寺田 寅彦

『車』は寺田寅彦の短編作品。1,112文字で、おおよそ5分以内で読むことができます。

文字数
5分以内
  1,112 文字
人気   -- PV
書き出し 私が九つの秋であった、父上が役を御やめになって家族一同郷里の田舎へ引移る事になった。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

寺田 寅彦 の人気作品



短編(5分以内)の人気作品