【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

連句雑俎
寺田寅彦

『連句雑俎』は青空文庫で公開されている寺田寅彦の長編作品。43,269文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  43,269 文字
人気   -- PV
書き出し 連句の独自性日本アジア協会学報第二集第三巻にエー・ネヴィル・ホワイマント氏の「日本語および国民の南洋起原説」という論文が出ている。
初出 1931年   (「渋柿」1931(昭和6)年3月~12月)
表記 新字新仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む     Amazonで探す  

寺田 寅彦 の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品