60分以内で読める寺田寅彦の中編作品

青空文庫で公開されている寺田寅彦の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編作品22篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全22件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
アインシュタイン寺田寅彦
60分以内
  12,671文字
  この間日本へ立寄ったバートランド・ラッセルが、「今世界中で一…
アインシュタイン寺田寅彦
60分以内
日本人の自然観寺田寅彦
60分以内
  23,335文字
  「日本人の自然観」という私に与えられた課題の意味は一見はなは…
日本人の自然観寺田寅彦
60分以内
蓄音機寺田寅彦
60分以内
  12,619文字
エジソンの蓄音機の発明が登録されたのは一八七七年でちょうど西…
蓄音機寺田寅彦
60分以内
備忘録寺田寅彦
60分以内
  19,645文字
何度読んでもおもしろく、読めば読むほどおもしろさのしみ出して…
備忘録寺田寅彦
60分以内
ねずみと猫寺田寅彦
60分以内
  17,163文字
今の住宅を建てる時に、どうか天井にねずみの入り込まないように…
ねずみと猫寺田寅彦
60分以内
比較言語学における統計的研究法の可能性について寺田寅彦
60分以内
  17,128文字
言語の不思議は早くから自分の頭の中にかなり根深い疑問の種を植…
比較言語学における統計的研究法の可能性について寺田寅彦
60分以内
自然界の縞模様寺田寅彦
60分以内
  12,441文字
ここでかりに「縞模様(しまもよう)」と名づけたのは、空間的に…
自然界の縞模様寺田寅彦
60分以内
先生への通信寺田寅彦
60分以内
  12,581文字
お寺の鳩(はと)に豆を買ってやることは日本に限ることと思って…
先生への通信寺田寅彦
60分以内
丸善と三越寺田寅彦
60分以内
  15,883文字
子供の時分から「丸善(まるぜん)」という名前は一種特別な余韻…
丸善と三越寺田寅彦
60分以内
自画像寺田寅彦
60分以内
  18,075文字
四月の始めに山本鼎(やまもとかなえ)氏著「油絵のスケッチ」と…
自画像寺田寅彦
60分以内
写生紀行寺田寅彦
60分以内
  16,675文字
去年の春から油絵の稽古(けいこ)を始めた。
写生紀行寺田寅彦
60分以内
一つの思考実験寺田寅彦
60分以内
  12,713文字
私は今の世の人間が自覚的あるいはむしろ多くは無自覚的に感ずる…
一つの思考実験寺田寅彦
60分以内
読書の今昔寺田寅彦
60分以内
  12,743文字
現代では書籍というものは見ようによっては一つの商品である。
読書の今昔寺田寅彦
60分以内
俳諧の本質的概論寺田寅彦
60分以内
  17,021文字
古い昔から日本民族に固有な、五と七との音数律による詩形の一系…
俳諧の本質的概論寺田寅彦
60分以内
銀座アルプス寺田寅彦
60分以内
  13,817文字
幼時の記憶の闇(やみ)の中に、ところどころぽうっと明るく照ら…
銀座アルプス寺田寅彦
60分以内
映画雑感(Ⅲ)寺田寅彦
60分以内
  15,431文字
「にんじん」は忙しい時にちょっと一ぺん見ただけで印象の記憶も…
映画雑感(Ⅲ)寺田寅彦
60分以内
映画雑感(Ⅳ)寺田寅彦
60分以内
  17,615文字
このジュリアン・デュヴィヴィエの映画は近ごろ見たうちでは最も…
映画雑感(Ⅳ)寺田寅彦
60分以内
映画時代寺田寅彦
60分以内
  14,245文字
幼少のころ、高知の城下から東に五六里離れた親類の何かの饗宴[…
映画時代寺田寅彦
60分以内
小さな出来事寺田寅彦
60分以内
  15,122文字
私の宅(うち)の庭は、わりに背の高い四(よ)つ目垣(めがき)…
小さな出来事寺田寅彦
60分以内
雑記(Ⅰ)寺田寅彦
60分以内
  17,539文字
夏のある朝築地(つきじ)まで用があって電車で出掛けた。
雑記(Ⅰ)寺田寅彦
60分以内
津田青楓君の画と南画の芸術的価値寺田寅彦
60分以内
  12,149文字
私は永い前から科学と芸術、あるいはむしろ科学者と芸術家との素…
津田青楓君の画と南画の芸術的価値寺田寅彦
60分以内
写生紀行寺田寅彦
60分以内
  15,191文字
去年の春から油畫の稽古を始めた。
写生紀行寺田寅彦
60分以内