【お知らせ】「ゾラサーチ」は、2020年4月1日より「ブンゴウサーチ」に名称変更いたしました!

5分以内で読める寺田寅彦の短編作品

青空文庫で公開されている寺田寅彦の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編29作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜29件 / 全29件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
蛆の効用 寺田寅彦
5分以内
  1,867 文字
虫の中でも人間に評判のよくないものの随一は蛆(うじ)である。
蛆の効用 寺田寅彦
5分以内
虫の中でも人間に評判のよくないものの随一は蛆(うじ)である。
ある探偵事件 寺田寅彦
5分以内
  1,931 文字
数年前に「ボーヤ」と名づけた白毛の雄猫が病死してから以来しばらくわが家の縁側に猫というものの姿...
ある探偵事件 寺田寅彦
5分以内
数年前に「ボーヤ」と名づけた白毛の雄猫が病死してから以来しばらくわが家の縁側に猫というものの姿を見ない月日が流れた。
夢判断 寺田寅彦
5分以内
  1,715 文字
友人が妙な夢を見たと云って話して聞かせた。
夢判断 寺田寅彦
5分以内
友人が妙な夢を見たと云って話して聞かせた。
寺田寅彦
5分以内
  116 文字
天幕の破れ目から見ゆる砂漠の空の星、駱駝(らくだ)の鈴の音がする。
寺田寅彦
5分以内
天幕の破れ目から見ゆる砂漠の空の星、駱駝(らくだ)の鈴の音がする。
蛙の鳴声 寺田寅彦
5分以内
  322 文字
何年頃であったか忘れてしまったが、先生の千駄木時代に、晩春のある日、一緒に音楽学校の演奏会に行...
蛙の鳴声 寺田寅彦
5分以内
何年頃であったか忘れてしまったが、先生の千駄木時代に、晩春のある日、一緒に音楽学校の演奏会に行った帰りに、上野の森をブラブラあるいて帰った。
木蓮 寺田寅彦
5分以内
  410 文字
白木蓮は花が咲いてしまつてから葉が出る。
木蓮 寺田寅彦
5分以内
白木蓮は花が咲いてしまつてから葉が出る。
窮理日記 寺田寅彦
5分以内
  553 文字
十日動物教室の窓の下を通ると今洗ったらしい色々の骸骨がばらばらに笊(ざる)へ入れて干してある。
窮理日記 寺田寅彦
5分以内
十日動物教室の窓の下を通ると今洗ったらしい色々の骸骨がばらばらに笊(ざる)へ入れて干してある。
猿の顔 寺田寅彦
5分以内
  602 文字
映画「マルガ」で猿の親子連れの現われる場面がある。
猿の顔 寺田寅彦
5分以内
映画「マルガ」で猿の親子連れの現われる場面がある。
書簡(Ⅰ) 寺田寅彦
5分以内
  603 文字
拝復。
書簡(Ⅰ) 寺田寅彦
5分以内
拝復。
御返事(石原純君へ) 寺田寅彦
5分以内
  939 文字
御手紙を難有う。
御返事(石原純君へ) 寺田寅彦
5分以内
御手紙を難有う。
青磁のモンタージュ 寺田寅彦
5分以内
  978 文字
「黒色のほがらかさ」ともいうものの象徴が黒楽の陶器だとすると、「緑色の憂愁」のシンボルはさしむ...
青磁のモンタージュ 寺田寅彦
5分以内
「黒色のほがらかさ」ともいうものの象徴が黒楽の陶器だとすると、「緑色の憂愁」のシンボルはさしむき青磁であろう。
秋の歌 寺田寅彦
5分以内
  999 文字
チャイコフスキーの「秋の歌」という小曲がある。
秋の歌 寺田寅彦
5分以内
チャイコフスキーの「秋の歌」という小曲がある。
寺田寅彦
5分以内
  1,113 文字
私が九つの秋であった、父上が役を御やめになって家族一同郷里の田舎へ引移る事になった。
寺田寅彦
5分以内
私が九つの秋であった、父上が役を御やめになって家族一同郷里の田舎へ引移る事になった。
鴉と唱歌 寺田寅彦
5分以内
  1,150 文字
帝劇でドイツ映画「ブロンドの夢」というのを見た。
鴉と唱歌 寺田寅彦
5分以内
帝劇でドイツ映画「ブロンドの夢」というのを見た。
夏目先生の俳句と漢詩 寺田寅彦
5分以内
  1,157 文字
夏目先生が未だ創作家としての先生自身を自覚しない前に、その先生の中の創作家は何処かの隙間を求め...
