
『女はしとやかでなくてはいけない、をとなしくなくてはいけない』と云ふ訓しへは甚だ結構な事です。
内気な娘とお転婆娘 伊藤野枝
30分以内
『女はしとやかでなくてはいけない、をとなしくなくてはいけない』と云ふ訓しへは甚だ結構な事です。
嫁泥棒譚
(1917年)
伊藤野枝
30分以内
  7,641 文字
盗まれた祖母の実話『ね、お祖母さん、うちぢや、Aにも親類があるのでせう?』私は、祖母から彼方此...
嫁泥棒譚 伊藤野枝
30分以内
盗まれた祖母の実話『ね、お祖母さん、うちぢや、Aにも親類があるのでせう?』私は、祖母から彼方此方の親戚との関係を聞かされた時、ふと思ひ出してかう尋ねました。
わがまま 伊藤野枝
30分以内
  9,280 文字
関門の連絡船を降りる頃から登志子は連れのまき子や安子がいそいそと歩いていく後から重い足どりでず...
わがまま 伊藤野枝
30分以内
関門の連絡船を降りる頃から登志子は連れのまき子や安子がいそいそと歩いていく後から重い足どりでずっと後れて歩いていった。
成長が生んだ私の恋愛破綻 伊藤野枝
30分以内
  10,929 文字
自分の信ずる事の出来る唯一のものは、やはり自分自身より他にはありません。
成長が生んだ私の恋愛破綻 伊藤野枝
30分以内
自分の信ずる事の出来る唯一のものは、やはり自分自身より他にはありません。
嘘言と云ふことに就いての追想
(1915年)
伊藤野枝
30分以内
  11,016 文字
嘘言を吐くと云ふことは悪いことだと私達はずつと小さい時から教へられて来ました。
嘘言と云ふことに就いての追想 伊藤野枝
30分以内
嘘言を吐くと云ふことは悪いことだと私達はずつと小さい時から教へられて来ました。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。