夏目先生の俳句と漢詩 寺田寅彦
5分以内
夏目先生が未だ創作家としての先生自身を自覚しない前に、その先生の中の創作家は何処かの隙間を求めてその創作に対する情熱の発露を求めていたもののように思われる。
二科狂想行進曲 寺田寅彦
5分以内
  1,196 文字
古い伝統の床板を踏み抜いて、落ち込んだやっぱり中古の伝統長屋。
二科狂想行進曲 寺田寅彦
5分以内
古い伝統の床板を踏み抜いて、落ち込んだやっぱり中古の伝統長屋。
寺田寅彦
5分以内
  1,370 文字
またひとしきり強いのが西の方から鳴って来て、黒く枯れた紅葉を机の前のガラス障子になぐり付けて裏...
寺田寅彦
5分以内
またひとしきり強いのが西の方から鳴って来て、黒く枯れた紅葉を机の前のガラス障子になぐり付けて裏の藪を押し倒すようにして過ぎ去った。
鷹を貰い損なった話 寺田寅彦
5分以内
  1,372 文字
小学時代の先生方から学校教育を受けた外に同学の友達からは色々の大切な人間教育を受けた。
鷹を貰い損なった話 寺田寅彦
5分以内
小学時代の先生方から学校教育を受けた外に同学の友達からは色々の大切な人間教育を受けた。
書簡(Ⅱ) 寺田寅彦
5分以内
  1,385 文字
拝復。
書簡(Ⅱ) 寺田寅彦
5分以内
拝復。
ある幻想曲の序 寺田寅彦
5分以内
  1,503 文字
何もない空虚の闇の中に、急に小さな焔が燃え上がる。
ある幻想曲の序 寺田寅彦
5分以内
何もない空虚の闇の中に、急に小さな焔が燃え上がる。
寺田寅彦
5分以内
  1,664 文字
毎年春と秋と一度ずつ先祖祭をするのがわが家の例である。
寺田寅彦
5分以内
毎年春と秋と一度ずつ先祖祭をするのがわが家の例である。
山中常盤双紙 寺田寅彦
5分以内
  1,754 文字
岩佐又兵衛作「山中常盤双紙」というものが展覧されているのを一見した。
山中常盤双紙 寺田寅彦
5分以内
岩佐又兵衛作「山中常盤双紙」というものが展覧されているのを一見した。
宇都野さんの歌 寺田寅彦
5分以内
  1,859 文字
ある一人の歌人の歌を、つづけて二、三十も読んでいると、自然にその作者の顔が浮んで来る。
宇都野さんの歌 寺田寅彦
5分以内
ある一人の歌人の歌を、つづけて二、三十も読んでいると、自然にその作者の顔が浮んで来る。
踊る線条 寺田寅彦
5分以内
  1,861 文字
フィッシンガー作「踊る線条」と題するよほど変わった映画の試写をするからぜひ見に来ないかとI氏か...
踊る線条 寺田寅彦
5分以内
フィッシンガー作「踊る線条」と題するよほど変わった映画の試写をするからぜひ見に来ないかとI氏から勧められるままに多少の好奇心に促されて見に行った。
映画「マルガ」に現われた動物の闘争 寺田寅彦
5分以内
  1,872 文字
映画「マルガ」の中でいちばんおもしろいと思ったのは猛獣大蛇などの闘争の場面である。
映画「マルガ」に現われた動物の闘争 寺田寅彦
5分以内
映画「マルガ」の中でいちばんおもしろいと思ったのは猛獣大蛇などの闘争の場面である。
感覚と科学 寺田寅彦
5分以内
  1,924 文字
近代の物理科学は、自然を研究するための道具として五官の役割をなるべく切り詰め自然を記載する言葉...
感覚と科学 寺田寅彦
5分以内
近代の物理科学は、自然を研究するための道具として五官の役割をなるべく切り詰め自然を記載する言葉の中からあらゆる人間的なものを削除する事を目標として進んで来た。
千人針 寺田寅彦
5分以内
  1,940 文字
去年の暮から春へかけて、欠食児童のための女学生募金や、メガフォン入りの男学生の出征兵士や軍馬の...
千人針 寺田寅彦
5分以内
去年の暮から春へかけて、欠食児童のための女学生募金や、メガフォン入りの男学生の出征兵士や軍馬のための募金が流行したが、これらはいつの間にか下火になった。
戦争と気象学 寺田寅彦
5分以内
  1,958 文字
ユーゴーは『哀史』の一節にウォータールーの戦いを叙してこう云っている。
戦争と気象学 寺田寅彦
5分以内
ユーゴーは『哀史』の一節にウォータールーの戦いを叙してこう云っている。
断片(Ⅰ) 寺田寅彦
5分以内
  1,966 文字
神保町から小川町の方へ行く途中で荷馬車のまわりに人だかりがしていた。
断片(Ⅰ) 寺田寅彦
5分以内
神保町から小川町の方へ行く途中で荷馬車のまわりに人だかりがしていた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。